~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『アルマゲドン』(科学考証が全く無くて酷い映画だった!)や、『ディープインパクト』など、小惑星や彗星が地球に衝突して人類滅亡(の危機)、
という映画は数多いですが、
実際には、NASAを始めとして国際的に、地球に衝突する恐れが少しでもある小惑星や彗星(があるかどうか)を観測しています。
現時点では安心です。

もしも、地球に衝突する恐れがある小惑星や彗星があれば、地球接近までの数年前に分かります。





もしも、本当に、地球に衝突する小惑星や彗星が見つかれば、核兵器で小惑星や彗星の軌道を変更することになるでしょう。





現時点で、地球に衝突する恐れが少しでもある天体は1つしか発見されていません。



その唯一の天体である小惑星『アポフィス』の記事を紹介します。



幸い、地球に衝突することはありません。
(地球衝突の確率は25万分の1。)

放送衛星などの静止衛星の高さである静止軌道の距離は3万5786キロメートルですが、それよりも内側の、地表からわずか2万9500キロメートルの上空を通過するそうです。
すれすれセーフですね。
良かった!良かった!



冒頭の動画を、ぜひ、再生してご覧ください。
いかに接近するのかが分かります。





WIRED VISION
Alexis Madrigal
2009/12/21
地球最接近:小惑星『アポフィス』視点の動画
http://wiredvision.jp/news/200912/2009122122.html



ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/635-e4c6dd03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。