~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先々週、ふとした偶然から、Intel Core i7-920 を、中古ですが、非常に安価に入手することができました。

大切な大切な、妹の"Kirari"の Intel Core i7-920 を危険にさらしてはいけないので、上記のCPUで、再度、オーバークロックに挑戦してみたくなりました(笑)。

しかし、今、非常に貧乏で、自作PC一式の全パーツを購入するお金が全然ありません。

そこで、また、妹に、ひたすら頼み込みました。
私が自作して妹にプレゼントしたPC "Kirari"を貸してもらえました。
大切な"Kirari"の Intel Core i7-920 を丁寧に外して、私が新たに入手した中古の Intel Core i7-920 を組み込みました。

(万が一にも、妹の大切な"Kirari"のマザーボード等を壊してはいけないので、電圧に細心の注意をはらいました。)



以下、その Intel Core i7-920 でのオーバークロックの結果を報告します。





■CPU : Intel Core i7-920
■ロット : 3844A806
■産地 : Costa Rica
■購入日、店舗 : 4/16 中古
■CPUFAN : Thermalright TRue Black 120 + RDL1238SBK-PWM ×2個
■熱伝導媒体: GELID GC1
■電源 : Enermax REVOLUTION85+シリーズ ERV1050EWT
■M/B : ASUS Rampage II Extreme
■BIOS : 1306
■動作クロック : 4200MHz
■BCLK : 200
■CPU倍率 : 21
■QPI : 3600
■QPI V : 1.350V
■Vcore : BIOS:1.381V , CPU-Z:1.288V
■Vdimm : 1.643V
■メモリ : Corsair “DOMINATOR”TR3X6G1600C8D 2GBx3
■メモリ倍率 : 2:8
■uncore : 3200
■DRAM Frequency : 800
■DRAM Timing : 8-8-8-24 2T
■HTの有無: 有
■ケース : IKONIK Ra X10 Smooth Black
■コア温度 : 68℃
■室温 : 20度
■温度計測方法 : Core Temp 0.99.4
■負荷テスト: Prime95 25.9 64bit版 8スレッド 4時間
3DMARK VANTAGE 完走
EVEREST システムスタビリティテスト 1時間


定格が 2999MHz の Intel Core i7-920 が、オーバークロックで 4200MHz で安定動作しました。
(もちろん、HTT有りで。)
クロック周波数比で 156% のオーバークロックです。

電圧は、まだまだ下げられそうですが、妹からPCを借りている身分なので(笑)、今回の「オーバークロック実験」としては、ここまで、としました。





20090428_i7-920_4200MHz



上記の"Kirari"での Intel Core i7-920 【 オーバークロック: 4200MHz 】ベンチマーク

20090428_i7-920_4200MHz_CrystalMark 2004R3





--- 参考 ---
"Kirari"での Intel Core i7-920 【 定格: 2666MHz 】 ベンチマーク

CrystalMark 2004R3



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/165-196d24b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。