~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の魂を揺さぶり続けている究極の名曲。


第2回目の曲は、本当に、究極の美しさを持った曲です。
今まで35年間洋楽ROCKを聴き続けてきた私にとって、
一番美しい男性ボーカル曲です。

Belle and Sebastian の「We rule the school」 (1996年) です。









Belle & Sebastian の 1st アルバム "Tigermilk" の7曲目
"We Rule the School" です。





Belle and Sebastian は、イギリス、
スコットランド、グラスゴー出身のロックバンドです。

この「We rule the school」は、
”ファーストアルバムの1曲だけに、音楽の女神が舞い降りた奇跡の名曲”
です。
Belle and Sebastian は、もう、9枚のアルバムを出していますが、
ファーストアルバムのこの曲を超える曲は、(残念ながら)ありません。



いい歳して恥ずかしいのですが、
この曲を聴くと、本当に泣いてしまいます。)

どんなに悲しい時。
生きているのが辛い時。
この世で独りぼっちの時。
そんな時でも、音楽だけは、私の味方になってくれます・・・。



私は、Belle and Sebastian の曲は、本当に、どれも全部好きなのですが、
次の曲は、特に特に特に大好き。

1st album
Tigermilk
7. We rule the school




2nd album
If You're Feeling Sinister (天使のため息)
4. Like Dylan in the movies
(映画の中のディランのように)
5. The fox in the snow
6. Get me away from here, I'm dying
(消えてしまいそうな僕を連れ出して)




3rd album
The Boy with the Arab Strap
2. Sleep the clock around
3. Is it wicked not to care ?
(「気にしない」で「いてもいい」?)
9. The boy with the arab strap
12. The rollercoaster ride
(ジェットコースターのように)






Belle and Sebastian の音楽は、
惨めな少年少女を輝かせてくれます。

うまく生きているあいつらなんかじゃなくて、
君こそが美しいんだ!
という優しく美しい歌が、私の胸に染み入るのです。



負け組のひと、社会的弱者、敗者を
輝かせてくれる
奇跡のように清々しい音、だと思います。

敗者だからこそ、思い遣りを持った優しさを持てるんだ。
敗者が健気にひたむきに生きていくことこそが一番美しいことなんだ。

私は、Belle and Sebastian を聴いていると、
いつも、そんなふうに、思えるのです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きっとWe rule the schoolと書いたのは、大人じゃなくて、
うまく生きてるやつらなんだと思います。
クラスの支配階級にいる人たち。
2013/09/04(水) 03:18 | URL | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/195-7587c2fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。