~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虎虎粋さん
猫宮です。

私のblogの
2009/01/27
SafeBootで暗号化されたPCでもParagonでBackup・Restoreできます
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-74.html


の「手順」の中の下記の13.は実行しましたでしょうか?
ご確認ください。



13.
Restore が完了したら、11.の画面
(5.の「Paragon Drive Backup Express」と良く似た画面)
のメニューバーの Hard Disk の中の Update MBR を実行してください。
念のため、Apply ボタンを押してください。

これは、一瞬で完了します。

【重要】
私は、つい、うっかり、この手順を行うことを忘れてしまい、その後、OSが起動しなくて物凄く焦ってしまうことがしばしばあります。
絶対に、この手順(Update MBR の実行 (+Apply))を忘れないでください。


===================================================
11:49 追記

虎虎粋さんのコメントで、Update MBR の機能自体が無かった旨が書いてあったのを見落としました。
本当に申し訳ございません。

Paragon Back Up Proの30days trialをダウンロードしてきて
実行ファイル
~PERCD~.exe
のみを実行して、Recovery CD を作成してください。

Paragon Back Up Proの30days trial で、新しく Backupしたり、Restoreする必要はありません。
新しい Recovery CD から起動して最初のメニューの一番上に PDB9 というようなものがあるはずですのでそれを選択してください。
そうすると、Windowsアプリのようなものが出てきます。
そのメニューバーの「Hard Disk」の中に
「Update MBR」メニュー
があるはずですので、それを実行してから、
Appyボタンも忘れずに押してください。


===================================================
17:30 追記

虎虎粋さん。
本当に、申し訳ございません。
心からお詫び申し上げます。
私には、謝罪の言葉も見つかりません・・・。

卑怯な言い訳になってしまいますが、Paragon Drive Backup 9.0 Express には、Update MBR の機能が無いとは全く知りませんでした。
Paragon Drive Backup 9.0 での Professional版とExpress版との機能差異の一覧表
http://www.paragon-software.com/home/db-professional/comparison.html

にも掲載されていませんでした。

それにしても、Paragon Express を見たことも使ったことも無いくせに、偉そうに、推奨した私が悪かったです。
散々、虎虎粋さんを振り回して、多大なご迷惑をおかけしたあげく、結局、
「Paragon Express にはUpdate MBR の機能が無いので、Paragon Professonal のRecovery CD を使ってください。」
とお願いするなんて、私は最低のゴミ(存在価値がマイナス)です・・・。

自己嫌悪で胸が潰れそうです・・・。

本当に、ごめんなさい・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
成功しました!!
猫宮さん

やりました~ 成功です^^
Trialをダウンロード・インストールしてRecovery CDを作成。
そのCDからBootさせると、Expressの時と同じ初期メニューが現れたのでNORMALモードでスタート。
するとExpress版よりもいくつかメニューが増えていて、その中にあるMBR Correction(だったと思います。。)を選んで、さらにサブメニューが現れて、、、(何を選択したのかメモを取らなかったのですが、、)とにかくそれを実行。
電源を落として再起動すると、、、
Safebootの起動を飛ばしてXPの起動画面が現れました!!
ファイル・プログラム等のチェックはしていませんが、きちんと再現できているようです^^

この作業の前に元HDDにて仕事をしていたので、現在改めてBackupを作成しています。 終了したらもう一度同じ手順でRestoreをして検証します。

ここまでうまくいったのも、猫宮さんがご丁寧に指導してくれたおかげです。 本当に感謝しております。 
再度のBU・Recoveryが完了したら、改めて報告させていただきます。

ありがとうございました。
2009/02/01(日) 21:55 | URL | 虎虎粋[ 編集]
追記
フリー版のExpressでやってみようと思ったのは自分ですし、猫宮さんがPro版でしか作業されていなかった事は重々承知していましたので、猫宮さんが気にする事は全くありません^^;
むしろ、Pro版での説明をしていただけたので問題点が明確にわかり、最終的に解決へ導いて頂けたので本当に感謝しております。
情報量の少ない中、ましてやかなり特殊な条件下の元でしたので、自分だけではきっとExpress版でだめだった時点であきらめていたと思います。
製品のサイトにも情報が多いようでピンポイントの答えがありませんでしたから、本当に猫宮さんに助けて貰う事が出来て良かったです。
2009/02/01(日) 22:10 | URL | 虎虎粋[ 編集]
全然、役に立てなくて、申し訳ございませんでした。
虎虎粋さん、こんばんは。
猫宮です。

「良かったですね!」
と言いたいところですが、
私には、その資格がありません・・・。

私の不勉強・不誠実のために、
虎虎粋さんの役に立てないどころか、
虎虎粋さんの足を引っ張って、多大な迷惑をかけてしまい、
本当に、申し訳ございませんでした。
2009/02/01(日) 22:52 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
ありがとうございました/まとめ
猫宮さん

再度最新のバックアップを取り、無事に新HDDへ移行する事が出来ましたので報告いたします。おおまかな作業手順を記載しておきます。

HP TC4400 80GB / SafeBoot Install状態 /DtoD領域ありのHDDを160GBの新HDDへ完全移行

1)現HDDを本体に取り付けた状態で外付けHDD(USB)にバックアップを作成(今回はPro Trialで行いました。Expressでも問題ありませんでした)

2)Recovery CDをPRO Trialで作成。(今回新たに作成したわけではなく、前回のアドバイス時に作成したもの)

3)バックアップ完了後シャットダウン。新HDDを本体に取り付け、バックアップ先のUSB-HDD、Recovery CDの入ったUSB-CDDを接続した状態で電源ON

4)CDから起動しPARAGON MENUが表示される。ここでNORMAL MODEを選択・実行

5)メニューの上から2番目・Simple Restore Wizardを実行

6)Recovery元のPortable HDD(USD-HDD)を選択し、その中のArchiveファイルを選択。(arcxxxx.pbf)

7)Restore先を選択。(今回は本体に差し込んだ新HDD) Option等を選べるようになっていましたが、念の為Optionは一切選択せずに実行。

8)完了後メインメニューへ戻り(#5のメニュー)今度はBoot Correctorを選択・実行

9)サブメニューの中のCorrect the Master Boot Record (Update the MBR executable code)を実行

10)完了後(一瞬で終わりました)メニューからPower Offを選択して終了。

11)外付けCDD・USB-HDDを取り外しPCを起動。

12)問題なくXPが起動しました!!! 念の為エクスプローラで全てのドライブを確認。きちんと表示されています。ネットワークやドライバー等も問題なく、全て以前と同じ状態で稼動しています。

13)Encryptionは全て無効化されていたので、後はこれが問題なく再度実行されるか、、、されない様であればIT部門に問い合わせる予定です。

以上です。 一部細かい作業は省略していますが、この手順で問題なく完了できました。

これも全て猫宮さんのおかげです。通りすがりにちょっと質問をさせて頂いた自分に対して、ここまで面倒を見て頂けるとは思ってもいませんでした。かなり特殊な環境下での作業にアドバイス・おつきあい下さいましてありがとうございました。心より感謝いたします。
2009/02/02(月) 10:03 | URL | 虎虎粋[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/80-d23f0b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。