~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。





うつ病の状態は、今は、「比較的安定している」と医師が言ってくれました。
医師の話では、
今年の1月から3月は酷い状態でした。
4月・5月・6月は、少しずつ状態が良くなってきたとのことです。

しかし、今は、まだ、1週間に2~3件位に応募するのがやっとです。



日々、就職活動を最優先にして、頑張っています。
しかし、就職できない・・・。

書類選考で落とされてしまい、滅多に面接まで進めない。



面接までせっかく進んでも、緊張のためか、まともに話すことができず、
全然ダメです。
ハローワークの職員に相談しました。
もちろん、私が、うつ病で精神障害3級であることを話しています。
今の私では、面接の最初の「自己紹介」と次の「志望理由」の2ヵ所は、
自分のスピーチになるので、ここでまず、緊張が一気に悪化して
話がつっかかり、
しどろもどろになってしまい、
自分でも何を話しているのか分からなくなり、
面接官から「もういいです」と言われて、
話したいことを最後まで話せないことも多々ありました。
私には丸暗記もとても無理です。
惨め・・・。

ハローワークの職員のアドバイスとして、
「自己紹介」と次の「志望動機」の2ヵ所は、
話したいことを、あらかじめメモに書いておき、
面接の本番では、私が面接官に対して、
「メモを見ながら話をしてもよろしいでしょうか?」
と質問して、
「いいですよ。」
と言われたら、メモの内容を話せば良いので、
緊張感は適切なレベルまで下がり、言いたいことを最後まで話せます。

先日の面接では、それを実行しました。
面接官のOKをいただいたので、メモをチラチラ見ながら、
「自己紹介」と「志望理由」で言いたいことを最後まで話すことができました。
これは今までにない充実感でした。
しかし、その会社も、不採用になってしまいました。
私は、失礼を承知で(私には、もう、失うものは何も無い)、
その会社の面接官に電話して、
私が不採用になった理由を質問してみたら、
「猫宮さんの履歴書・職務経歴書も面接も良かったのですが、
会社に良い刺激を与えてくれそうな、すごく活発な20代の人がいて、
その若者を採用することになりました。」
と教えてくれました。
「自己紹介」と「志望理由」をメモを見ながら話しても良い、
といってくれたこの会社は例外中の例外な存在なのでしょうか???
普通は断られるか、許しても、その時点で不採用か、大きな減点になるか、
が普通でしょうか・・・。



私は、子供の頃から、今に至るまで、スピーチやプレゼンが
ものすご~~~く苦手です。
前の前の会社では、お客様への
プレゼンの機会が多かったので、ものすご~~~く辛かったです。
友人に結婚式に招待されても、スピーチは一切断っています。
とにかく、人前で、言いたいことを話すことができないのです。
暗記力が、人並み外れて低いのです。小学生以下です。






面接の無い求人など有り得ません。
メモを見ないで面接を受けると、ろくに話すこともできないので、全然ダメ。
メモを見ても良いと面接時に言われても、大きな減点になって、結局は不採用。
どっちもダメ。
それなら、一生就職できないのでは・・・。
どうにもならない・・・。





こうしている間も、私の貯金は減ってゆく。
この家は母の家なので、絶対に、どんなことがあっても売らない!
餓死するほうがまし。
結局、自殺するしか道は無いのか・・・。




ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
猫宮さんのブログが更新されて安心しました

焦らないでも将来に悲観的になることはないですよ。
私が思うに今までのブログ読み返して思いますが、スマートに軽く この辺りではないでしょうか
例えば明るく元気で誠実な人と評価されたとします、それは当然、求められることですよね。当然なことは当然で普通であるわけです

無難に普通に行動し一般的な規範を持って行動しうる人物ですよと言わずに現さずに面接にいかれては
緊張し喋れなかった これは緊張せず堂々としてたら変な感じにとられますよね。
普通に緊張し、答弁に窮したほうが普通であると思います。
アピールは社会人経験が豊富な普通の人で特出してはいないけど、普通に無難に仕事をしますよってことを考えてはどうでしょう。
面接でメモの是非。普通にはメモを見ながら話す事柄ではない。
メモを見ながら話すことを尋ねられたら、普通の人はダメだとは言わないでしょう。
その程度のこと。メモが採否に左右するとは思えないですが。
面接では一般的ではないことは極力はしないほうがよいと思います。

