~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の月曜日(8月2日)、かあちゃんがお昼前後の数時間の記憶を失ってしまうという病気を発病しました。
お昼ご飯を食べたかどうか(実際には食べているのですが)も全く覚えていません。
その数時間のことが全く何一つ思い出せないのです。

当地で一番大きな総合病院に母を連れていって、調べていただきました。
医師の診断結果は、『一過性全健忘(TGA)』というものだということでした。

幸いにも、
「あくまで、一過性のもので、脳の病気とは一切関係無く、再発することもほとんどありえない。」
とのことでした。

発生した原因は、
「現時点の医学でもはっきり分かってはいないが、強いストレスが関係すると言われている。」
とのことでした。



強いストレス・・・。
2010/07/31(土)
生きるのに適さない個体は、自殺するしかない
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-847.html

で書いたように、
私が、かあちゃんに、
「オレは、1年以内に、自殺する。」
と宣言したことだと思います。



一過性全健忘(TGA)
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/index.html?sc=ST020390&dn=2








総合病院で、念のため、かあちゃんの脳のMRI検査もしていただきました。
結果は、
「年齢(69歳)の割に、『隠れ脳梗塞』(微小な脳梗塞)が進行している。
今の段階なら、生活習慣(食事や運動など)を見直せば、脳梗塞まで進むことを防ぐことができる。
11月ごろに、MRI検査をして、進行状況を調べるので、また来るように。」
とのことでした。
かあちゃんは、かあちゃんのかあちゃん(つまり、私の母方の祖母)が65歳で脳梗塞で亡くなっているので、とても心配しています。





もしも、かあちゃんが死ねば、
私は、自殺を止めるものが何もなくなるので、何のためらいも無く、自殺します。



私は、もう、ダメです。

私は、ふとんから出ることができずに、
毎日、毎日、毎日、寝ても覚めても、朝から晩まで、一日中、自殺することしか考えられません。

後悔地獄。
前の会社に残りたかった・・・。

全く気力が無くて、音楽を聴いたり本を読んだり映画を観たりすることもできません。

早く自殺して、この苦しみから逃れることが、私のたったひとつの幸せの道です。

失業給付が切れる来年の3月までに就職できなければ、自殺します。





ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。