~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NASAの土星探査機「カッシーニ」が、またまた大活躍しています。

「カッシーニ」は、土星の衛星『エンケラドス』を調査しました。

土星の衛星『エンケラドス』は、木星の衛星『エウロパ』と並んで、生命が存在する可能性が高い、太陽系内の星の最有力候補です。



先ず、「カッシーニ」から送信された画像は、毎回ながら、息をのむ美しさです。
ワクワクしてしまいます。



そして、生命の可能性の分析。
「カッシーニ」は、直接、生命を探す機能は持っておらず、あくまで、生命の「可能性」を(地球で)分析するための基礎データを送信する探査機です。





ぜひ、この次は、直接、生命を探す探査機を『エンケラドス』や『エウロパ』に送り込んで欲しいです。

地球外生命。
これ以上、ワクワクすることがあるでしょうか?

私が生きているうちに、地球外の生命が発見されることを祈っています。

もしも、地球外の生命が発見された場合、私たちの生命観は大きく変わることでしょう。
(既存の宗教も大きな衝撃を受けることでしょう。)

地球上の生命の本質は、DNAです。
地球上の単細胞生物から植物・動物全ての生命のDNAで共通部分があります。
(つまり、38億年前の地球の最初の生命から一貫して全ての生命がつながっている。)


もしも、地球外の生命が、DNAを持っていなければ、
「生命」という概念が根底から大変化して、「生命誕生」は、いっそう、底知れぬ「神秘」になるでしょう。


もしも、地球外の生命が、DNAを持っていて、そのDNAは、地球生命のDNAとは全く異なるものであれば、
最初の生命が誕生する「仕組み」の解明が大きく進歩するでしょう。


もしも、地球外の生命が、DNAを持っていて、そのDNAが、地球生命のDNAと共通部分を持っていたら、
生命(DNA)は、地球や地球外生命が発見された星で「誕生」したものではなく、宇宙のどこかで「誕生」してから、生命活動を休止した状態で隕石または彗星に包まれて運ばれてきて、地球などに落ちて、そこで生命活動が再開されて、進化が始まった、と考えざるを得ないことになるでしょう。


ああ、知りたい・・・。
その日まで、生きていたい・・・。





WIRED VISION
Alexis Madrigal
2010/2/25
生命の可能性がある土星衛星:「ホットスポット」の分析
http://wiredvision.jp/news/201002/2010022523.html




ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[画像をクリックしてください。大きな表示で見てください。]
しろちゃん



今日は、猫の しろちゃん の3回目の命日です。

しろちゃんは、19歳まで生きてくれました。





しろちゃんが、いてくれた頃の話です。


私は、うつ病になる直前から、ずっと、会社で、ひどい仕打ちを受けてきました。
私は、毎日、ボロボロ泣いてばかりいました。
自殺するしかありませんでした。


家に帰っても、泣いていました。

だけど、いつも、しろちゃんは、私の手やほっぺたを舐めてくれました。
私の、どんな大きな悲しみでも拭き取ってくれたのです。

自殺することで頭がいっぱいになっている私なのに、
しろちゃんが一緒にいてくれて、ヘンに幸せでした。
しろちゃんが、じっと、私を見つめてくれて、照れてしまいました。

しろちゃんが一緒にいてくれて、
幸せで、幸せで、幸せで。
混じり物の無い純粋な結晶のような時間でした。





しろちゃんは、今でも、私のことを無償の愛で見守ってくれています。
しろちゃんは、私の心の中で、今でも生きていてくれる。
しろちゃんのために、
私は、生きなければ。















ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

本日(2010/2/24)、Microsoft から Windows の臨時の修正版があります。
今直ぐにWindows Update を行ってください。
理化学研究所(理研)と高エネルギー加速器研究機構(KEK)を中心とする研究グループが、重イオン衝突型加速器を使い、約4兆度という超高温状態を実現することに成功した、
という記事を紹介します。
(4日前のニュース記事でごめんなさい。)

実験室で実現した温度の最高記録を達成したという快挙です!



---------------------------------------------------
約4兆度の状態では、元素を構成する陽子・中性子が溶け、クォークとグルーオンからなる「クォーク・グルーオン・プラズマ」(QGP)になっているという。
QGPは高温・高密度で粘性がゼロという「完全液体」であり、ビッグバン直後の数十万分の1秒の間宇宙を満たしていたと考えられている、物質の始原の状態だ。
---------------------------------------------------
とのことです。
この成果により、ビッグバンの研究が、また一歩前進することでしょう。
素晴らしいことです。





独立行政法人 理化学研究所 プレスリリース:
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2010/100216/detail.html






ITmedia
2010/2/17
4兆度・原子も溶ける超高温状態を実現 理研とKEKなど成功
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/17/news009.html



ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


単細胞生物である粘菌が、
複数の餌を置いた迷路で餌を結ぶ最短距離の原形質のひも状の形態となる「知性」を持っていて、
周期的な環境変動についての「記憶」も持っていて、それを「予測」できて、
食糧がなくなると大勢が合体して個々の細胞どうしの相互作用による「ネットワーク」を形成する、
という驚くべき研究成果の記事を紹介します。

繰り返しますが、
単細胞生物が、です!

とにかく驚くべき内容なので、ぜひ、ご一読ください。





あまりにも私の常識を超えた内容なので、理解できません・・・。

脳どころか神経も何もない単細胞生物が、どうして「知性」や「記憶」を持つことができるのでしょうか???

どうして合体できて、細胞どうしがシグナルを受送信しあう「ネットワーク」を形成できるのでしょうか???


どうか、どなたか、易しく解説してください。





研究者が語る
「単細胞生物は馬鹿だ、というわれわれの馬鹿げた認識を改めるべきだ」
という言葉に、驚きつつ、肯定せざるをえません。





生物が持つ底知れぬ神秘に、畏敬の念を感じずにはいられません。





WIRED VISION
Brandon Keim
2010/2/16
「粘菌の知性」を解明:記憶や予測も可能なネットワーク
http://wiredvision.jp/news/201002/2010021623.html






ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。