~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。





ho8770さんも、774さんも、自作PC派とのこと、嬉しいなあ!

私は、昔は、ノートPC至上主義者だったのですが、
ある日、天の啓示を受けて(笑)、
突然、自作派に転向しました。
自分の好きなパーツを集めて、自分だけのPCを作る。
こんな素敵なことがあろうか!いや無い!(反語)

(いつの日か、ノートPCも自作できるようになればいいなあ。)



今日も、我が自作PC、愛機"Yukikaze"で、Windows 8 の評価版をいじくっています。



今日は、痛い目に遭いました。

なぜか、ふと(笑)、
「Windows Server 2012 Release Candidate も、"Yukikaze"に入れて、
Windows 8 とのデュアルブート(マルチブート)環境を構築しよう!」
と思い立ちました。



一般的に言って、
デュアルブート(マルチブート)環境を構築するには、
古いOSを先に入れて、新しいOSを後から入れなければ、
ブートセレクト画面(どちらのOSを起動するか選択する画面)が
出てくれないことが多い、
ということは理解しています。

Windows 8 Release Preview と Windows Server 2012 Release Candidate は、
同時(昨日(2012/6/1))に公開されたので、
Windows Server 2012 Release Candidate を後から入れても大丈夫だと
信じて疑いませんでした。
(せっかく、昨日、"Yukikaze"に Windows 8 Release Preview を入れて、アプリも入れたし。)

しかし、今朝、"Yukikaze"の別ドライブに、Windows Server 2012 Release Candidate
を入れてみて、びっくりぎょうてん!
"Yukikaze"の電源を入れて、デュアルブート(マルチブート)のブートセレクト画面が
出てこなくて、
黙って、Windows Server 2012 Release Candidate が起動してしまう!!!

ひどいよ、Windows Server 2012 Release Candidate!

Windows 8 Release Preview のDVDで、何とか、デュアルブート(マルチブート)環境を
構築しようとしたのですが、私の知識では出来ませんでした。

なので、仕方無く、
もう一度、Windows 8 Release Preview を入れ直しました。

そうしたら、ちゃんと、ブートセレクト画面が出てきて、
Windows 8 Release Preview と Windows Server 2012 Release Candidate のどちらを
起動するか、を選択できるようになりました。



ひとつのPCに、
Windows 8 と Windows Server 2012 のデュアルブート(マルチブート)環境を作ろう、
などと思う人は、私以外にはいないとは思いますが、もしも、いらっしゃったら、
必ず、
Windows Server 2012 Release Candidate を先にインストールして、
次に、
Windows 8 Release Preview をインストールするようにしてください。







ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。