不採用になった会社に理由を尋ねる。
無難な答えを述べ聞かせるでしょう、普通の人なら。
不採用の理由の質問や回答が慣例ならば、今後の参考になるかも知れませんけど、一般的ではないですから聞かれたら常識的範囲で回答するのではないでしょうか。
2013/06/16(日) 09:54 | URL | とある地方の失業者[ 編集]
こんにちは、
猫宮さんこんにちは、

書き込みありがとう、近況聞けてうれしいですよ、一生懸命がんばってるんですね、

以前ほら、「引きこもりです」って話してたからさ~、大丈夫かな~って、すごく心配してたんです、でもそういうチャレンジ、続けているのであれば、全然いいじゃないですか、なにもしないっていうのと、うまくいかないけどなにかしてるってのとは、比べようもない「差」ってのがあるんだしさ、


ちょっと思ったんですけど、俺も若いころ、「敏感関係妄想」ってな心の問題を持っててさ、そして就職となったときに、最初からそういう問題を持ってるっていうことを志望先に伝えたうえで面接に臨んでいたんです、

最初から「相手は自分をもう知ってる」って思えると、緊張も全然なくて、自分のやりたいこととか、働きたい意欲とかを堂々としゃべることが出来て、自分のプレゼンっていう点ですごいプラスになってましたよ、

もしそういうことをもうやってらっしゃるのであれば、「もうそれはやってるんだってば!」みたいでくどいコメントになっちゃうからほんと申し訳ないんですけど、

俺は、自分を隠そうとするから、余計に緊張が走っちゃうんじゃないかな、それじゃだめだって思って、最初から「俺は心の問題をもってます」そして「でも!」って続けて自分の意欲をはっきりしゃべってました、

ま、バブルのころだったからね、今とは全然違うんだろうけど、その姿勢の誠実さを買われて、面接で落ちたことは一度もなかったです

「がんばって」っていう言葉、禁句なのはよく知ってるんだけどでも、ほんと応援してるさ、そして「したい」しね、

SEで職が見つけられればそれが一番だけど、でも、いまは職種は選ばないほうがいいかなって思うな、

俺もそんなんだったからさ~、ほんとは大学いきたかったけどあきらめた、そして事務職、出来れば公務員やりたかったけどそれもあきらめた、

今は建築関係の現場労働、夏は暑くてへとへとになって汗をながす、冬は寒くてこごえながら無理やり疲れた体を動かす、そんな仕事をしてます、でももう20年以上この仕事をやってるんですよ、「これが俺の分だ」って思いながらね

応援してますよ、マジでね。

携帯こわれちゃっててね、新しいの買わないといけないんだ、今週ドコモショップいってくるから、美人のおねーちゃんいる店をさがしてくるからww

また、電話しましょうね^^

「皆辛い」んだしさ、そして俺達は聞きたい、支えたい、励ましたい、そういう「隊」なんだから

一人だけで自分にふたをしないで、いっぱい話してほしいです、話すだけだって、すごい自分の「気」って、楽になるものでもあるからね

2013/06/16(日) 09:55 | URL | あどん[ 編集]
私もプレゼントとか苦手なタイプです。
しかしながら、一応自営業しています。
そのコツは、始めから「すみません。ちょっと緊張しています。」と言ってしまう事です。
そういえば意外と、緊張がほぐれて、普通に面接ができるようになるかと思います。
猫宮さんはSEだったんだから、プレゼントとかもしていたはず。
だから、根はできる人なんだと思います。
悲観的になって、できる自分を抑え込まないように注意しよう。
そうすれば、猫宮さんならばきっとうまくいくと思います。
2013/06/16(日) 19:25 | URL | インドリ[ 編集]
死ぬのはもったいないのでは
こんばんは

