~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「地球にやさしい」という標語のようなものがありますが、
その言葉は正確ではないですね。

「地球上の全生物にやさしい」という標語に変更すべきだと思います。

地球は、無慈悲で少しも優しくない存在だからです。



地球は(生物学的にではなく)地学的に生きています。
地球のコアは生きている。
地球のマントルも生きている。
地球の地殻も生きている。
しかし、地球にとっては、地殻の上に、こびりついている全生物のことなど、知ったことではありません。



たとえ、
マントルプルームが地殻を突き破って噴出(注1)して全生物が絶滅しても、
人類が、全面核戦争を起こしたり、環境汚染が進んだり、温暖化・異常気象などで、全生物が絶滅しても、
地球にとっては、どうでもいいことでしょう。

(注1)
6550万年前の恐竜の絶滅の原因は、一般には、小惑星が地球に衝突したため、という説が広まっていますが、私は、マントルプルームが地殻を突き破って噴出したため、という説を支持しています。



それでも、人類は、地球上の全生物にやさしくなければならない。
地球を、より深く研究して、地球を理解して、地震などを予知できるようにならない。
そう思います。





以上、ふと思ったことを書いてみましたが、まとまりも無い駄文で失礼しました。





今回の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
被災された皆様、そのご家族の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。




ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
言えてますね、
いろいろ考えさせられますね、

地球、っていうか「宇宙」がまず、人類や生物に対して「優しくない」、これが先ずの始まりなんじゃないかなって思います。

だって何十億年後には太陽は膨張して地球や太陽系を飲み込んでしまうんでしょ?

そのときには地球も太陽も、人間とか生物とか、そういうものに対しての配慮なんて「一切無く」自分の生を全うするんだしね、


極端に言えば、「優しい」とか「優しくない」とか、そういう事を考えるのは、この広い宇宙の中で我々人間だけ、なのかもね、

※犬も優しさや思いやりは一杯持ってますね^^あとほかのいくつかの動物達も、かな、


俺達が生きている場所、「土台」は地球で、そして宇宙で、そして両者は「俺達(生物)に『優しくない』」をスタートに、


でも、


環境を整える努力を怠る事で、例えばCO2に拠る温暖化だとか、
「自分で自分の首を絞める」

結果を産む事になる、「そういう『舞台』なんだ、地球は」


そういう思いを持っていかないといけないんでしょうね、


ってか、そういう大きな事を考えているとほんと、人同士のいざこざなんて、ものすごい小さい事に思えてきますよ、



ちなみに、

「まとまりの無い駄文」に関しては、

俺に勝てる人は『絶対に』居ません、

すみませんww




2011/03/13(日) 11:42 | URL | ふぇい[ 編集]
やらない「善」よりやる「偽善」
少々独り言を

『地球に優しい』なんていう言葉は「環境面に配慮していますよ」と言う意味で使われることが多いと思います
が、それも主に「人間にとってより良い環境」にするため(現実的にはこれ以上環境を悪化させないため)であって、他生物を含めた「生き物」にとっての良い環境かと言うと少し違うと思います

ですが、それでも構わないのでしょう
万物の霊長たる人間様にしても、見方によっては「地球に生かされている(共生よりも寄生に近い)」のですし

生き物すべてが「利己的」に生きればいいのだと、私はそう思います

まぁそんなことを言うと非難されると思いますが、少なくとも人類に限っては
「他者を傷つけてまで得た利益が、長い目で見ても本当に利益になっているのか」
くらいのことは考えて行動していると、そう思いたい(信じていると言ってもいい)のです


今回の地震・津波の被災者に対して救助や援助をしてくださる人の中に

『被災者を救助するような仕事に就いちゃった以上、面倒だけど助けに行くか。義務だし』
『ここで「支援していますよ!頑張って!」アピールしておけば後で俺の評価があがるはず』

と思いながら活動している人がいたとしても、その思考を表に出しさえしなければ、命の危機に瀕している被災者にとっては本当にあり難い救助・支援であることに違いは無いのだから


ひねくれ者ですみません&気付いたら少々どころじゃなくなってたorz
2011/03/14(月) 12:26 | URL | 通りすがりの[ 編集]
通りすがりさん、
反論的なレスで申し訳ないんだけど、

万物の霊長と「自負」し、うぬぼれてる人間「様」達は、最たる寄生を地球でしながら、自己満足の範囲でのエコを唱えている、っていう主張かな?


