~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ITmedia
小野晋史
2009/3/2
「かぐや」最先端の目で見えてきた月の素顔
月周回衛星「かぐや」。最先端の装置による約1年4カ月の観測で、謎に包まれた月の実像が明らかになってきた。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/02/news048.html





全くの蛇足ですが・・・

上記の記事で「巨大衝突説」と呼ばれているものが、
『新世紀エヴァンゲリオン』の世界で「ファーストインパクト」と呼ばれているものです。

『新世紀エヴァンゲリオン』の世界で「セカンドインパクト」とは、言うまでも無く、南極の地下の球状空間(白き月)内に眠っていた「第1使徒 アダム」を目覚めさせ、暴走した「アダム」を胎児の状態に戻すのに、地球の地軸が曲がってしまうほどの大爆発を起こしてしまったものです。

「サードインパクト」は、映画の通り、箱根の地下の球状空間(黒き月)内のネルフ本部のターミナルドグマの奥底に隠されていた「第2使徒 リリス」が綾波レイの帰還により目覚め、エヴァンゲリオン初号機を「依り代」として、地球の全生物をひとつの生命体とするものです。

新劇場版『序』では、月面に「ネルフ第7支部」があって、その月面で「使徒タブリス」こと渚カヲルが目覚めるという、旧版と異なる展開でびっくりしましたよね。

「かぐや」と全然関係無くて、ごめんなさい。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/246-8ecda33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。