~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、ありがとうございます。
猫宮です。



残念ながら、今日の面接は、不採用確定でした。
(直接、「不採用」と言われたわけではありませんが、分かります。)
応援してくれたかたがた、申し訳ございません。
本当に、ごめんなさい・・・。



◆ ハローワーク

面接に行く前に、ハローワークに行って、注意点などを教えていただきました。
感謝しています。
特に、
うつ病であることを言うかどうか、
前の会社を辞めた理由をどう言うか、
など、私の希望も含めて話し合いました。

どこで、だれが、このblogを読んでいるか分からないので、
その内容については、非公開とさせてください。
ごめんなさい。



◆ 面接

約束の時間通りに、面接が始まりました。

先方は、社長様、人事部長様、開発部門の部長様の3名でした。
私は、あらかじめ、「履歴書」と「職務経歴書」を5部コピーしてきたので、先方の皆様にお渡しすることができて良かったです。



先ず、「履歴書」と「職務経歴書」を説明するように求められて、私は、要点を説明しました。
途中、質問もたくさん出ましたが、ハローワークで授かった準備(想定問答)のお陰で、まずまずの回答が出来たと思います。

最後に、社長様から、
「SE(システムエンジニア)として、
上流工程の顧客要件定義や基本設計の経験が豊富で実績もあり、
更に、プロジェクトマネージャーの経験も豊富で実績もあり、
あなたのような人材は魅力があります。」
と言われて、とても嬉しかった!



ここまでは、順調だったのですが・・・。



次に、先方からの質問になりました。
いきなり、
開発部門の部長様から
「あなたはSEだから分かっていると思いますが、
残業は、数カ月間、月に80時間を超えることがあり、徹夜もあります。
失礼ですが、46歳というご年齢で、この残業を乗り越える体力の自信はありますか?」
と質問されました。

私は、一気に焦ってしまいました。
ハローワークでのこの会社の「求人公開カード」では、
「時間外あり。月平均10時間」
と書いてあったので、私もハローワークも月30時間くらいまでは
想定していたのですが・・・。

私は、言葉に詰まってしまいました。
強い抗うつ剤の副作用のせいか、口の中はからからに渇き、舌がもつれてきました。
その後、かなり間をおいてから、私は、
「やります!」
と答えました。

しかし、先方の3名は、明らかに、がっかりしていました。

次の質問も、開発部門の部長様からで、
「今回の求人は、明日から修羅場での即戦力です。
LinuxとJavaとOracleです。明日から直ぐプログラミングできる自信はありますか?」
と質問されました。

私は、LinuxもJavaもOracleも、実業務で、自分が実際に触った経験は、ごく僅かしかありません。
(蛇足ですが、私は、Windows Server、C# (および.NET)、SQL Server が大好き。しかも、プログラミングではなく、プロジェクトマネージャーや上流工程(要件定義や基本設計)の仕事をしたいのです・・・。仕事を選べる立場ではありませんが・・・。)
この質問は、ハローワークの人と一緒に考えた想定問答で想定していたのですが、
直ぐ明日からプログラマーとしてプログラミングすることは想定外で、
ますます焦ってしまい、
更に、口の中が渇き、舌が完全にもつれてしまい、きちんと発声することも出来なくなってしまいました。

私は、かなり間をおいてから、正直に、
「明日から直ぐ即戦力というのは無理です。
大変、申し訳ございません。
しかし、自宅で猛勉強して、現場でも働きながら学び、1ヶ月後には、戦力になれます!」
と答えました。

しかし、先方の3名は、明らかに、がっかりしていました。

その後も、質問は続いて、
私は、完全に動揺してしまっていて、
平常心ならきちんと答えられる質問も、
舌が、もつれて、
しどろもどろの回答しかできませんでした。



最後に、私からの質問の時間になりましたが、
あらかじめ、質問しようと思っていたことは、ほとんど質問できませんでした。



これで、面接は終了。

社長様と開発部門の部長様が退出した後、人事部長様だけが残り、
人事部長様が、私に、
「猫宮様、緊張されましたか?
無理な質問ばかりで、申し訳ございませんでした。
今回の求人は、本当に、明日から修羅場での即戦力を求めてのものなので、申し訳ございませんでした。
中長期的視野に立てば、ぜひ、猫宮様のような人材が欲しいのですが・・・。」
となぐさめてくれました。



◆ ハローワーク

面接の後、再び、ハローワークに戻り、面接の様子を説明しました。
窓口の人から、
「残念ながら、今日の会社は、ご縁が無かった、と思うしかありませんね。
何度も言いますが、
46歳の再就職は非常に厳しいことを、あらためて覚悟しておいてください。
しかも、IT関係は、特に非常に厳しい。」
と言われました。





ああ、落胆・・・。

人生は厳しい・・・。

やっぱり、私はどこにも再就職できないのではないか、という思いが頭を占めて来て、
絶望・・・。



猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
本日(2010/3/31)、Microsoft から Windows の IE(Internet Explorer) の臨時・緊急の修正版があります。
今直ぐに Windows Update を行ってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。