私の記憶が確かならば…

かなり前の交通事故(思い出したくないかもしれないですが)で、猫さんは相手に対して即座に必要充分なに主張をされたくだりが載っていたと思います

「あなたが突っ込んできたのでしょう!?」
という、しごく当たり前な一言を、とても、タイミングよく主張することができたのだ、と私の印象に残っています

たぶん、ですが、面接程度のコミュであれば、猫さんなら、十分できると思うのですが、いかがでしょうか…汗

交通事故の交渉よりは、面接は即、ガツンとした被害は出ませんから…そのぶん、落ち着いて対応できるのではと思うのです

企業はキレやすい人間よりも、猫宮さんのようにおっとりした人材を欲していると思います(使いやすい、トラブルを起こさないという、会社の都合でもあるのですが…)

猫さんを欲しい!という会社はきっとあります
気長にいきましょう

それに、自殺する必要はありませんよ~
日本は、福祉がしっかりしていますから!
いざとなったら、弁護士か司法書士を伴って、福祉に生活保護の申請に行けばいいだけのことですよ

「決して、決して、決して、あきらめるな」と、チャーチルも言っております…汗

ご自愛ください~

KAZU
2013/06/17(月) 00:32 | URL | KAZU[ 編集]
生活保護を受けるには家を売らなければならない、との説は根強いようですが、居住している家の売却は法定要件ではありません。

むしろ、局長あて通知(法律ではないが行政機関の指針)でも、居住用住居は原則は保有です。

ただし、ただし書きで、生活に必要な広さを超えて広いような場合には間貸しなどで活用し、処分価格の方が著しく高価な場合には処分させる、となっています。

最低限の生活に必要な広さ・価値であれば、本人名義の家を保有できるわけです。あくまでも、保有が原則、売却が例外です。

(居住用でない土地は難しいです。田畑は地域の平均的面積以内でかつ収入増加に著しく役立つ場合のみ所有可能、自給用の場合はその地域の低所得者の所有面積以内で収入増加に著しく役立つ場合のみの所有になります。
が、これも名義がお母さまであれば、ちょと下に書く世帯分離の方法でクリアできるかもしれません。ちょっと下をご参照のこと。)

窓口では、無条件に家を売らなければならないとほのめかす職員がいるかもしれません。受給者を減らすためのただの言い訳です。仮に内規があったとしても(居住している家を必要的に売らせる、という内規はさすがにないと思いますが。訴訟になるとおそらく役所が負けますから。)、それは行政機関内部の規範であって国民に対して効力は持ちません。

それに、猫宮さんの場合は不動産はご自身ではなくお母様の名義ですよね。
猫宮さんが御実家を出て、アパートを借り、一人暮らしをして世帯を分離するという方法もあります。
お母様の年金収入がある、という問題もなくなりますので、この方が生活保護は受けやすいかもしれません。

(生活保護は世帯で計算します。お母様の年金も収入に数えられます。これは前述の役所の局長への通知で決まっています。)

窓口は、根拠をはっきり示さずに追い返すのが仕事ですから、根拠が出てこない限り、言われることには惑わされずに、障害者であることや求職を頑張っているのに仕事が見つからないことをきちんと示し、必ず保護してもらえるはずであることを主張するのも手だと思いますよ。
見くびられないことです。引き下がったら、それでよしとされてしまいます。

それから、特に地方の役所は法律をよく知らないことも結構あります。
(そんなことでは日々の業務で困るはずだ、と思われるかも知れませんが、基本的に訴訟や法定の不服申し立てで争われない限り、間違った行政行為でもそのまま通用します。そういう法の仕組みになっているのです。)

そんなことに負けている場合ではないですよね。
本当に困窮していれば必ず保護されます。

貯蓄はかなり減らさないといけませんが、現金の所持をゼロにしろというのはできません。

特に生活保護を強くお勧めするわけではありませんが、自殺するよりは、まだまだ追究する価値がありますよ。
知らないために死んだ、やり尽くさなかったために死んだ・・・なんて、むなしすぎませんか。
2013/06/17(月) 03:47 | URL | 生活保護のこと[ 編集]
矛盾解消!!
猫宮様、お久しぶりです!ho8770です!

