~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4年目を迎える<ワールド・ハピネス2011>が、8月7日(日)東京新木場・夢の島陸上競技場で開催されました。



YMOファンである私ですが、観に行く気力もお金もありません・・・。
それでも、毎年、楽しみにしています。





YMOは、『NO NUKES MORE TREES』と書かれた大きな旗を持ってステージに上がったそうです。
揃いの黒い衣装にも同様の文字。
『反核/森林保護』。




YMOからの強烈なメッセージが発信され、静かに始まった1曲目。
公演前から話題になっていた新曲「Fire Bird」。


同フェスのシンボル『火の鳥』をモチーフに、坂本龍一と高橋幸宏が共作した『復興への道』をテーマにした鎮魂曲だそうです。
権藤知彦の吹く印象的なユーフォニウムの旋律の下に、ボレロを基調にしたリズムが遠くからこちらに近づいて来る壮大なシンフォニー。





教授とユキヒロの「共作」といえば、私は、真っ先に、
『テクノデリック』のA面ラストの「灯(あかり)~Light in Darkness」を思い出してしまいます。
この「灯(あかり)~Light in Darkness」は奇跡の傑作です。

そして、今回も。





私は、繰り返し聴いています。
優しく、かつ、力強い、素晴らしい曲だと思います。
YMOファンでいて良かった!!!
(生きていて、YMOの素晴らしい新曲を聴くことができて良かった。)





ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/tb.php/1004-0f1d3337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。