~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。





今日は、愉快な記事を紹介します。

世の中には沢山のプログラミング言語があります。
その中で、ほんの一握りのプログラミング言語だけが普及して、その他は消えてゆく・・・。
この差は何なのか。

この記事の出だしを引用します。
===============================================================
一握りのプログラミング言語が大きな成功を収めるいっぽうで、他の言語のほとんどが消えていってしまうのはなぜだろうか。

プリンストン大学とカリフォルニア大学バークレー校の研究者が協力し、大量のデータを用いて、この現代のミステリー解明に取り組んでいる。
彼らは、言語の行き届いたドキュメンテーションや、平均的なプログラマーの新たな言語に対する学習の傾向や時間、学術研究分野での実用性を欠いた言語の開発傾向などに、この謎を解く鍵があると考えている。

しかし、タミール・カーソンという人物の答えはまったく違ったものだ。彼の考えでは、大事なものは「あご髭」だという。
===============================================================



なるほど!!!



私が一番得意なプログラミング言語 C# の開発者である
アンダース・ヘルスバーグ(Anders Hejlsberg)先生
は、あごひげどころか、くちひげも無い!!!
だめだ、こりゃ(笑)。
C#の開発者 アンダース・ヘルスバーグ
アンダース・ヘルスバーグ先生、今からでも、遅くない!
立派なあごひげを生やしてください!
Javaを打ち負かせてください!



私が最も尊敬している言語は、SmallTalkです。
(「小学生の子供にも簡単にプログラミングできる」ことを目指した偉大が言語です。)
開発者のアラン・ケイ(Alan Kay)先生
は、くちひげはあるが、あごひげは無い。
SmallTalkの開発者アラン・ケイ
アンダース・ヘルスバーグ先生、今からでも、遅くない!
立派なあごひげを生やしてください!
もっと、メジャーになってください!


う~~~ん、なるほど(笑)。




これが紹介するニュースです。ぜひ、ご覧下さい。
#####################################################################
WIRED.jp
珍説「あご髭がプログラミング言語成功の鍵」:髭ギャラリー
http://wired.jp/2012/06/20/beard-gallery/1/

#####################################################################




p.s.
インドリさん。
コメントください(笑)。




猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
明日(6月13日(水))は Microsoft の月例アップデート(セキュリティパッチ提供)の日です。
(毎月第2火曜日の次の日。)

危険度が最悪の「緊急」は3件
危険度が2番目の「重要」は4件

詳細情報:
http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms12-jun

明日(6月13日(水))、
XP(Service Pack 3)の人は、Microsoft Update、
Vistaや7や8(評価版)の人は、Windows Update
を必ず実行してください。

もちろん、Windows Server でも必ず実行してください。

(注: Windows XP Service Pack 2 の人は、先ず最初に、Service Pack 3 をインストールしてください。
Windows XP Service Pack 2 は、既に、サポートが打ち切られているため、Microsoft Update の対象外となっているからです。Windows XP Service Pack 3 なら、従来通り、Microsoft Update でセキュリティパッチを適用することができます。)

(注: Windows 2000 や Windows Me や Windows 9x の人は、既に、サポートが打ち切られているので、セキュリティパッチが提供されません。従って、絶対に、Internetに接続してはいけません!厳密に言うと、Internetに接続されたLANに接続してはいけません!大至急、Windows 7 に移行してください。)



いつも書いて恐縮ですが、セキュリティの強化意識は、ウイルスなどから自分を守るためだけではありません。
自分が、ウイルスに感染すると、
自分が、他の人に感染を広げていくので、自分が加害者になるのです。
それは、とても恥ずべきことです。
くれぐれも、必ず、Windows Update を実行してください。
もちろん、アンチウイルスソフト
例:
Windowsの場合 : Microsoft Security Essentials (←私のお勧めです!)
Macの場合 : Sophos Anti-Virus for Mac (←私のお勧めです!)
など
も当然必須です。
くれぐれもご注意ください。







ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ
なんでもいいでのお名前(ニックネーム)を書いてくださいね。
「」さんと呼ばせていただきます。