そういう考えに基づけば、「やらない善よりやる偽善」って話に繋がるだろうけど、


でもその考え方は「あまりにも」寂しすぎるよ、通りすがりさん、


地球上の生物は「皆同じ」、どんな生物だって、誰かを「食べて」生きながらえるそういう、宗教的な話しになれば「罪深い」存在なのさ、

それは、人間に限った事じゃない、植物始め、昆虫、動物「みんな」同じでしょ、

それを責める事は、そして責めて自分はその枠の外に立とう何ていう事は

誰にも出来ない事、

だ、


ボランティアに携わる云々を、やらない善や、やる偽善とかいう「ものさし」で図る事こそ、

それこそ人間始め、どの生物も誰かを犠牲にして罪深く生きてる環境であるこの環境にあって、

人を、そして心を「さげすむ」行為だと俺は思うよ、


TV見てるんでしょ?被災した人達の、そして救援に携わってる人達の

『涙』

も、いっぱい見たんでしょ?


どうしてどうして、そういうシーンを一杯見ていながら、そういう言葉を


ほざけるのか、


すっごい疑問に思う、腹立つね、



P.S.

ちょっと時間を置いてだけど「腹立つね」は言いすぎかな、

でもそういう気持ちになる人がすごく多い事も分かってね、


被災した人も、してなくてボランティアを志願する人も、みんな、「自分の最善を尽くしている」のであって、

決して決して、偽善云々な思いは彼らの心の中に「かけらほど」もないんだよ、

もし、ある、人が居たら、言っちゃ悪いけどそういう人は「人でなし」としか言いようが無い、


通りすがりさんも、決して「上から物を見下さないように」、

『涙』

は、個々が「どんなときに流すのか」を、よく思いに留めてみてね、

2011/03/14(月) 19:52 | URL | ふぇい[ 編集]
素晴らしい
ふぇいさん、レスありがとうございます

貴方は至って真っ当な思考・感性の持ち主なのですね
その圧倒的なまでに正しい人間性を大切に、今後も清く・正しく・美しい心を持ち続けてくれることを切に願います

とまぁ貴方自身への感想はそれくらいにして
こちらもその「反論的なレス」に対して言いたいことがいくつかあるのですが、宜しいでしょうか?


いや、その前に、先日の私のコメントに対する貴方のレスが如何にズレたものであるか、
もう一度(その二つを)読み直して、私の主張を理解して頂けると、
こちらの「言いたいこと」も大分減るのですが…
2011/03/18(金) 08:13 | URL | 通りすがりの[ 編集]
読み返してみました、
んと、通りすがりさん、レスありがとね

でも、

「反論のための反論」として、無限にコメントを付け合うことを掲示板で楽しむ「輩」ですかね、?

俺、「そういう人は相手にしない」っていう事を承知していただいた上で、

言われた通り、もう一度っていうか何度もコメント読んだけど、何度読み返しても

同じ感想しか抱けないので、その『言いたい事』をお書きになって頂ければって思います(お時間取らせて申し訳ないですが><)


基本的になんですが・・・


「清く正しい」とか「今後も清く・正しく・美しい心を持ち続けてくれることを切に願います 」とか、


心からそう思って無いでしょ、要は「皮肉」だよねそれ。


まぁ、俺も強い発言をしたし、それに腹を立てるのは正当だし、謝りますが、聞ける範囲では聞いてあげるよ、

俺自身も自分の考え方に関しては一般の人達と多少の「ズレ」がある事は承知してるしね、


でも、ネットで、反論のための反論を「楽しむ」ことを主目的として時間を費やすことを好いてる系な人なら、

2チャンネルに行った方がいい。

俺はそう見切った時点でレスはもう書かなくなるし、無視します。それは分かってくださいね、


でも、通りすがりさんが「どんな」、「正当な」「清い」「正しい」、俺が納得できる意見を述べられるかに、自身としても注目してます。

あと、ほかの方たちからも、俺が何か間違ってる考え方を持ってるなら話してもらえるとうれしいです

俺もまだまだ人生的に未熟だしさ、一般の人達との考え方の「ズレ」も、40半ば、最近になって「よ~~やく」気が付いて来たところっていう、とっても情けない点があるし、

自分を成長させられるいい機会になるかも知れないから、っていう思いもあるからね、

よろしくお願いです><






2011/03/18(金) 20:50 | URL | ふぇい[ 編集]
プロセスと結果
プロセスと結果

こと、このような緊急事態では結果だ。
まだ生死に関わらないようなことなら考え方、主義主張も重用だろう。
しかし、生死がかかるような場合、結果だけだ。きれい事などどうでもいい。
いやいやでもいい。被災者にとっては結果として生き残れるか否かだ

