~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かずさんからのコメントの全文

名前:かず
タイトル:ありがとう
********************
かずです。


猫宮さん、ここにいる皆さんに迷惑かけてしまってすいませんでした。


僕はあのあと、先生と悩みについて相談し、いまは立ち直れました。


それだけでなく、ここにいる皆さんに助けられたのも大きいと思います。


助けてくれてありがとうございました


僕は、これから前向きに生きていこうと思います。


だけど、いつ落ち込んでしまうのかわからないので、

そのときは、またコメントとかします。
********************





かずさん
猫宮です。
コメント、ありがとうございます!

良かった!
本当に良かった!
かずさんは、本当にすごいですよ!
立ち直って、前向きに生きていく決心をすることが出来たのは、かずさんの心の中に真の強さがあるからだと思います。
その真の強さを持っていることに自信を持ってください。
しかも、かずさんは、心の痛みを知っていて、真面目で優しい、良い人です。
これからは、顔を上げて、胸を張ってくださいね。
もしも、また、落ち込んでしまうことがあったら、遠慮無く、いつでも、ここに来てください。
あっ、落ち込んでなくても(笑)、いつでも来てくださいね!
お互い、しぶとく、生きていきましょう。

猫宮しろいち







ランキングに参加しています。
励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
焦らないでくださいね
>かずさん

まずは、危機を脱出できたようでなによりです…
かずさんくらいの年齢って、けっこう危機的な時期なので…
あまり思いつめないことが肝心です

そもそも、ネット上にもかかわらず、迷惑をかけたと考え、真摯にコメントするかずさんなら、きっと社会に出ても大丈夫だと思います
たぶん、ですが、リアルでも周囲に信頼されやすい方だと思います
きっと、周りの方にも印象が良い刀のではと思うのですが…
私も、迷惑掛けまくって生きてますので…
困った時はお互い様ですよ

生きていると、新たな発見がけっこうあるものです…
たぶん、かずさんは今現在、社会に対して力を行使できないことにはがゆさを感じているのではないかとも思います…真面目すぎるんです
学生というのは、生きているというより、親に生かされているようなもので…
なので、自身の存在が、ふわふわしている気がしているのではないかと推察するのです
つまりは、一刻も早く社会に出て活躍しなければ、という焦りがあるのでは?と思うのです
その焦りが、自殺願望に結びついている気がします
焦らないでくださいね

今は、学生なので勉強に遊びに、気のおもむくままにアンテナを広げてください
時間の許す限り、いろいろなことを試してみてください
自身をいかにして癒すかを研究してもよいと思います
合法的なことなら、なんでもやってみて良いと思います(過度のアルコールなんかは避けてくださいね)
それらの経験は、将来仕事を進めていく上で、直接的、間接的に必ず役に立ちます
仕事に就いた後でも、かずさんと意気投合する仲間が必ず見つかります

社会に出てからが、いろいろ楽しくなるのだと思います
心配しないでください
給与ももらえますし^^;

かずさんなら、実社会でも、居場所は必ず見つかります
ともに、社会を良くしていきましょう
かずさんの、今後のご活躍を、心より期待しています


KAZU
2012/04/16(月) 01:15 | URL | KAZU[ 編集]
30歳、ろくに経験なし。
まわりの幸せそうな就職状況聞いてると羨ましさで気が狂いそうですね。大手のメーカーに勤めたかった…。自分が卒業した次の年から売り手市場、最悪の年に卒業ですよ。しかも、自分の誕生日は究極の早生まれ。一日遅く生まれてれば人生変わったのに…。子供の頃から運動も全然出来ない、当然ですよね、まわりと一才違うようなもんなんですから。こんなあほな誕生日に生んだ親を恨みます。結局いくら努力しても人間生まれたときから決まったスペック以上の結果は得られない。そろそろお先に失礼しますね。

2012/04/17(火) 23:31 | URL | [ 編集]
本の紹介です
久しぶりに来ました。
ウツを克服しようとされている管理人さんと、このブログを訪れる方々に、読んでみて欲しい本を2冊紹介します。
1冊目は、「幽霊人命救助隊 (文春文庫)」  高野和明 著
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%BD%E9%9C%8A%E4%BA%BA%E5%91%BD%E6%95%91%E5%8A%A9%E9%9A%8A-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%AB%98%E9%87%8E-%E5%92%8C%E6%98%8E/dp/4167717263
あらすじは、リンク先で見てもらうとして、4人の幽霊は自ら自己を破壊しようとする者 つまり自殺志願者を助けまくります。  助ける相手は、重度うつ病にかかった人たち、いじめと両親の離婚のダブルパンチの小学生、障害を持って生まれてきてしまった子を育てる母、境界性人格障害の女性、借金苦の男性、そして幽霊人命救助隊員の肉親。 作者は意図してコミカルに物語を進めますが、重要か啓示を読者に与えます。 例えば「命を弄ぶのは、恐ろしいこと」 死を選択した結果が、無事助かるか死ぬかの二つではないということです。 生と死の間には膨大な中間が存在するということです。 笑いと涙で、この本を読み終えた時、生についてもう一度考えると思います。
もう1冊は、「平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学」 M.スコット ペック 著
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794218451/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4794207417&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0AXVF87B64QVJ3C2BWXG
猫宮さんは、ウツを患った原因は、全て自分に有ると思いますか? 私にはそうは思いません。 この本の中で指摘している邪悪な人間の犠牲者のような気がするのです。 邪悪な人間とは「自分自身の病める自我の統合性を防衛し保持するために、他人の精神的成長を破壊する力を振るう者」です。 そして、邪悪な人間はそこら中にいます。 作者は邪悪な人間からは逃げろと言ってますが、現実には、なかなか難しいです。 この本を読んで猫宮さんが、思い当たることがあれば、猫宮さんは被害者であり、なんら卑屈になる事などないのです。 この本が、これからの猫宮さんの人生が、少しでも生きやすくなる参考書になれば幸いです。
では、また
2012/04/20(金) 00:45 | URL | まー[ 編集]
はじめましてブログを拝見させて、頂きました。
自分も前職である人物のみに、いじめられて職安へ相談したところ、いじめを受けているということで不当解雇を受けてしまいましたが、幸い自分の性格も怪我の功名と言いますか、いじめた奴を見返すのが簡単そうだから新しい会社に入り、幸せになってやる復讐方法が一番だと懐いました。幸い自分の性格は平均的にうまくやっていける自身はありますが、また俺が意地悪する奴より目立つという理由で意地悪する奴がでてきたらと思うと、不安でたまりませんが今回の経験があるのでまだ、うまくやっていける気がします。自分の場合はいじめられた人間が1人だけという状況だったので傷は浅かったのかも知れません。上司(管理職以上)にも報告をして重たい空気を残して、いじめた奴が皆に嫌われる様に仕組み辞めました。次は人並みに暮らして幸せになってやるつもりです。
2012/04/21(土) 17:00 | URL | 康[ 編集]
俺のホームページ

http://x107.peps.jp/akajimaw

残念ですがあなたをブラックリストに入れました。

いますぐ閉鎖してください。

閉鎖できない場合は炎上します。
2012/04/22(日) 16:53 | URL | 赤島[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/1046-51aa8850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。