「」さんのコメントの全文
------------------------------------------------------------------
わたしは今PCやITの技術が全くない無職の30代の男です。
昔JAVAを少しやり、難しいので途中で諦めましたが、最近またこうした技術を扱う人に対し憬れの気持ちが出てきて、勉強してみようかと思ってます。
①いまから1から覚えるのは遅い
②動機が曖昧で、かつ30歳を越えて1から始めるのは無意味、
だと自分では思うのですが、どうでしょうか。
猫宮さんの意見をお聞きできれば嬉しいです。
------------------------------------------------------------------



ズバリ、結論から申し上げます。
30代だったら、全然大丈夫!
(私のように、48歳だったら全然ダメ・・・(号泣)。)
Javaを勉強して、自信を持って、ソフトハウスの求人に応募してください。

Javaに目をつけるとは、「」さんは筋が良い!
私の経験では、ハローワークでのソフトハウスの求人の条件欄は、
50%以上が「Javaの開発経験があること」です。
2番目が VB.NET、
3番目が PHP、
4番目が 私が愛するC#(涙)
といった感じです。

さて、問題の「条件」ですが、
「業務でのJavaの開発経験が1年以上あること」
と明記してある求人が多いのですが、
「業務経験は無くとも、Javaの開発が出来ること」
としている求人も少なくありません。
ただし、この求人には、『実績』が必要です。
『実績』とは、自分で作ったプログラムのデモが出来ることです。
履歴書には、このことを、明記する必要があります。
今時なので、データベースを使ったWebシステムであることが必須です。
「」さんは、ノートPCはお持ちでしょうか?
(もし、お持ちでなければ、「自分の将来への投資」と考えて購入してください。)
面接時に、ノートPCにJavaで開発した自作のWebシステムを入れて、
実際に、動く所を、面接官に見せるのです。
これでばっちり!

「30歳を越えて1から始めるのは無意味」
だなんてことは、全然ありません。
本を読むことです。
Java + Web + データベース
を解説した本は無数に出ています。
大きく分けて、
Windows Server上で構築することを解説した本と、
Linux上で構築することを解説した本とがあります。
この選択は、正直言って、難しい・・・。
ソフトハウスによって、
「Windows Server でいいよ」という会社と
「Linux 命!」という会社とがあるからです。
理想を言えば、両方の準備しておくことが一番ですが、
最初から両方は無理なので、最初は、Windows Server で良いと
思います。
Windows で、きちんと動いたら、Linux に移植すれば良いのです。

細かいことですが、Linux は、Red Hat クローンの Cent OS が良いと思います。
データベースは、「Oracle 命!」というソフトハウスがありますが、
個人では大変なので、自作するのに使うのは NySQL で十分だと思います。

「」さんのご健闘をお祈りします。



猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ



善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。





今日は、就職活動を一休みして、
また、Windows Server 2012 Release Candidate (RC版:最後の評価版)
をいじりまくっていました。
Windows Server 2012 Release Candidate の Hyper-V 3.0 (仮想マシン)
を、一日中、試行錯誤してみました。

前に書いた通り、Windows 8 には、引き続き"Yukikaze"と命名しましたが、
デュアルブート(マルチブート)の Windows Server 2012 には
"Crimson"と命名しました。

先ず、"Crimson"のHyper-Vの"scarlet"と命名した仮想マシンに。
Windows Server 2012 Release Candidate をインストールしてみました。
Microsft SQL Server 2012 Developer もインストールしてみました。
色々、SQL文で試してみまいしたが、OKです。(当たり前!(笑))



次に、"Crimson"のHyper-Vの"garnet"と命名した仮想マシンに、
LAMP環境一式をインストールしてみました。
Linuxは、CentOS 6.2。
しかし、
いきなり、CentOS 6.2 のインストールでつまづいてしまいました。

Hyper-Vでの設定
 BIOS: CDからブート
 メモリ:
  スタートアップRAM: 4096MB
  動的メモリ 最小RAM: 4096MB
  メモリの重み: 高
プロセッサ:
 仮想プロセッサの数: 4
IDEコントローラー0:
 ハードドライブ:
  xxxx.vhdx (可変:150GB)
IDEコントローラー1:
 DVD:
  イメージファイル:
   CentOS-6.2-x86_64-bin-DVD1.iso