この震災で隣の市に住む家族の安否が気がかりだが、知ったところでどうもできないから回線をあけているのに、関西から”大丈夫だった?”ふざけんな
おまえが知ったところでなにができる
他の人の緊急の電話、メールを邪魔してるのが分からないか
しかたないからでもいい、なんでもいい誰か死んでしまった姉を助けてくれ
2011/03/18(金) 21:58 | URL | リアル[ 編集]
『分かる』と言いたい!
くなったお姉さまに関してはほんとに申し訳ないです、言葉も在りません、

そして、未だ安否不明の親族がいらっしゃる中での毎日の「恐らくは」の避難所暮らしなんだろうと思う、


俺もほかの場所で書き込みしましたが、栃木は所詮、言わば「全然被害を受けなかった」地域なのに、それでもの、毎日毎日ガソリンスタンドの前に並ぶ「自家用車」のものすごい長蛇の列、

見るとほんとに腹が立ちます、



切羽が「生死」に関わるレベルまで詰まった状況では「要は結果だけだ」とおっしゃるそのお気持ちはすごく判る、


『判る、だと??』


って、


『安全な場所で、大した被害を受けずに「のうのうと」してる連中が、なにをほざくか!』


と、


いうお気持ちを強く持つでしょうね、


これは、通りすがりさんがお話になった「やらない善よりやる偽善」っていう考え方と、問題的に共通するものがあるんじゃないかと思う、


実際に被害に遭ってしまった方々の気持ちは、どうしたって絶対に全部、被災を免れた「連中」の元に届くことはない

かもしれない、


でも、


台湾での昨日のイベント、ニュースで見ました?


台湾では昨日、「友達を救え!」っていう、チャリティイベントが、台湾の全放送局の参加の元に、4時間かけて生放送で行なわれたそうです、

日本は「友達」だ、その友達が危機にある今、我々は全力を尽くして救いの手を差し伸べよう!

そういう呼びかけの中、その放送中、そのイベントでは全台湾国民から寄付を募り続けて、最終的に集まった金額は20億とか、そのお金は台湾赤十字を経由して日本に届けられる手筈だそうです、

その生放送中には、台湾の国家元首も出演、自ら一般電話の受話器を取って、義援金受け付けの応対のためのボランティアに参加したって、

ビビアンスーも出演したみたいです^^


あと、アメリカやヨーロッパ各地でも「HELP JAPAN」とか「WITH YOU JAPAN」っていう名前の下で、ものすごい多くの人達が義援金を募り続けてる、そして、事あるごとに黙祷をささげてくれてる、

そういうニュースも「毎日」届いています、

********************
いくらこういう事を話したとしても、実際に被害に遭われた、肉親を失った方の気持ちや心に「届く」ことは無いかもしれない、それは危惧しています


その点はほんとに申し訳ないです、



でも、あえてもう一つ、

震災の後、世界中から注目を浴びてる一つの点として、日本の被災者達の「結束力」がある、

連日報道されてけど、例えば一つ、「中学生」「高校生」が、肉親の安否が未だに不明な中にもかかわらず、一つの避難所で先頭に立って炊き出しの段取りをしきる「頭」として毎日動いているとか、

