~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
侵略戦争国家イスラエルが、なぜ、許されるのか?
侵略戦争国家イスラエルが、なぜ、存続できているのか?

イスラエルが政治的に「許され」て、存続できているのは、アメリカがそうしているから。
イスレエルが軍事的に存続できているのは、アメリカなどが武器提供や資金援助をしているから。
イスラエルが経済的に存続できているのは、アメリカなどの巨大企業が投資や資金援助をしているから。





今回は、経済面で、イスラエルを支えている巨大企業の記事を紹介します。

『週刊金曜日』2009/1/23 735号 から抜粋しました。

====================================================================
--------------------------------
Nestle
--------------------------------

世界に展開する大手食品メーカーのネスレ(スイス)は、その多額の投資がイスラエルへ多大な貢献をしているとして、1998年にネタニヤフ首相(当時)からジュビリー賞(支援してくれた企業に与える賞)を授与された。





--------------------------------
Estee Lauder
--------------------------------

化粧品ブランドとして有名なエスティ・ローダー(アメリカ)の会長レナード・ローダーは、イスラエルによるパレスチナの軍事占領への強硬な支持を公言してきた。
また、パレスチナ難民の故郷への帰還も許してはならないとの立場を貫いている。





--------------------------------
Microsoft
--------------------------------

イスラエル軍によるジェニンへの軍事侵略と虐殺が行われていた 2002年 4月、マイクロソフト(アメリカ)は、イスラエルのテルアビブ付近の高速道路脇に
「心からイスラエル軍への感謝を捧げます」
と書かれた広告を多数掲げた。





--------------------------------
Intel
--------------------------------

インテル(アメリカ)は、最も大きなイスラエル支援企業のひとつ。
1999年にはイスラエル政府によって略奪されたパレスチナ人の土地に工場を建設し、そこから大きな利益を得ている。
インテルの工場が立つ al-Manshiyya 村では、300軒あったパレスチナ人の家が全て破壊され、2000人のパレスチナ人が追放された。





--------------------------------
Coca-Cola
--------------------------------

大手飲料会社のコカ・コーラ社は、イスラエルに対する様々な形での援助に対して、イスラエル関連団体やイスラエル政府から表彰されている。
また、コカ・コーラ社は、イスラエル政府がパレスチナ人から略奪した土地に工場を建設する予定。(そこには既にインテルの工場もある。)





--------------------------------
Starbucks Coffee
--------------------------------

全国に展開するコーヒーショップのスターバックス(アメリカ)。
スターバックス会長のハワード・シュルツ氏は、イスラエル軍がパレスチナのジェニン、ナブロス、ベツレヘムなどに軍事侵略し破壊と虐殺をほしいままにしていた 2002年 4月、シアトルのシナゴーグにおいて、パレスチナ人を非難しイスラエルへの支持を訴えるスピーチを行い、観客からスタンディング・オベーションを受けた。
また、コーヒー豆生産者に対する容赦ない搾取ぶりによって、人権団体などから批判されている。





--------------------------------
McDonald's Restraurant
--------------------------------

ファストフード大手のマクドナルド社(アメリカ)は、様々な活動や資金援助を通じてイスラエルを支援するJewish United Fund (ユダヤ人基金)および Jewish Federation (ユダヤ人協会) の主要な企業パートナー。
この基金と協会は、イスラエル政府がパレスチナ人を追放して略奪した地域を開発するための資金も提供している。





--------------------------------
IBM
--------------------------------

IBM(アメリカ)は、イスラエルが本格的に迫害し始める以前は、自社のパンチカード・マシンをナチスに売り込み、ユダヤ人の判別とユダヤ人を収容所に連行するための鉄道の効率的な運航を容易にすることでナチスに多大な貢献をし、密かに巨利を得ていたことが明らかになっている。
1948年にイスラエルが建国を宣言すると、IBMはすかさずイスラエルに進出し、現在に至るまでイスラエルでの事業展開に多大な投資を行っている。

====================================================================





Microsoftが、そんな活動をしていたとは知りませんでした。
悲しい・・・。
Microsoftは、「世界の平和と人権保護」を社是にしてほしい・・・。
Microsoftなら、できるはず・・・。
「イスラエルを支援する企業」の商品はボイコットしたいのですが、
Microsoftの商品は買いたい・・・。
悲しい・・・。

Microsoftよ。
イスラエル支援を今後一切止めてくれ!!!
「世界の平和と人権保護」に邁進してくれ!!!





Intelとイスラエルの密接な関係は誰でも知っている有名なことです。
「イスラエルを支援する企業」の商品はボイコットしたいと思っても、今、少なくとも、デスクトップ向けのミドル~ハイエンドクラスのCPUは、Intel の Core i7 しか選択肢が無いのが辛い・・・。
その下のクラスでは、Intelの Core 2 は買わずに、AMDのCPUを買いましょう!

しかし、私がPC自作で使うのは、どうしても、Core i7・・・。
自分へのいいわけで情けないのですが、
Intelには2つCPU開発チームがあって、
Core 2 を開発したのはイスラエルチーム、
Core i7 を開発したのはアメリカのオレゴン州チームなので、Core i7 は買う、
と思うようにしています・・・。
本当に、自分が情けない・・・。
少なくとも、Core i7 以外のIntel製品(マザーボード、SSD・・・など)はボイコットします。




私は、イスラエルに抗議するために、以下の企業の商品のボイコットを始めます!

Nestle (商品:ネスカフェ、キットカット、マギー、ブイトーニ、ペリエ、ヴィッテル・・・など)

Estee Lauder (商品:エスティ・ローダー、クリニーク、ダナ・キャサリン・ニューヨーク、オリジンズ、トミー・ヒルフィガー・・・など)

Coca-Cola (商品:コーラ、ファンタ、スプライト、爽健美茶、ジョージア、リアルゴールド、アクエリアス、Qoo、ミニッツメイド・・・など)

Starbucks Coffee

McDonald's Restraurant

IBM


どうか、あなたも、侵略戦争国家イスラエルを支えているこれらの巨大企業の商品の不買運動に加わってください。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/98-0430b7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。