~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。



悪意の人は、ここに来ないでください。



私の失業手当は、後、1週間で終わりです。

以前、このblogで、どうにもならないさんと善意の皆様に対して、
自殺はしないことを約束しました。
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-998.html

しかし、今、どうにもならないさんは、ご家族と明るく元気に生きていらっしゃって、
もう、あの約束は時効かな、と思っています。

毎日、履歴書を書いています。
求人に、応募しても、応募しても、応募しても、全然ダメです。
高望みはしていません。
今、時給700円のパートやアルバイトを重点的に応募しているのですが、それでもダメです。

今、失業手当の範囲内でなんとか暮らしていますが、
失業手当が無くなれば、貯金を切り崩して生きていくしかありません。
つまり、
私が早く死ねば、かあちゃんに多くのお金を残すことができるけれど、
私がずるずると生きていれば、かあちゃんに残せるお金は減っていってしまう。

自殺したい。
2重に準備を整え終えています。
『完全自殺マニュアル』の一番最初に紹介されていた薬を、致死量の10倍用意してあります。
首をつる場所とロープも用意してあります。
自殺したい。
自殺するしかない。







私の自宅の近所に、「ちよ」という名前のお婆さんがいます。
雌ねことふたり暮らしです。
この雌ねこは、元気が良くて、人懐っこくて、広い行動範囲を誇っています。
黒キジトラねこです。お腹は白です。
この雌ねこは、近所のひとに会うと、「にゃ」と挨拶します。
なので、近所の人気者です。
しかし、誰も、名前を知らない・・・。
誰が言い出したのか、
「ちよ」婆さんのねこだから、「ちーちゃん」というでいい名前だろう(笑)、
というのが定着しました。
近所の皆は、そのねこを「ちーちゃん」と呼んでいます。

しろちゃんが死んでから、私は、猫に触れたことはありませんでした。

今日、びっくりしました!
なんと、ちーちゃんが、我が家の茶の間の炬燵でくつろいでいるのです!
私は、おそるおそる近づいて、ちーちゃんの背中を撫でました。
ちーちゃんは、気持ちよさそうな表情で、立ち上がって、
自殺することしか考えていない私に頭突きして、
身体を摺り寄せて、白いお腹を上にしてひっくりかえりました。
私がお腹を撫でるを、ゴロゴロと喉を鳴らし始めました。
私は、思い切って、ちーちゃんを抱きかかえ、むにゅむにゅ(お腹に頬擦りすること)
しました。
ちーちゃんは、しばらく、ゴロゴロと喉を鳴らし続けましたが、
だんだん飽きてきた(笑)ようで、もがき始めました。
ちーちゃんを放すと、庭に駆けていきました。

ちーちゃん。ありがとう。
生きる資格も無い、こんな私に、灯(あかり)(Light in Darkness)をくれて。
本当に、ありがとう!






猫宮しろいち



ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。