~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から、私が使うPCの自作と、妹と私のそれぞれの自作PCへの Windows 7 のインストールを行っています。
(これに熱中、というか、数々のトラブル(笑)で、皆様からのコメントに返事を書けなくて、本当に、ごめんなさい・・・。)





私が使う自作PCのコンピューター名 "Yukikaze" とは、月飛魚さん、ご名答!

世界のSF小説の歴史に永遠に残る奇跡の傑作、神林長平『戦闘妖精・雪風』シリーズから命名しました。

『戦闘妖精・雪風』とその続編『グッドラック - 戦闘妖精・雪風』は、私の心の2冊です。
(続編が出るのを夢見ています。)

この2冊、3回繰り返して読みました。
(死ぬ前に、もう3回くらい読みたいと思っています。)

小説の中での戦闘機「雪風」は、知性体(人工知能を持っている)で、専任パイロットと一体の存在です。
「雪風」は専任パイロットを欲し、専任パイロットは「雪風」を欲し、一体となって複合知性体となるのです。

今のPCには、残念ながら、知性体(人工知能)という要素は全くありませんが(笑)、私は、おこがましくも、自分の自作PCに "Yukikaze" と命名しました。
(私が生きているうちに、人工知能は実現するのだろうか???)





さて、私の自作PC "Yukikaze" の今の状態は、下の写真をご覧ください。
PCのケースの納期は月末なので、それまでの間は、素っ裸のままです(笑)。
斜め上から扇風機で風を送っています。

[画像クリックで拡大表示]
真上から見た裸の Yukikaze
真上から見た裸の "Yukikaze"

[画像クリックで拡大表示]
斜め横から見た裸の Yukikaze
斜め横から見た裸の "Yukikaze"





"Yukikaze" への Windows 7 のインストールは Windows 7 の発売日に完了させていて、今は、アプリケーションやデバイスドライバーのインストール作業中です。

Windows 7 の第1印象。
それは、Vista と同じ、起動音楽。
これを批判する人が大勢ですが、私は、この音楽、大好きなんですよ!
何と言っても、作曲・演奏は、あの King Crimson (私が最も尊敬するロックバンドい)のリーダーである ロバート・フリップなのです!!!
この名曲を残してくれた Microsoft に感謝。



エクスプローラーなどで、Vista と細かい点で異なっていることに戸惑っています。

XPに歩み寄った面さえあります。
XPに逆戻りした例:
・ フォルダが名前順でソートされている時、新規ファイルを作成すると一番下のまま。F5キーでソートし直される。
(Vistaでは新規ファイルは即座にソートされました。XPの仕様に戻っています。)
・ 「ドキュメント」などに「マイ」が復活。「マイ ドキュメント」・「マイ ピクチャ」など。
(Vistaでは、「マイ」が無くて、ただの「ドキュメント」・「ピクチャ」などでした。)

しかし、やっぱり、Windows 7 は良い!!!!!
これからも、blogで報告していきますね。





現時点での "Yukikaze" での、Windows 7 での「Windows エクスペリエンス インデックス」をご報告いたします。
現時点では、オーバークロックはありません。
(CPUは、今後、オーバークロックで大幅に高性能にします!(笑))

Windows エクスペリエンス インデックス 2009年10月22日
Windows エクスペリエンス インデックス 2009年10月22日





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
頑張って下さい(^_^)
こんばんは、猫宮さん。月飛魚です。

色々作業の方が忙しいようですね。妹さんのPCの分も、頑張って下さい(うつで闘病中の方にこんな事を言うのは失礼でしょうか(汗))

“ガワ”のないPC、初めて拝見しました。
何の知識もない素人の感想ですが、一言、カッコいいです!(笑)
私、こういう機械の中身むき出しとかロボットの内部図解やら、小さい頃から大好きでして、見ているだけでワクワクしてしまいます(笑)

それから、私の推測当たったんですね、ビックリ(笑)
私は昔アニメオタク気味だったので、アニメでこの名を知ったのですが、残念ながら原作もアニメも、拝見したことがないのです。機会があれば読んでみたいです。

