~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブラックホール」は星の最後であり、いかなる物質もエネルギーもブラックホールに落ち込んだら脱出することができず、ブラックホールは肥大化していく。
というのが私の認識でした。

ブラックホールを直接観測することは出来ないが、ブラックホールの周辺に星やガスがあれば、それが、ブラックホールのに落下していく際に、事象の地平面(シュヴァルツシルト面)の直前で、摩擦によって光やX線などが放出されるので、それを人類は観測している、というところまでは認識しています。


ホーキング博士の本で、「ブラックホールの蒸発」という現象があることを知りましたが、理解できませんでした。



驚くべき記事を見つけたので紹介します。
私は、本当に、驚きました!

ブラックホールは自分からエネルギーや物質を噴射して星、そして銀河、を生み出している、
というのです!!!

私は、理系失格です・・・。
私の認識を完全に超えています。



この記事によると、このブラックホールのの周辺にはブラックホールに落下する塵もガスも無く、裸のブラックホールとのことです。

ブラックホールの事象の地平面(シュヴァルツシルト面)から、いったい、どうやって、エネルギーや物質を噴射するのでしょうか???

エネルギー保存の法則があるので、
ブラックホールは、自分が噴射したエネルギーや物質の分だけ、痩せるはずです。
ブラックホールは、やがて、消えてしまうのでしょうか???

これは、ホーキング博士の言うブラックホールの蒸発なのでしょうか???
(しかし、ホーキング博士の言うブラックホールの蒸発は、素粒子レベルの超小のブラックホールの話だったはず。)


それとも、
この記事に対する私の理解が間違っているのでしょうか???
ひょっとして、
この記事の内容が間違っているのでしょうか???



無学な私に、どなたか、ご教示ください。
お願いいたします。



非常に驚くべき内容なので、ぜひ、ご一読ください。





WIRED VISION
Alexis Madrigal
2009/12/7
銀河を生み出す「裸のブラックホール」
http://wiredvision.jp/news/200912/2009120722.html




ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わかりません
なかなか書き込む暇ができずにご無沙汰しておりました。けやまです。
丁度いま、ちくま学芸文庫の「ブラックホール」という本を読んでます。70年代に出た本を文庫化したものですが、シュバルツシルト面をはさんだ正負エネルギーの粒子の対発生とか、家電を持つブラックホールからの粒子放出とか書いてありますね。でも、このシリーズはとにかく専門的すぎてよくわかりません。(なんで買ってんだか・・・)
2009/12/12(土) 00:39 | URL | けやま[ 編集]
けやまさん。教えてくれてありがとうございます!
けやまさん、おはようございます!
猫宮です。

コメント、ありがとうざいます!
とっても嬉しいです!

けやまさんは、ちょうど今、ちくま学芸文庫の「ブラックホール」を読んでいらっしゃるとのこと、偶然ですね!
びっくりしました。
けやまさんの向学心はすごいですね!
さすが、けやまさん!


「シュバルツシルト面をはさんだ正負エネルギーの粒子の対発生」は、理屈としては分かりますが、星をいくつも作るだけのエネルギーや物質を噴出するほどの大規模なものなのか、分かりますでしょうか?


「家電」とは誤字で、「荷電」ですねよね。
「荷電を持つブラックホールからの粒子放出」という現象があることは知りませんでした。
きっと、これが重要なポイントなのでしょう。
さすが、けやまさん!
これは、シュバルツシルト面の外側から、ですよね?
(まさか、内側から放出されるわけがありませんよね。)
エネルギー保存則があるので、ブラックホールは、粒子を放出した分だけ、痩せていくのですね?


ご教示いただきまして、本当に、ありがとうございました!


これからも、何か、分かりましたら、どうか、ご教示ください。


猫宮しろいち
2009/12/12(土) 06:57 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
わりこみで失礼します
わりこみで失礼します。
記事で書かれているクエーサーの質量が、
銀河数個分とかだったら、
ごくわずかのトンネル効果も、
相当量の粒子の放出になるのかも
しれませんね。
シュバルツシルト面も、
太陽系くらいの半径があったら、
結構表面積大きそうだし。
2009/12/12(土) 15:14 | URL | うぃき男[ 編集]
うぃき男さん。ご教示いただきましてありがとうございます!
うぃき男さん、こんばんは!
猫宮です。

コメント、ありがとうざいます!
とっても嬉しいです!

ご教示、ありがとうございます!


なるほど「トンネル効果」!!!
量子力学のトンネル効果なら、説明がつきますね!!!

けやまさんも、量子力学を示唆していますよね。

けやまさんも、うぃき男さんも、すごいです!
尊敬します。



私は、この問題の記事、というか、ブラックホールを
一般相対性理論でしか考えていませんでした。
量子力学と一緒に考えなければ、理解に至ることはできないのですね。

確かに、銀河数個分の超巨大ブラックホールなら、シュバルツシルト面も巨大でしょうから、量子力学のトンネル効果は合計すれば非常に大きなものになるはずです。
それなら、星や銀河が作れるほどのエネルギーや素粒子が放出される、ということを納得できます。



蛇足ですが、
ふと、輪廻転生というイメージを連想しました。

素粒子とエネルギーだけがあって、
集まって星になって、
更に星が集まって銀河になって、
星の最後はブラックホールになって、
更にブラックホールが集まって、
銀河の中心は巨大なブラックホールになって、
銀河は全てブラックホールに飲み込まれて、
かつて銀河だったブラックホールが集まって、
超巨大なブラックホールになって、
そして、
超巨大なブラックホールから、素粒子やエネルギーが放出されて、
集まって星になって、
・・・
・・・
・・・



ご教示いただきまして、本当に、ありがとうございました!


どうか、これからも、末永く、よろしくお願いいたします。

猫宮しろいち
2009/12/12(土) 21:34 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
転生輪廻
全ては永遠の繰り返しなのかもしれませんね^^
2009/12/23(水) 11:59 | URL | 天照斑鳩[ 編集]
天照斑鳩さん。コメントありがとうございます!
天照斑鳩さん、こんにちは!
猫宮です。

コメントありがとうございます!
嬉しいです!



> 全ては永遠の繰り返しなのかもしれませんね^^

ものすごく不思議なことに、天照斑鳩さんが言う通り、
全て(宇宙)は永遠の繰り返しなのかもしれない、と思わざるを得ないことが発見されています。

最新の宇宙物理学では、
この記事にあるように、ブラックホールが星を生み出して、星がブラックホールになって、の繰り返しになる可能性が示唆されていますし、
blogの別の記事(天照斑鳩さんも、ぜひ、ご覧ください)
2009/11/12
ビッグバンは宇宙の始まりではなく、宇宙が永遠に繰り返す膨張と収縮サイクルの1段階に過ぎない? - 超ひも理論(超弦理論)的宇宙論
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-521.html
では、私たちの宇宙全体が永遠の繰り返しであることが理論化されています。



すみません。
不思議過ぎて、全くコメントできません(笑)。

それじゃあ、また!

猫宮しろいち
2009/12/23(水) 12:27 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/591-2d912842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。