~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メランコリーを誘う、きらめくギター音響の静謐な美。
悲しみに彩られた最高の美。

この曲は、私、本当に、大大大好き!

イギリス スコットランド グラスゴー出身のROCKバンド Aereogramme (エアーエオグラム)の「I don't your love」です。

(蛇足ですが、「魂を揺さぶる曲」シリーズ(笑)の第2回で紹介した Belle and Sebastian も同じグラスゴー出身ですが、音楽性は全く違います。)



「I don't need your love」は、アルバム『Seclusion』(2004/9/20発売)の中の1曲です。



Aereogramme (エアーエオグラム)は、多彩な音楽性を持っていますが、主軸は轟音ノイズと絶叫のシューゲイザーサウンドです。
そんな中にあって、突然変異のように、この曲だけが非常に特殊です。
彼らのデビューアルバム以来、この「I don't need your love」に類似した曲はひとつもありません。
彼らの音楽性の中から、この曲が生まれたのは奇跡なのかもしれません。
いや、逆に、彼らの激しい音楽性の中から、美だけを純粋に抽出したのが、この曲なのでしょう。



動画も、至高の美しさの結晶です。
(この動画、私のツボにはまりました。本当に、美しい動画です。)


音楽も、動画も、全て美しすぎる。






メランコリーに包まれた至高の美の結晶を堪能してください。










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
グラスゴー
グラスゴーと言えば、「グラスゴーのポール・マッカートニー」こと、ジェリー・ラファティーの「霧のベイカーストリート」(古い!)を思い出します。

僕の場合、洋楽は80年代以降はあまり聞かなくなりました。

この曲は、いかにもスコットランドって感じの美しい曲調ですね。またいろいろと紹介して下さい。
2009/05/30(土) 20:07 | URL | ♪☆≡MORIYA≡★♪[ 編集]
♪☆≡MORIYA≡★♪さん。コメントありがとうございます!
♪☆≡MORIYA≡★♪さん、こんばんは!
猫宮です。

PCのHDDの話以来、お久しぶりです。
(あの時の話の中古のHDD。まだ動いているのでしょうか?心配です。)

私のblogを訪問してくれて、
紹介した曲を聴いてくれて、
コメントまでいただいて、
本当にありがとうございます!
とっても嬉しいです。

> グラスゴーと言えば、「グラスゴーのポール・マッカートニー」こと、
> ジェリー・ラファティーの「霧のベイカーストリート」(古い!)を思い出します。

確かに古いですね。(失礼!)
Gerry Rafferty は、グラスゴー出身だったのですね。
今、初めて知りました。(人間何歳になっても、常に勉強!)
私もあの曲は好きです。
中学生の頃は、「ベイカーストリート」というくらいだから、
シャーロック・ホームズ先生について歌った曲だと断定していた(笑)
のですが、
実際は、単に、
Gerry Rafferty が、かつて、ロンドンの地下鉄駅で大道芸人をして生活をしていたころを歌ったものだそうですね。
ああ、私の勘違い。



> この曲は、いかにもスコットランドって感じの美しい曲調ですね。

♪☆≡MORIYA≡★♪さんは、このAereogrammeの「I don't your love」を気に入っていただけたのですね!
何よりも、嬉しいです。

私は、全く気付かなかったのですが、言われてみると、確かに、古き良きスコットランド風味が感じられますね。
スコットランドは、憧れの土地です。
生きているうちに、一度行ってみたいです。


♪☆≡MORIYA≡★♪さん。
どうか、これからも、よろしくお願いいたします。


猫宮しろいち

2009/05/30(土) 20:43 | URL | 猫宮しろいち[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/223-39a71e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。