家や家族を失ったのに「俺よりもひどい目に遭ってる人達がいっぱいいるんだ!」と、奮起を続けて、負けずに毎日現場の片付けに働き続けてる人達も



ほんとにがんばって欲しい、


俺は家も家族も失ってない、だから、その点で「責められる」ならその責めは「いくらでも」受ける、


ただ、


大丈夫だった人達も、「涙」を流しているんだ、


言い換えると、


『大丈夫だったからこそ、「もっと」悲しい気持ち』


っていうのもあるんだ、


だからこそ、

億単位の義援金が、これほどの短期間で集まったりしてるんだよ、


それは決して「偽善」ではない、


嘆いたり、ボヤいたりそういう気持ちも全部「受け止める」からね、

がんばってほしい、負けないで「周囲を見て」立ち直っていって欲しい、

2011/03/19(土) 12:37 | URL | ふぇい[ 編集]
開き直って思いっきり書きました
あらかじめ言っておきますが、私のふぇいさんに対する評価は嘘じゃないですよ
仰るとおり、わざと皮肉のように言いましたけど、その内容自体は本心です
ご存知だと思いますが、最初のコメントの
『万物の霊長たる人間様にしても、見方によっては「地球に生かされている(共生よりも寄生に近い)」のですし』
というのも当然皮肉です。一応ね

「ズレている」と言ったのは、私のコメントに対する理解です
ああいうひねくれた考えは、理解をし、それを認めた上で、気に入らなければ採用しなければいいと思うのです
私はそんな考えを「広く勧めて」はいませんし、強要するなんて論外です
自分の考えで相手を屈服させようとするほど、私は傲慢でも愚か者でもありません

その辺り、ふぇいさんは「強要」されたと思い込んでいませんか?

私は地球に寄生して生かされていることを「責めて」はいませんし、
ボランティア活動に励む行為を善か偽善か「ものさし」で図ってもいませんし、
実際にボランティアや募金活動をして下さる人たちを「上から物を(?)見下して」もいません

少なくとも、以前のコメントからはそうは読み取れないはずです


それに、私がそのような考えを披露したからといって、
実際にその考えに基づいて行動しているかどうかは別でしょう?

例えばですが、
犯罪心理を研究している人は、その犯罪者の思考を「素で」持っていると思いますか?
思いませんよね?
でも、理解はしているでしょう?
そして、その研究結果を論文として発表したとしても、その思考を一般に進めるつもりもはない
(当然だ)


そしてこれが一番重要な相違点

私はふぇいさんみたいに
『被災した人も、してなくてボランティアを志願する人も、みんな、「自分の最善を尽くしている」のであって、決して決して、偽善云々な思いは彼らの心の中に「かけらほど」もないんだよ』
とは思いません

もちろん圧倒的多数の人たちが善意の心で「自分の最善を尽くしている」のでしょう
それは疑いようも無い事実です
活動の規模や額はどうであれ、実際に動いている方々には頭が上がりません

ですが、すべての人がそのような考えで活動しているわけではありません
(特に被災していない地域の人)
ごくごく少数の人は、「自分のために、偽善的な自己満足で」活動しています
私がそうだとは言いませんが、そういう人は、実例を持って、存在することは、確かです
でもそういう人たちは、そのことを決して公言したりはしません(誰にもメリットが無いから)
だから、そんな人は「かけらほども」いないように見えるだけです

それに、行為の理由は偽善であったとしても、その結果は善意と変わりありません
(繰り返しますが、その内心を表に出さなければ、の話です。もしそんな考えを公言するような馬鹿がいたら、それは「さげすむ」行為だと言われても当然だと思います)
偽善で送られてきた食料品等の物資や燃料でも、被災者には感謝され、
集められた募金は復興への基金として、大いに活用されることでしょう
そこには綺麗なお金も汚いお金もありません


ですので、偽善者を「人でなし」とまで言う(発言する)のは止めてください


極端な例ですが一つ

被災地で活動中のボランティアの方が、実はその「偽善者」だったとします
そしてその場にいた貴方はそのことを(不本意ながら)知ってしまったと
彼は内心でほくそ笑み、自分に酔いながらも被災者に物資を手渡しています
でもそんな事情なんて露知らず、支援物資に「涙」を流し感謝している人の前で
「お前は偽善者だ!本当は自分のことしか考えていないくせに。よくそんな気持ちで活動できるな。このひとでなし!」
とは言えないでしょう?
どうしてもそんな「偽善者」が許せないのなら、せめてTPOを考えて発言してください
少なくとも、上のような状況で言っても誰も救われません
…そもそもそんな状況、まずないと思うし、あってもそんな風には言わないと思いますがね

