~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。




営業職への応募も数を増やしているので、営業の面接が増えてきています。
(SE職への応募も続けているのですが、依然として書類審査で落とされてしまっています。残念無念・・・。しかし、それが私の実力。それが私の存在価値。)

営業職の面接のなんと難しいことか!!!
とにかく、話が噛み合わないのです。



ほんの一例として、今日の朝9:00からの営業職の面接の様子をお伝えします。
応接室に通されて、試験官とお互いに挨拶して名前を名乗りました。
試験官はひとりで、珍しく女性。
猫宮「本日は面接の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。」
試験官「あなた、顔、怖いんですけれど。」
猫宮「えっ!?申し訳ございません。
  自分では微笑んでいるつもりなのですが、きっと、緊張している
  せいだと思います。」
試験官「あなたの顔、笑顔でも怖いと思う。」
猫宮「そんなことはありません。知人からは優しい顔と言われます。」
試験官「面接くらいで緊張していたら、飛び込み営業は無理ね。」
猫宮「そんなことはありません。克服するように努力します。
   それに、場数を踏めば、必ず、緊張せずに、いつも笑顔でいられる
   ようになると確信しています。」
試験官「口では何とでも言えるわね。あなたの顔、本当に、怖いわ。」
猫宮「・・・」
この後、私の自己紹介や職歴の紹介や志望動機の説明などを行いました。
試験からの質問の時間になりました。
試験官「あなたがお客様企業に飛び込み営業で行って、
    相手の担当者が女性で、その担当者から
    『顔、怖いから、帰ってください。』
    と言われたらどうしますか?」
猫宮「『中身は全然怖くなんかないですよ~。
    今日は、どうか話だけでも聴いていただけませんか?』
   と答えます。」
試験官「女性は、第1印象だけで全て決めてしまいます。
    その後で、あなたが何をいいわけしても無駄です。」
猫宮「・・・」

その他の質問も、ほとんどダメでした。

ああ、営業職の、なんという難しさ・・・。





しかし、私には、悩み苦しみ落ち込んでいる暇はない。
さっ、次へ。





猫宮しろいち



ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。