~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぇいさん、こんばんは。
猫宮です。

コメント、ありがとうございます!
嬉しいです!!!



> アルバム「公的抑圧」は、間違い無くYMOの最高の出来ですよね

私にとっては、YMOの最高傑作は『BGM』と『テクノデリック』と『Winter Live 1981』です!(断言!)(ごめんなさい)
その次が『公的抑圧』です。



YMOの最高の曲は、『BGM』の「千のナイフ」です。

次点が、『公的抑圧』の「The End of Asia」です。(アジアの果て、という意味です。)

この『公的抑圧』の「The End of Asia」のテイクは、実際のライブ録音(第1次ワールドツアー)の渡辺香津美のギタートラックを坂本龍一がスタジオでキーボードに置き換えたという変則技なのですが、それがものすごくいい!!!!!!
(渡辺香津美のギターが入った本当のライブ録音は『フェイカー・ホリック』に収録されているのですが、坂本龍一が加工した『公的抑圧』のほうが物凄くかっこいい!)
この実験の成功が『BGM』の「千のナイフ」につながっていくのです。
YMO / The End of Asia





私にとって、史上最高のドラマーは、何と言っても、
Led Zeppelin の ジョン・ボーナム です。
最高傑作は、『プレゼンス』の「アキレス最後の戦い」です。
2009/12/30(水)
魂を揺さぶる曲 - Led Zeppelin 「Achilles Last Stand (アキレス最後の戦い)」 - 揺らぐことの無い岩になった音。人類の音楽史上に永遠に残る、空前絶後の、ROCK音楽の最高峰
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-647.html




日本では、YMOの高橋幸宏が最高だと思います。
絶頂期(失礼!)は、Winter Live 1981 です。
「Pure Jam (ジャム)」と「Light in Darkness (灯(あかり))」を聴いてください。
高橋幸宏の「リードドラム」!!!
ビシッ!!!ビシッ!!!ビシッ!!!ビシッ!!!
岩のように物質化したかのような硬質なドラム音!
この音は、YMOにとって、演奏者としての高橋幸宏にとって、アレンジャーとしての坂本龍一にとって、最初で最後のものでした。



猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
月並みですが・・・
オレの場合、YMOで一番好きなアルバムは月並みですが『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』です。
一番好きな曲も月並みですが「ビハンド・ザ・マスク」。
それと同じくらい「以心電信」も大好きです。
2011/05/31(火) 19:10 | URL | うつ病と戦っている男[ 編集]
長いです、読み飛ばし推奨、かな
相変わらず長いんで、基本読み飛ばしで(すみません><)



こういう話は「対抗」も充分楽しいですしね(←ってw)


でも、音楽の志向は個々様々ほんと十人十色ですね、


自分ではいい曲と感じていても他の人には受け入れられなくて残念に思ったり、あるいは自分が聴いていい感想を持たない曲が他の人のお気に入りだってことで「??」と感じたりとかね、

「なにぃ~~?こんな曲聴けるかよ、俺にはありえねーよw」VS「なんだと??この曲のよさがわからないなんてお前、人間じゃねーな?ww」

(言葉遣い悪くてすみません、><)

見たいな感じのやり取りも全然「楽しい」って想います^^

なので、「ガンガン」行きましょうw



日常生活の中での人間・対人関係にも適用できる、個々の嗜好・価値観の相違に基づく「いい意味での」自己主張の張り合い、行く末のお互いの「認め合い」は、昨今の人間関係の基本でもあるし、とってもいい事だと感じます、

大事な事です。


あと、自分が好きな曲を他の人も気に入ってくれる事ってほんとにうれしいですしね、どうしても自分では薦めたくなっちゃいますしw、いい事だしこう言うのは俺も好きです^^



猫宮さんやうつ病と戦っている男さんそして他のブログ閲覧なさってる皆さんは、どんな観点で曲の嗜好を分けてますか?

曲調だったり旋律やリズムだったり、あるいは歌詞だったり、ほんとにいろんな要素が絡んでくるんだろうって感じますが、


俺は、曲の「メッセージ性」「ドラマ性」で嗜好を分けてます、


その曲が、いい音色やリズムや旋律の展開であったとしても、その曲全体から「メッセージ」や「ドラマ」を個人的に感じられない曲は、どうしてもあまり好きにはなれないです、

逆に、音が寂しくても、展開が単調でも、リズムがずれるときがあったとしても、でも全体としてなにか「強い(精神世界的な)メッセージ」や「ドラマ的展開」を感じることができる曲は好きになりますね、

代表的にいえばやっぱりU2の「With or Without You」かな、



あと、これ、数年前レズデュオとかで騒がれてて、今はどうなったか姿消しちゃいましたが、「t.A.T.u」からのHow Soon Is Nowっていう曲

http://www.youtube.com/watch?v=8eGvmB8Phk8


こういう曲の展開の仕方が個人的には一つの自分の「ツボ」です、



あ、あと

最高のドラマーの話をすれば、

よく俺も知らないんですけどたぶんDave Weckl(デイブ・ウェックル)を俺は推すかな、

3人の「四天王」のドラマー(一人足りないけどw)が一つのステージで演奏する珍しいの見つけたんで、暇があったらこれ、

http://www.youtube.com/watch?v=Ln6b_nBM-V8


かなりすごいソロの競演です、3人とも世界最高峰のドラマーだから「当たり前」なんだけど、




デイブは、スネアを叩く左手のグリップの持ち方、スプーンを持つような持ち方をしてるけど、これは「フレンチグリップ」って呼ばれる持ち方で、ジャズでよく見る持ち方なんですけどね、ロックを叩くドラマーはまずこういう持ち方はしません、

細かい、繊細な叩き方ができると言われてるんだけど、果たしてどうだろう、


あと、3人のドラム、各太鼓の「スティック跡」を見ると、ほとんど太鼓の真ん中に集中してるのが分かると思うんですけど、

どの太鼓ももちろん、その太鼓の「芯」を叩いたときに一番いい音がでる、

プロで上手なドラマーほど、その「スティック痕」は太鼓の芯にだけ付きます

アマチュアで下手なドラマーのスティック痕は、皮表面の全体に付くんだって、俺もそうだったけど・・・


もう一つ、「ロール」ってご存知ですか?

(さぁ!優勝者の発表です!優勝はいったい誰だ!)みたいな場面で、スネアドラムが「ざ~~~~~」って音を鳴らす時のような叩き方なんですけど、

叩いた時の瞬間のバウンドを利用して片手で瞬間2回打ち、即座にもう片方で瞬間2回打ち、を繰り返すことで、聴いた感じでは「ザ~~~~」って聞こえるのがロールなんですが、

普通の人は2バウンドしか出来ないのが、神保彰は片手で3回ずつのロールが出来ます、


ってか、

毎回長くてすみません、
2011/05/31(火) 22:07 | URL | ふぇい[ 編集]
ひさしぶりです
ひさしぶりです。
何か辛い事も続いておられる様でしたが、自分の興味ある事に意識向けるのが一番良い事だと思われます。
私は相変わらず失業中の身ですが(笑)。
猫宮さんは音楽全般がお好きな様ですね。
私も音楽は聴きますがね~趣味とまでは行きません。
アニメ音楽にもお詳しい様ですが、私が一番好きなのはアンパンマンの主題歌です。
たはは・・って感じですが、アンパンマンの主題歌の詩は素晴らしいと勝手に感じております。
番組自体は見たことありませんがね。
また仕事が見つかったらお邪魔するかも。
2011/06/04(土) 17:55 | URL | 774[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/987-09287fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。