「戦闘妖精・雪風(・が打たれていたのですね、スミマセン(汗))」の設定は、私が大好きな漫画「The Five Star Stories」に登場するモーターヘッド(人型戦闘機械)と、それに乗り込んで操縦するヘッドライナー(騎士とも呼ばれる)、そして、操縦を補佐する役目を持つファティマ(生体コンピュータ・主に女性型)と呼ばれる人工生命体の関係に似ていますね。
ヘッドライナーは運動を、ファティマは頭脳をつかさどり、モーターヘッドと一体となって戦います(全てのファティマかどうか分かりませんが、モーターヘッドとは会話が可能なようです)。そして、ヘッドライナーは、自分と対になるファティマを自ら選ぶことは出来ません。コンピュータであるファティマが自分と最も相性の良いヘッドライナーを選ぶ権利を持ち、ファティマに選ばれて初めてヘッドライナーはモーターヘッドで戦うことが出来る…雪風とパイロットもそのような関係なのでしょうか。

私はこのマンガが連載開始直後から読み始めている大ファンなのです(といっても、人より詳しい訳ではありませんが…f^o^;)。
私もいつか、自分のPCを買って、好きなファティマの名前を付けてみたいなぁ…(´∀`)(←一人自分の世界に入ってます・笑ってやって下さい(笑))

ではまた、どのような外観になったのか、後日教えて下さいませ(^_^)/~


追伸
返還直前の香港に旅行した際、買い求めた中国語版「Five Star Stories」6巻を引っ張りだして見ていたら、こんな一節が載っているのを思い出しました。コンピュータに詳しい猫宮さんでしたら、この意味がお分りになるでしょうか(元の日本語版が本棚の奥に行ってしまってなかなか出せない状態なのです。
ちなみに、□の部分は日本で使われている字体と異なる為、携帯では妥当な文字が変換出来ず、やむなく入れるのを断念しました。
お忙しいところ、暗号解読のような質問ですみません…(汗汗))。

巨大的動力停止了
進行修正的回路也断絶了
現在蓄電器中連1安培的
電力也没有了
発狂的電気在CPU中奔馳
重覆著錯誤興讀取中斷之状態
超絶的修正程式也無法
進入不開放的系統類比
的電□興□位的ON・OFF
也在DISC TOP上
等待著死亡来臨而己
系統變換招来這世界的終焉…
350萬MEGA馬力的巨人也保持沈黙…
2009/10/26(月) 04:11 | URL | 月飛魚[ 編集]
月飛魚さん。ごめんなさい。全然分かりません。
月飛魚さん、こんばんは!
猫宮です。

中国語版の件、全く分かりません。
ごめんなさい・・・。


雪風の件、
原作の小説では「戦闘妖精・雪風」ですが、
なぜか、アニメ版では「先頭妖精雪風」です。
アニメ版も大好きです。

雪風には2種類あって、初代は「スーパーシルフ」という機体で、2代目は「メイブ」という機体です。
すごいのはメイブ雪風。
完全な人工知能を持っていて、無人で作戦活動が可能です。
しかし、雪風は、人間(専任パイロット)の持つ直感やひらめきは、任務遂行に役立つと考えているから、パイロットを欲します。
しかし、雪風は、常に作戦任務遂行が第1であり、そのためには、パイロットの命を無視
(例えば、パイロットが乗っていても、雪風は時々、自分の判断で自律飛行を行い、急旋回によるGで人間は内臓が破裂してしまう)
します。


私の自作PCの件、
ケースが到着したら、写真を掲載しますね。

猫宮しろいち
2009/10/26(月) 21:31 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
月飛魚さん。どうかblogランキングの投票をお願いします。
月飛魚さん、こんばんは!
またまた、猫宮です。

あつかましいお願いで、大変、恥ずかしいのですが・・・
どうか、毎日、blogのランキングに投票してください。
2つが面倒なら、「Windows」だけでいいです。
「Windows」をクリックすると、「日本ブログ村」という所にリンクします。この時、「日本ブログ村」の票が完了するまで、閉じないように気をつけてください。
表示が完了する前に閉じてしまうと、投票が有効にならないようです。

こんなことをお願いするのは、本当に恥ずかしいのですが、どうか、お願いいたします。

猫宮しろいち
2009/10/26(月) 21:37 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/486-2097389e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。