非常にお辛い中、凄く良く努力されているお姿に涙が出る思いです。

さて、私から見ると、あなた様は非常に大きな矛盾をかかえておられます。

それは、「障害者認定+入院を必要な重いうつ病」にもかかわらず、
「健康な方でもシンドイ一般求人に採用される事を強く望んでいる」事です。

「お金が無くなって生活出来なくなる!」と「一生就職出来ないのでは?!!」
という猛烈な「恐怖・不安に」に耐えられず、物凄く無理をされている
様にお見受けしております。

もちろん私でも、同じ行動を取るかも知れません。

でも、矛盾の解消が現状打破には不可欠と思います。

まず、例えば2ヶ月とか譲歩出来る期限を決めて、うつ病を
「就労可能な状態まで回復させる」為に全力で治療に専念する。

主治医に、「うつ病を回復させる為なら何でもします!!!」と相談し、あらゆる手段を使って治療する。

その後は、自分が障害者認定されている事は、必要時意外忘れる。
「自分は健康だ!」と言うスタンスで就活されて下さい。

あと、せめて「危険物乙4」とか「フォークリフト」等の資格取得は、
現状打破の大きな武器になります。

長い失業期間、絶え間無く再就職の為に努力していた事の「強烈な証拠」に
なりますので。

どうか、くれぐれもご自愛下さい。

ho8770
2013/06/17(月) 21:20 | URL | ho8770[ 編集]
 ごぶさたしています、

猫さんの日記を見て思った感想ですが、
もっと気楽に考えた方が良いと思います。

ことしで40歳に自分はなるのですが、先日で戻っていた会社を契約満了で退社しました。

現在は仕事してませんけど、40歳超えたあとこの仕事でやっていきたいかと思うと、100%やりたくない!思ったため退職しました。

家族の生活費のことなど色々ありますけど、自分に嘘ついてまで生きるのはつらいので,後悔はしていません(幸い猫さんと同じ母と同居独身です)


猫さんの日記を見て自分も同じ状況なら、もっと違う方法考えますよ, 何件面接受けても駄目なら自分の進むべき方向じゃないんだと割り切りますよ。

たしかに会社で働くことだけを選択肢にしてるだけだと、精神的にもつらいと思います。


資金があれば投資して働かず食って行くとか
好きなことがあれば好きなことだけ選んでいくとか
自分のやりたいことの邪魔になる物であれば、未練があっても捨てて、身軽にするとか。


猫さんの目の前に広がる世界は、就職とお母さんだけですか?


自分の出来ないことは素直に受け入れ、ちょっとでも出来ることを積み上げて行くことが、行きて行くことで一番大事なことと思います。
(猫さんの場合アレもこれも、選択しようとして収拾がつかない状況になってるように感じます)



あと自分で自分を縛りつける考えは捨てた方が良いですよ。
2013/06/19(水) 09:21 | URL | [ 編集]
はじめまして
私も心を病んで現在障がい者雇用で働いています。
全てではありませんが、過去の日記も読ませていただき、なんと過酷な日々を過ごされてきたのかと胸詰まる想いです。
さて、就職の事ですが、ハローワークだけでなく、各県に必ずある障がい者職業センターや就労支援団体、デイケアなど、できるだけ多くの支援機関を頼る事をお勧めします。
知人で同じように心を病み、40代前半をほぼ引きこもりで過ごした後、これら支援機関の助けで訓練を重ねて、就職できた方がいます。
今の猫宮さんは、閉塞回路をグルグルと回って、心身を消耗されているだけのように感じます。それらを打開するには、ご自身の努力だけではもはや厳しいです。他者を頼る事は恥ではありませんよ。
早く今の状況から脱することができますように。
2013/06/20(木) 07:56 | URL | 大宮[ 編集]
ご参考
前にもお勧めしましたが、この記事をバックナンバーも含めて全部見て下さい。
辛いのは貴方だけではないですよ。
メールアドレスも書いてあるので、寄稿されているジャーナリストの方に相談されてみては?
とにかく、堂々巡りしているだけでは何も好転しませんよ。
http://diamond.jp/articles/-/37666
2013/06/20(木) 10:52 | URL | 泣きたい[ 編集]
初めまして
知り合いから本サイトを紹介されました。

精神障害でお悩みとの事、心情察するには私の経験不足により至らず、無念な限りです。

ただ、面接に関して思うところが御座います。
猫宮さんは49歳との事で、すでにその時点で相当ハンデがあるのはご認識されているかと存じます。
まずは「受かって御の字」の精神で、一度一度の面接に気を張り詰めすぎない事が良いかと思います。

そして、緊張により我を忘れてしまうとの事ですがそこまで緊張して面接の本来の目的を
見失っていないでしょうか?
型にはまったキッチリとした自己PRもそれは当然できれば越したことは御座いません。
しかし、面接で必要なことはなんでしょうか?