さて
そこでふぇいさんの主張と一致してきます(すると思います)
相手の行為を善か偽善か測るなんて無駄なことです
(よくよく考えると図るよりはこの方がより適切ですね)
そんな余計な詮索をして不快になったりさせたりするよりも、
行為そのものに感謝し、敬意を払うほうが、精神的にはいいでしょう

そう考えると、他人の不の感情なんて知らぬが仏です
相手がそれを隠そうとしているのなら、なおさら、ね


真に善意で活動している人だけでなく、偽善者にも感謝を


とまぁ、「言いたいこと」はだいたいそんなところです

私のコメントに対する理解のズレを指摘したかったのであって
ふぇいさんの考え方が一般の方の考え方とズレていると言いたかったのではありません
仮に貴方のその考えがずれていたとしても、それは良い方向へのズレなので気にする必要はないと思います
(ただし「自覚」はしておくに越したことはありませんが)
ふぇいさんみたいな考えの人が増えていけば、今よりもっと良い世の中になるのだろうと思います(皮肉じゃないですよ?)

なんだか褒めてばかりなのもつまらないので、ちょっとチクっと

「文にまとまりが無い」のは仕方ないとしても、言葉は正確に使うことをオススメします
まとめるのは案外難しい作業ですが、一文一文を的確に書けば全体の意図は伝わると思うので
(最初の私のコメントも誤解を与えそうなところは気をつけてフォローしたつもりなのですが…)
私も↑のようにカッコで補足や注釈を多用すると読み難くなるのは十分承知しているのですが、
それでも「伝えたい意図は正確に」と思い使っちゃううんですよね
そうならないような文章を書いていきたいものです

…ってこれっていわゆるブーメラン!?



そして最後に

もし私の一連のコメントを読んで、他にも不快になられた方がいましたら
素直に謝りたいと思います

本当に申し訳ありませんでした

ですが、被災者・支援者を傷つける意図はまったく無いことは解っていただきたいと思います
「だから余計にタチが悪いんだよ!」と言われると返す言葉もありませんが、
上記のコメントを熟読していただければ、解って頂けると信じています

私自身、今回の地震・津波・原発(は未だ予断を許さない状況ですが(3/19日現在)による被害の大きさに、心を痛めている一人です
月並みですが、
被災された方々、亡くなられた方々及びそのご家族に、心よりご冥福・お見舞い申し上げます
また、皆様の安全と一日も早い復旧・復興を願い、お祈り申し上げます
私も微力ながら支援活動に協力していきたいと思います



P.S.
猫宮さん、なんだかすみませんね
どんどん記事本来の内容から離れていっているような気がして(汗)
2011/03/19(土) 17:12 | URL | 通りすがりの[ 編集]
返信です~
通りすがりさん、書き込みをありがとうです、

先ず総括としてのレスですが、



あなたは歪んでない、そして「真面目」な方ですね、

そういう方からの書き込みは有難いと思う、っていうか、多くの人達にとって「必要な書き込み」だって俺は思います、

でも、

真面目すぎる故に歪んでいく、っていうケースも多い今の世の中でもあるので、その点には留意なさって欲しいと思う(もちろん俺自身も気を付けないと行けないことですね)




そして、総括としてのレスの二つ目、「人はお互いに理解しあえるまでに『長い時間を必要とする』」っていうこと、

特に、ですけど、ネットで、顔の見えない言わば「第一印象無しのコミニュケーション」での交流は、簡単にお互いの『温度差』とかを起因として誤解が生じる温床でもありますよね、

本来ならば、とくに若い人達は、人格形成を遂げてないうちにそういう場所に立ち入る事は、してはいけない「まずい事」であるのに、個々の家庭で恐らく普通に行なわれてるかと、

そういうコミニュの中で、真を見出していく強い若者も居る中、歪んだ心を自分の「木」として成り立たせてしまう若者も少なからず居て、これからの社会に対して少なからずの心配を抱いてます、

若者のみにあらず、我々「年寄り」であっても、ネットでのみのコミニュでは普通に当たり前に「誤解」が生じている、これはネットが「外見を考える事無く、『まず』ダイレクトに心と心が通じてしまう」っていう、リアではまず在りえない人間関係が普通に成立してしまってることに起因してると思います、



