~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Led Zepplin の最高傑作「Achilles Last Stand (アキレス最後の戦い)」。

Led Zepplin の最高傑作、というだけでなく、ROCKと呼ばれる分野の音楽が到達した空前絶後の最高峰です。
ベートーベンの第9交響曲に匹敵する永遠の普遍性をもった曲です。



昨夜のblog
2009/12/29
魂を揺さぶる曲 - Led Zeppelin 「Stairway To Heaven (天国への階段)」(『永遠の詩』版) - 岩(ROCK)になれ!揺らぐことの無い。確信に満ちた肯定の「音」を創り出すことの宣言
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-646.html

で紹介したように、
『Led Zeppelin IV』(1971年)の「Stairway To Heaven (天国への階段)」で、自らに課した使命を宣言しました。

それを実現するための長い道程がありました。

そして、ついに、
『プレゼンス』(1976年3月31日)の「Achilles Last Stand (アキレス最後の戦い)」で、目標を実現し、使命を全うしたのです。

ものすごい「音」です。
まさに、揺らぐことの無い岩、としか表現できない「音」です。
確信に満ちた肯定の「音」です。
「音」が物質化して、目の前に存在するかのようです。





歌詞は、一見、難解に見えますが、
Robert Plant は、
「旅行したアフリカの光景の中で感じたことをそのまま歌詞にしただけだ。
何の比喩も抽象も無い。結論だけの歌詞だ。」
と発言しています。
叙事詩ですね。
「音」と同様、歌詞も Led Zeppelin の最高傑作だと思います。





蛇足です・・・。

私が中学生になった時、母に、小さなラジカセを買ってくれました。
中学1年生になりたての1976年4月、そのラジカセでラジオを聴いていた時、
この「アキレス最後の戦い」がかかりました。
私は、稲妻に打たれたかのように(陳腐な表現ですみません(笑))驚いて硬直しました。
「世界には、こんな物凄い音楽があるのか!!!!!」
(小学生の頃は、「音楽」といえば、テレビの歌謡曲と学校の音楽の時間のクラッシック音楽だけしか知りませんでした。)

発売されたばかり(発売日は1976年3月31日)の『プレゼンス』を母に買ってもらいました。
生まれて初めて買ってもらったLPレコードです。

我が家には「ステレオ」と呼べるようなものは無くて、小さなレコードプレーヤーに小さなスピーカーが付いている、というものしかありませんでしたが、
このLPを、文字通り、擦り切れるほど繰り返し聴きました。

その年(1976年)の10月22日には、予約しておいた『永遠の詩』(発売日当日)を母に買ってもらいました。
このLPも、文字通り、擦り切れるほど繰り返し聴きました。

実は、恥ずかしながら、私が持っている Led Zeppelin のLPレコードは、この2つだけです。
(我が家は、物凄く貧乏だったので、私にはLPレコードを買う経済的余裕は全く無くて、母にもこれ以上無理(LPレコードを買ってもらうこと)をさせたくなかったからです。)

Led Zeppelin の全てのLPレコードを持っていた友達にお願いして、Led Zeppelin の他のLPレコードをカセットテープにダビングしてもらって、ラジカセで聴いていました。

就職してから、自分の給料で、やっと、CDで全アルバムを買い揃えることが出来ました。

うっとうしいだけの蛇足を長々と書いて、ごめんなさい。

以上で、蛇足、終わり。





「Achilles Last Stand (アキレス最後の戦い)」をお聴きください。





Led Zeppelin / Achilles Last Stand















ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。