~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は用心深い性格(笑)なので、インフルエンザへの万全の予防をしています。
(例えば、自宅にいる時以外は常にマスクをしています。)

当然、毎年、11月には、季節性インフルエンザのワクチン接種を受けています。



ジェンナーは偉大だ!!!



2月1日から、普通の人でも、新型インフルエンザのワクチン接種を受けられるようになったので、早速、今日、近所の病院に行って、新型インフルエンザのワクチン接種を受けてきました。
よしっ!
これで、万全!(笑)

病院で、『新型インフルエンザインフルエンザワクチン利用者用解説書』という紙をもらったので、それから引用してみますね。






====================================================================
あらかじめお読み下さい

新型インフルエンザインフルエンザワクチン利用者用解説書
2009年 医療生協


----------------------------------------------------------------
新型インフルエンザワクチンの効果と目的
----------------------------------------------------------------

------------------------------
新型インフルエンザワクチンとは
------------------------------

新型インフルエンザに対する抵抗力をつけるためためのワクチンです。
(季節性やトリインフルエンザには効きません。)

ワクチンの有効成分は日本全国(世界中)共通で、ワクチンメーカーや接種する医療機関による違いはありません。

接種回数については中学生以上の方は1回の接種でよいということになりました。



------------------------------
どのような効果が期待できるか
------------------------------

ワクチンを済ませてから2週くらいで効果が現れると見込まれます。

現在のところ新型インフルエンザワクチンがどれくらい高い効果があるかは分かっていません。

あくまでも「季節性インフルエンザワクチンと同等の効果」があると仮定して以下のようなものを期待しています。



【主に期待する効果】
かかったとき重症化して入院したり死亡したりすることを予防をする効果

季節性ワクチンは高齢者で30~80%の有効率(入院や死亡を減らす効果)があります。



【その他に期待する効果】
かかったときの発症を予防する効果

季節性ワクチンは感染した場合の発病(発熱など)を30~70%減らす効果があります。



【期待していない効果】
感染そのものを予防する効果や、発病した場合に周囲にうつさなくする効果は期待しています。





----------------------------------------------------------------
新型インフルエンザワクチンの種類
----------------------------------------------------------------

国産ワクチン(バイアルタイプ): 季節性ワクチンと同じ製造方法で作られ、副作用も同じです。

国産ワクチン(シリンジタイプ): 特別に保存剤を低減したタイプで、妊婦用として使用します。

輸入ワクチン:製造方法や保存剤などが国内とは異なる以外、有効成分は同じです。日本人に使用したときの副作用の頻度や種類についてはまだ不明です。



*国産ワクチンは、季節性ワクチン(=国産)との同時接種が認められていますが、輸入ワクチンは当面は季節性ワクチンとの同時接種を見合わせることになっています。



*現在使用してワクチンは国産ワクチンです。輸入ワクチンについては、医療生協の病院・診療所では取り扱いいたしません。



----------------------------------------------------------------
接種後の注意 (季節性ワクチンと同じです)
----------------------------------------------------------------

希ですが、接種後1時間以内にアレルギー反応がおき、吐き気・気分の変化・じんましん・呼吸困難などがおこることがあります。
お気づきの場合はすぐに受信して下さい。
1~2時間を過ぎれば、運動や入浴は普通に可能です。

半分近くの方に数日間、微熱やだるさ、接種やだるさ、接種部位の腫れや痒みがおこりますが、これは危険な症状ではありませんので様子をみてください。

インフルエンザワクチンを受けた後に他の予防接種をうける場合は、6日あけて(1週間後)からすべての種類が可能です。



------------------------------
病気の治療中の方
------------------------------

ワクチンを受けた場合、ふだんの病気の治療や検査に特に制限はありません。
いつも使用している薬はやめずに続けて下さい。
血液検査などへも影響はありません。



------------------------------
女性の方に
------------------------------

ワクチンを受けた後、赤ちゃんへの授乳を制限する必要はありません。
また避妊の必要もありません。
妊娠中でも初期以外にはインフルエンザワクチンが受けられますので、主治医にご確認下さい。

====================================================================





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 僕も受けました
2010/02/06(土) 15:19 | URL | 青い影[ 編集]
青い影さん。お久しぶりです!ありがとうございます!
青い影さん、こんばんは!
猫宮です。

お久しぶりです!

心身の調子は良くなってきましたでしょうか?

コメントを書いてくれて、ありがとうございます!

これで、青い影さんも、新型インフルエンザなんて怖くないですね。
良いことです。

また、何でもコメント書いてくださいね。
待っています。

猫宮しろいち
2010/02/06(土) 18:29 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/725-5e4d1cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。