以降は、通りすがりさんが書き込んで下さったコメントの内容が多岐に渡るので、抜粋しながらのレスとなりますが、



>私は地球に寄生して生かされていることを「責めて」はいませんし、
>ボランティア活動に励む行為を善か偽善か「ものさし」で図ってもいませんし、
>実際にボランティアや募金活動をして下さる人たちを「上から物を(?)見下して」もいません


これは俺の誤解ですね、申し訳在りませんm(-_-)m

以前の書き込みから「勝手に」そう思い込んでしまって、短絡的に返答を返してしまった俺がいたかもです、

今回の通りすがりさんの書き込みによって、俺の想いも改めて正されました。ありがとうです^^



>ですが、すべての人がそのような考えで活動しているわけではありません
>(特に被災していない地域の人)
>ごくごく少数の人は、「自分のために、偽善的な自己満足で」活動しています


なるほどね、俺もその「極々少数の」っていう事が話の前提であれば、激しく同意できます、

例えばさ、

時間が一杯あるから、「じゃぁ、ボランティア『にでも』いって見るか♪」みたいな感覚で被災地に出かけて、

これはほかの場所でも書いたけど、自分が行く事で被災地に渋滞を巻き起こして、緊急車両が下手すると通れなくなるような事態を起こしている「のに」、そして大して熟練もしてないから日々ろくに活躍することも全然出来ないでいる「のに」、

自己満足で「あぁ~、俺は、身を挺して被災地でテント張って、毎日ボランティアに勤しんでいるんだ、何て俺は自己犠牲的で素敵な人間なんだろう~♪」

みたいなね


ただ、別に通りすがりさんのご意見を否定するつもりは全然無いですけど、被災地に向かうボランティアの方々の中には、確かにそういう「自己満足系」も少なく無い事は激しく同意しますが、中には、個々の分野での、今までの自分の人生での経験を120%生かして、技術面や臨機応変な対応面で、充分復興に向けての貢献をしてくれる人も多い、

あと、

「意欲」「意思」のある人達は

『学び』ます、

助けたいっていう強い意志をもって被災地に向かう人達は、自分が何をすべきか、何ができるかに関して、『ものすごい速度』で「学習」をしていきます、

俺も、阪神と、新潟の震災の時、仮設住宅の建設工事に出向いた経験があって、「それ」を目の当たりにしてます、


ほんとに、「意志のある人」っていうのは「ものすごい」強くてそして賢いです、最初は素人であってもその学習速度には、俺も何度も圧倒された経験が在ります、

ただ、

そういう中でもどうしても、通りすがりさんのおっしゃる「自己満足系」も居る事は否めませんね、

ほんとにそれは、悲しい事ではあります><



>それに、行為の理由は偽善であったとしても、その結果は善意と変わりありません
>ですので、偽善者を「人でなし」とまで言う(発言する)のは止めてください

確かにおっしゃる通りですね、俺の「上から物を見下した」情けない発言でした、ごめんなさい、撤回しますねm(-_-)m



>そう考えると、他人の不の感情なんて知らぬが仏です
>相手がそれを隠そうとしているのなら、なおさら、ね

これも同意です、っていうか、仮に偽善を根にボランティアを始めたとして、その人の心が『最後まで』偽善で在り続けることが「ない」ケースもたぶんかなり多くあるでしょうね、

最初は偽善が動機だったとしても、実際に働く中で見る多くの「涙」に、心が別なものに変えられていく、動かされていく例だって多いと想う、

っていうか、それが「人」だから、たぶん、どんな偽善者も採集的には心が別な方向に動いて・動かされていくんじゃないかな、

被災地で働き続けて、最後まで偽善な想いを貫ける人って居ないかもね、

ま、寄付をするだけとか、そういう人たちの中には居るかもしれないけど(俺はそう考える事ってちょっと悲しすぎるけど、ま、居るでしょうね)


そして最後に、

>そうならないような文章を書いていきたいものです


「そうなっちゃう文章」(←w)これは俺も自覚していて、で、時間をかけて校正する時間も(もっといっちゃうと「気も」ってとこなのかも←殴!)無いので、そのまま投稿ボタンを押したりしてます、これは確かにマズイですね><


んと、通りすがりさんも結構な「思想家」ですね、もし機会あればいろんな点について、討論して見たいなって思います、




2011/03/19(土) 20:09 | URL | ふぇい[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/947-67c4f179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。