~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校の生物の教科書では、DNAの2重らせんの構造の絵と、染色体全体としてはX型の絵しか載っていませんでした。

通常、全体としてどんな形をしているのか、謎のままだったのです。。

ヒトゲノムの通常の形が、ついに分かった!という記事を紹介します。

先日のblogで紹介した記事
2009/10/02
「アルディ」(ラミダス猿人)によって、人類と他の類人猿の最後の共通祖先はチンパンジーに似たものだという定説が覆された
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-450.html

に続いて、またもや、生物の教科書を書き換えなければなりませんね(笑)。





先ず、その形に驚きます。
ヒルベルト曲線[フラクタル図形の1つ。決して重複することなく2次元の空間を埋め尽くすことのできる図形の一種。]を3次元にした球形をしている、とのことです。
「神秘」としか言いようがありません。

更に、驚くべきことに、
「ゲノムのDNAの内容だけでなく、ゲノムの形状そのものが、人間の発達や疾病にどのような影響を及ぼしているか調べることが可能になる」
とのことです。
(私は、ゲノムのDNA = プログラムのソースコード 、 と理解していたのですが、ゲノムの内容だけではなく、形にも重要な意味がある、というのでびっくりしてしまいました。)


とても興味深い記事なので、ぜひ、ご一読ください。





WIRED VISION
Brandon Keim
2009/10/13
ヒトゲノムの3D構造は「丸めた麺のようなフラクタル」
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101323.html




ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/463-51c2a05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。