暗記なんて二の次ですよ。
丸暗記した内容を機械のように発声するだけで、相手に何が伝わるでしょうか。
キッチリとした自己PRができないなら、できないと割り切って本当に必要な事を相手に伝える事に主眼を置くべきではないでしょうか。

自分も相手も何を言ってるかわからないような自己PRになるよりは、自分なりの言い方で親しい人に話すような普段の会話の感じで「自分が何をできるのか」「これまでどのように貢献してきて、それをこれからどう活かすか」を相手に伝える事の方が良いでしょう。
タメ口じゃなければ、最低限の敬語でもそこまで減点にはならないと私は考えます。

今一度「面接で必要な事とは何か」を、世間一般でなく、自分にとってどうあるべきかで考えて見ては如何でしょうか。

それでは、ご健闘をお祈りしております。
2013/06/20(木) 20:42 | URL | 訪問者[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/20(木) 22:28 | | [ 編集]
就職活動お疲れ様です。

今回は、少し厳しい書き込みになってしまい、申し訳ありせん。自分もうつ病患者として、思うところを伝えたくなりした。

・就職する目的
お母さんを安心させることが目標なのは、猫宮さんらしいことだと思います。ただ、内定を得ることだけが安心させるキッカケではないように思えます。猫宮さんが幸せそうなら、それが1番なのではないでしょうか。

・他人に勝つことにこだわらない
企業が求める労働力と猫宮さんとの間に大きなギャップがある場合があります。受験勉強みたいに勝ち負けにこだわらず、自分が無理なく勤められそうな雇用を探すことができれば、猫宮さん自身のゴールだと思います。
2013/06/30(日) 19:38 | URL | ちゃっぷい[ 編集]
猫さんへ
 7月21日に参院選がありますけど,
出口調査のバイトとかどうです?時給も良いし
短期のバイトなんで気分転換には良いと思いますよ。

人と接するのに臆病になってる猫さんにはしんどいかもしれませんけど,選挙に携わる意味から社会ともう一度接する事によって、働く意義とかを見つめ直す機会があるかもしれませんよ,

以前自分も人と接するのが苦手になったとき、
思い切ってバイトをしてみたら社会に自分が存在する意義を思い出しましたし、それをきっかけに精神的に何か変わったのか,直後、とある会社の面接で好印象を与え、内定を貰ったりもしましたよ。

いま自分また無職ですけど,またやりたいと思うんで申し込もうと考えてみたりしてます。

どうです?猫さんも一緒にやってみたらどうです?
2013/07/02(火) 15:54 | URL | [ 編集]
こんばんは。
タクシー運転手なんかどうですか?
2013/07/06(土) 23:07 | URL | おにぎり[ 編集]
お疲れ様です
こんばんは、KAZUです

いましがた帰宅しました

最近はいかがお過ごしなのでしょうか??

私のほうは、いまだに介護しています
やっと、1年半が経ちました
3か月前に部署が変わるまでは、パワハラ三昧の上司の下でした
彼の叱責はシステム会社の退職勧奨レベルでしたが、無視して働き続けてきました
今の会社のほうが、システム会社より給与がよく、しかも、通勤は30分ですから…辞めたくない一心でした
その勘違い上司も先週退職し、今は鼻歌歌いながら、楽しく仕事しています

ただ、不思議なのは、楽しく仕事できるようになってから、時間の流れがひどく遅く感じるようになったことです
ここ3カ月が半年くらいに感じますが…

システム業界が使い捨てだと気づき、介護に転向しましたが
正しかったかどうかは微妙です
嫌なこともありますし
システム会社時代には、介護から転職してきた人もいましたが
今後はどうなることやら

とりとめないことを書きましてすみません

ご自愛ください

KAZU
2013/07/07(日) 00:29 | URL | KAZU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/1125-191ba7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。