~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンピュータの進化目標のひとつである「人工認知」に関する興味深い記事を見つけたので紹介します。

誰もが、「未来には、『2001年宇宙の旅』に出てきた「HAL9000」のような人工知能コンピュータが実現すればいいなあ」と思っていますよね。
もちろん、私も、そのひとりです。




人工知能は、様々なSF小説に書かれてきましたが、私が大好きなのは、神林長平の『戦闘妖精・雪風<改>』・『グッドラック 戦闘妖精・雪風』で描かれた人工知能「雪風」です。








「HAL9000」も「雪風」も、まさしく、人工知能です。
人類は、コンピュータを人工知能まで進化させることが出来るのか???

私は、いちおう(笑)、コンピュータ関係の仕事をしていますが、目の前のPCが、「HAL9000」や「雪風」のような知能を持つのは、う~~~ん、50年後くらいかなあ、という悲観的な感覚しかもてません。



一気に、人工知能に飛躍するのは無理でも、人工認知の研究は現在も着々と進んでいます。
以下の記事は、人工認知の最先端の成果だと思います。





(猫宮 注:下記記事は「人工知能」とありますが、内容を読むと「人工知能」というのは、あきらかに言い過ぎです。「人工認知」の範囲です。)



WIRED VISION
Brandon Keim
2009/4/15
「物理法則を自力で発見」した人工知能
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090415/1014307/?set=ml_a


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
学生時代…
戦闘妖精雪風…はまりました…
DVDだけで、本は読んでないです
カッコイイですね、登場人物が
…名前が出てきません…汗
2010/08/25(水) 17:38 | URL | KAZU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/154-576214bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。