Hyper-V への CentOS 6.2 のイントールの状況:
 (1) Hyper-Vで「起動」
 (2) CentOS の「Welecome to CentOS 6.2!」で、一番上の
   「Install or upgrage an esxitisting systen」でEnter
 (3) CentOS の「Disc Found」で「OK」を選択してメディアに異常が
   無いことを確認。
   再度、
   CentOS-6.2-x86_64-bin-DVD1.iso
   を挿入。
 (3) CentOSの「Media Detected」「Found local installation media」
   のメッセージが、一瞬、表示される。
 (4) CentOSから、以下のメッセージが出力されて、インストールできない。
   Running anaconda 13.21.149, th CentOS system installler - please wait.
   xx:xx:xx Starting graphical installation.
   Anaconda died after receiving signal 8.
   install exited abnormally [1/1]
   The system will be rebooted when you press Ctrl-C or Ctrl-Alt-Delete.
つまり、CentOSのインストーラーであるAnacondaが死んでしまうのです。
サッパリ訳がわからん!
GoogleやBingで調べてみたけれど、わからん!
結論から言うと、Hyper-Vの仮想プロセッサの数: 1
でなければならなかったのです。
そんなの知るか~~~!(笑)
なんと、過ぎざるは、及ばざるがごとし!(笑)
何度も、試行錯誤して、やっと、この結論に到達することができました。
これは、Winodws Server 2012 の Hyper-V 3.0 のバグですよね。

Hyper-Vの仮想プロセッサの数: 1
にして、やっと、CentOS 6.2 をインストールできました。

そこから後は順調。
Microsoft Linux Integration Services v3.3 for Hyper-V
も順調。
Apacheも順調。
MySQLも順調。
PHPも順調。
yum update も順調。



下の画面で、
ペンギンの子供と両親が背景になっているのが Windows Server 2012(scarlet)、
宇宙から見た地球が背景になっているのが CentOS 6.2(garnet)です。

画面をクリックしてください。大きい画像が表示されます。
Windows Server 2012 RC Hyper-V




猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます。
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。





6/1以降、この丸四日間、就職活動のことは全く忘れて(爆)、
開発中の新しいWindowsにに熱中しているドアホウな私です・・・。
ああ、自分が情けない・・・。
こんなこと、今直ぐ止めて、就職活動に100%専念しなければならないのに・・・。

今日は、Windows Server 2012 Release Candidate (最後の評価版) の環境を
構築しています。

今の時流では、サーバー機のホストOSは、
ゲストOSの仮想化システムだけの役割に留めて、
各種サーバー機能
(Webサーバーとか、データベースサーバーとか、ファイルサーバーとか)
は、それぞれ、ゲストOSに分散させます。

私は、貧乏で、PCが1台しかない(自作PCの愛機"Yukikaze")ので、
先日の記事通り、
Windows 8 Release Preview とのデュアルブート(マルチブート)しています。


日曜プログラミング(今、毎日が日曜日・・・(号泣))をする時は、
サーバーを起動させて、プログラミング三昧しています。



現時点、"Yukikaze"のデュアルブート(マルチブート)の
Windows 8 Release Preview には、各種設定と
私にとって必須のアプリのインストールをしています。
音楽無しでは生きられない私にとっての必須ソフト
Korg AudioGate
DAEMON Tools Lite
も、問題無くインストール出来てよかった!
心配していた ONKYO SE200PCI LTD も、認識してくれて良かった!

アプリはOK!
Hyper-V 3.0 をインストールしたところです。
Hyper-V 3.0 のゲストでLAMPサーバーでも構築してみようと思っています。




何の参考にもならないと思いますが(笑)、現時点での、
Windows Server 2012 Release Candidate のデスクトップ画面を紹介します。
画面をクリックすると大きな画面が表示されます。
大きな画面の右下を見よ!(笑)
「Windows Server 2012 Release Candidate Datacenter
評価コピー。Build 8400」
の文字!

Windows Server 2012 Release Candidate
画面をクリックしてください。




猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
生きる励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。