~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Led Zepplin の最も有名な曲「Stairway To Heaven (天国への階段)」。

(注:『永遠の詩』とは、映画『永遠の詩 狂熱のライヴ』を指すこともありますが、このblogではアルバムの『永遠の詩』を指しています。アルバム『永遠の詩』は、映画『永遠の詩 狂熱のライヴ』のサウンドトラックということになっていますが、「音」が全く違います。)


スタジオ録音盤『Led Zeppelin IV』(1971年)に収録されているものよりも、
ライブ録音盤『永遠の詩』(1976年)に収録されたものほうが圧倒的に優れています。

その理由・経緯は、非常に重要なので、恐れ入りますが、先ず、
昨夜のblog
2009/12/28
魂を揺さぶる曲 - Led Zeppelin 「The Rain Song」(『永遠の詩』版) - 確信に満ちた揺らぐことの無い岩の究極の美しさ。Led Zeppelin の「静」の最高傑作
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-644.html

を、ご一読ください。
どうか、お願いいたします。



『Led Zeppelin IV』の
作詞・作曲 Jimmy Page & Robert Plant
「Stairway To Heaven (天国への階段)」で、
"To be a Rock, not to roll"
「岩になれ! 揺らぐことの無い」
その「音」を作り出す!
という自分たちの目標・使命を宣言しました。

そして、その目標に到達(『プレゼンス』(1976年3月31日)の「Achilles Last Stand (アキレス最後の戦い)」)した直後、
この『プレゼンス』での「音」作りは、
『永遠の詩』(1976年10月22日)に引き継がれます。
ライブ自体は1973年のものなのですが、その音源を元にした『永遠の詩』のアルバム制作で、Jimmy Page は、スタジオにこもって、根本から徹底的に「音」を改造して、『プレゼンス』の「音」に出来る限り近づけています。
こうして、「Stairway To Heaven (天国への階段)」(『永遠の詩』版)が出来ました。

目標宣言した曲が、目標に到達した「音」に生まれ変わっているのです。





蛇足ですが・・・
『永遠の詩』の制作で、プロデューサー Jimmy Page の右腕となって仕事をしたスタジオエンジニアの ボブ・エズリン氏は、
『永遠の詩』の音作りに感動した KISS にまねかれて、プロデューサーとして Kiss の最高傑作『地獄の軍団(Destroyer)』を制作します。
私は、中学生の時、KISS も大好きでした(笑)。





上記の「音」の違いの他、何もかも『永遠の詩』版のほうが優れています。

『永遠の詩』版のほうでは、
演奏を始める際に、Robert Plant が、観客に向けて、
"This is a song of hope."
と語りかけるのがかっこいいです。
この言葉は、この曲の本質だと思います。
確信に満ちた肯定の「音」だけが、「希望の歌」になると思うからです。

前半の John Paul Jones のリコーダー風のメロトロンの音と演奏も、『永遠の詩』版のほうが優れています。

中間部の Jimmy Page のギターソロと John Bonham のドラムも、圧倒的に『永遠の詩』版のほうが優れています。
ラストも、『永遠の詩』版のほうが優れています。





これも、蛇足ですが・・・
私には理解できない不思議なことがあります。
Jimmy Page は、繰り返し、
「Led Zeppelin は、結局、「Stairway To Heaven (天国への階段)」以上の曲を創り出すことが出来なかった。」
と発言していることです。
自分たちが掲げた高い貴い目標と使命に到達した
『プレゼンス』の「Achilles Last Stand (アキレス最後の戦い)」と
『永遠の詩』を創り出した本人が、なんで、そう思っているのでしょうか???
全く不思議です。
どなたか、この謎の答えを知っているかたがいらっしゃいましたら、どうか、教えてください。





曲に進む前に、もうひとつだけ。
この曲の歌詞は非常に抽象的かつ難解なため、『Led Zeppelin IV』(1971年)が出た時から、今に至るまで、数多くの解釈がされています。
中でも多いのは、錬金術という解釈です。
(しかし、私は、違うと思います。)

この曲の歌詞は、聴く人それぞれが、自分なりの解釈をすれば良いと思います。


私の解釈です。
自分たちの目標・使命とする「音」を「黄金」に喩えて、
確信に満ちた肯定を身に付けて、揺らぐことの無い岩として物質化した「音」
を創り出す、という宣言の歌。













Led Zeppelin / "Stairway To Heaven"







ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
『JAXAのGXロケット』は、このblogで再三とりあげている理化学研の『国策次世代スーパーコンピューター』問題と、似た展開となりました。

