~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもや、アメリカの「スマートグリッド」の問題が・・・。

アメリカでの「スマートグリッド」反対派のことを説明した記事を見つけたので紹介します。
技術的な問題ではなく、政治的な問題になりうるものです。



まんずさん。
昨日の記事や、この記事、どう思います?
「スマートグリッド」の実現には、まだまだ課題が山積しているのですね。





日経BP 日経エレクトロニクス
Phil Keys
2009/10/23
米国でもスマートグリッドに懐疑的な声
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20091023/176740/?ST=NE





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さて、いろいろな考え方があるものですね。

HEMSにより個人情報が漏れないようにするのは電力会社の義務でありますが、それほど困難はないでしょう。
NTTは通信により、通話情報、通信情報を得ることができるのですが、それが漏れてますか?

私には杞憂としか思えない。対策を講じた上での企業倫理的問題と思われます


スマートグリッドの料金体系は消費者に選べるようにしなければならないし、スマートメーターならそれができるはず。
スマートグリッドを利用しない人は従来通りの料金体系。スマートグリッドを導入する人は季節・時間別料金を利用でき、lifestyleに有った利用、経済的な電力利用をする。子供が多い家庭なら昼間の電力を多く使うはずだから、従来通りの契約。独身者は昼間仕事で留守。それんなら、朝,夕、夜のより安く設定された電気を利用し、昼間のより高く設定された電気は利用しない。スマートグリッドを使った時間帯別料金を契約する。

消費者が、メニューを選べるようにすれば不公平は回避できる。スマートグリッドならそれが可能。

いつの時代もそうですが、新しい技術と言う物は頭を柔軟にしてそのメリットを最大限生かし、デメリットを克服するよう知恵を絞るのが文明人です。
2009/10/29(木) 05:04 | URL | まんず[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/491-0dc7ca77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。