~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Microsoftは、2010年7月31日、Windowsに見つかった新しい脆弱(ぜいじゃく)性のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)を、本日(2010年8月3日)に公開しました。



皆様、Windows Update または Microsoft Update を、今すぐ、実行してください!!!




パッチが提供されるのは、ショートカットファイルの処理に関する脆弱性。

細工が施されたショートカットファイルのアイコンを表示するだけで、ウイルスに感染する危険性などがあります。



実際、今回の脆弱性を悪用したウイルスが出現しています。

セキュリティ企業各社によれば、現在感染を広げているウイルスは、USBメモリーを媒介にしているとのことです。

感染したUSBメモリーには、悪質なショートカットファイルとウイルスが含まれます。

このUSBメモリーをパソコンに接続し、保存されているファイルを表示するだけで、ウイルスに感染してしまいます。



脆弱性の影響を受けるのは、現在サポート対象になっているWindowsすべて。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。