~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何という酷い兄でしょう!(笑)
昨夜、妹に頼み込んで、
「絶対にCPUのコアの電圧は1.45V(ー般に安全と言われている範囲の上限電圧)超えない!温度は70℃を超えない!」
ということを確約して、もう1度、妹のPCでオーバークロックの実験をさせてもらいました。





とにかく、
私が買った Core i7-920 は、ハズレ石でしたが、
絶対に、CPUのコアの電圧が1.45Vを超えないように、
絶対に、CPUのコアの温度が70℃を超えないように、
慎重に慎重を重ねて調整しました。

CPUのコアの電圧(Vcore): 1.432V で、Core i7-920 (定格:2.66GHz) をオーバークロックして、夢の4.00GHz達成できました。
CPUの動作クロックの定格が2.66GHzなので、50%のアップです。



以下、実験結果です。

■CPU : Intel Core i7-920
■ロット : 3842A928
■産地 : Costa Rica
■購入日、店舗 : 2/28 e-tokka
■CPUFAN : Thermalright TRue Black 120 + RDL1238SBK-PWM ×2個
■熱伝導媒体: GELID GC1
■電源 : Enermax REVOLUTION85+シリーズ ERV1050EWT
■M/B : ASUS Rampage II Extreme
■BIOS : 1204
■動作クロック : 4009MHz
■BCLK : 191
■CPU倍率 : 21
■QPI : 3436
■QPI V : 1.350V
■Vcore : 1.432V
■Vdimm : 1.500V
■メモリ : Corsair “DOMINATOR”TR3X6G1600C8D 2GBx3
■メモリ倍率 : 2:8
■uncore : 3063
■DRAM Frequency : 763.6
■DRAM Timing : 9-9-9-24 2T
■HTの有無: 有
■ケース : IKONIK Ra X10 Smooth Black
■コア温度 : 63~68℃
■室温 : 25度
■温度計測方法 : Core Temp 0.99.4
■負荷テスト: Prime95 25.9 64bit版 8スレッド 8時間





ふ~っ。
何とか、
Vcore: 1.432V (もっと下げられそうな感じです)、
コア温度: 68℃ で、
動作クロック: 4.00GHz を達成できて、Prime95も8時間かけて大丈夫でした。

もっと、時間があれば、Vcoreを更に下げて、Prime95も24時間かけてみたかったのですが、これ以上、私の自分勝手で、妹のPCの寿命を短くさせてしまう恐れがある実験をしては妹が可哀そうなので、これで、完了としました。

妹よ、ごめんなさいね・・・。





でも、オーバークロックって、面白いですね!!!
こんなに面白いものだとは知りませんでした(笑)。



オーバークロック_20090323
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そんなことないですよ!(笑)
猫宮さん、こんにちは!
月飛魚です。

猫宮さんはご自分を謙遜しておられますが、本当に妹さんが羨ましいですよ。実験であろうがなかろうが、自分の為にPCを作ってくれる兄がいるなんて、本当に羨ましい限りです。もし私が猫宮さんの妹だったら(PCのことは全く分からないのですけど(笑) 、一緒に面白がって実験に参加することでしょう(笑)

ところで質問なんですけど、オーバークロックって何ですか?意味は分からなくても、とっても面白そうなことだけは充分伝わって来ますが(笑)
2009/03/24(火) 12:36 | URL | 月飛魚[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/132-632fcc65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。