『JAXAのGXロケット』も、「仕分け」で、一旦は、「抜本的に見直す」という結論が出たのに、その後、文部科学省からもJAXAからも何の説明も情報公開もプロジェクト改革も全く無いまま、政治判断で、(多少減額されましたが)復活しました。



この『JAXAのGXロケット』について、私のblog友達のキジトラ猫さんが、鋭い考察を書いてくれました。

キジトラ猫さん、ありがとうございます!
心より感謝申し上げます。





先ず、キジトラ猫さんの考察の前に、私からの前振りとして、
以前のblog
2009/11/26
「次世代スーパーコンピューター・プロジェクトの凍結」を「グッドニュース」と考える視点
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-560.html

で紹介した、東葛人氏の記事に、GXロケットについて言及している部分があるので、その部分を一部引用しますので、ご一読ください。
(理化学研の『国策スーパーコンピューター』はGXロケットと同じ、と断定しています。)
====================================================================
今回の事業仕分けでは、国策スパコンと共にGXロケットにとっても13日の金曜日となった。

このロケットの開発も抜本的に見直すように結論づけたという。

これはある意味、象徴的な話だ。

H2Aロケットが立派に育ち、さらに大型のH2Bロケットも打ち上げに成功するなかで、なんで別方式のロケットが必要なのだかと思っていた。

「大陸間弾道ミサイルを開発したいのでは」
と他国に無用の嫌疑を持たれてまで、別方式のロケットを無理やり開発する必要はあるまい。



IT風に言えば、ロケットもアプリケーションのほうが重要なはずだ。

その意味では、H2Bロケットで打ち上げられ、国際宇宙ステーションとのドッキングに見事成功したHTVは素晴らしい。

大変な国際貢献だし、技術者を鼓舞し、宇宙飛行士を夢見る若者に大きな夢を与えるだろう。

科学技術立国の看板を色あせさせないために、税金はそんな分野に生きたお金として使うべきだ。
====================================================================

私の前振りは終わりです。





キジトラ猫さんの考察をじっくり読んでください。
非常に優れた考察です。

キジトラ猫さんの公開コメントを転載:
====================================================================
キジトラ猫です。

ロケット少年であった私の意見を記させていただきます。

JAXAそのものの組織論は後日にしたいと思います。

いちばん気になるのはGXロケット開発です。

こんな陳腐なプロジェクトに血税が使われるのは本当に許せない気持ちです。

ロケット開発は行わずエンジン開発のみを継続とは何と歯切れの悪い決断です。



そもそも燃料として液化天然ガス(LPG)を使用する発想が理解出来ません。

比推力が最高の液体水素に比べ性能が劣り、常温で液体のケロシンに比べて中途半端な気体のLPGを使う動機が理解出来ません。

調べてみると宇宙空間でLPG燃料は取り扱い易いとのこと。

しかし、ロケットの使命は宇宙空間に打ち上げることであり、宇宙空間で長期にわたる推力を得る方法論はたくさん選択肢があるはずである。

このプロジェクトを発案された方は、このロケットをどのような場面で使うのかを真剣に考えているのだろうか。

液体酸素とLPGの組み合わせはどうしても理解出来ない。



このプロジェクトの裏にはもうひとつの影が見え隠れする。

H-2ロケットで宇宙産業へ羽ばたいた三菱重工に対抗するために動いているIHIである。

それと、このプロジェクトをごり押しで推進した河村元官房長官である。

そこに政官癒着の体質を垣間見ることが出来る。

必要の無いプロジェクトを、ある民間の利益のためと血税で生きる研究者の趣味のための研究と、そしてその間を行き来する政治家の利権のために作り挙げたものと言うのは言いすぎだろうか。



私は、つくばで民間研究者であった。

国家プロジェクトのいいかげんな策定手順や機構研究者の趣味に生きる現場を見て来ました。

科学基本法が制定されて自然科学の予算は溢れるほどです。

機構は米国の予算と比較して、はるかに少ないと言っていますが、大学も含め日本の研究者は人口当たりはるかに米国より多いのです。

理系が尊重されない、創造性を理解出来ない国民性、そんな日本にこんな潤沢な自然科学予算は必要ないと思います。

====================================================================



キジトラ猫さん、ありがとうございました!





あのよろしさん。
もしも、このblogをご覧になったら、
どうか、コメントを書いていただけないでしょうか?
JAXAに詳しく、鋭い考察視点を持つ あのよろしさんの意見を知りたいのです。
どうか、お願いいたします。





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。