~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、低予算で頑張っている。学術的成果を上げている。
というのが、JAXAに対する私の認識でした。
今年(2009年)は、何と言っても「かぐや」の活躍に日本中が沸きました。
来年(2010年)は、金星探査機「あかつき」(金星の気象調査が目的)が活躍するはずです。





しかし、JAXAの問題点を厳しく指摘する記事を見つけたので紹介します。

論理的で、とても分かり易く、JAXA(というよりも文部科学省)の問題点を鋭い視点で考察しているので、宇宙に対して(少しでも)関心のあるかたは、ぜひ、ご一読ください。



この記事で、切り込んでいるJAXAの問題点を、一言で言うと、
宇宙基本法の理念になる「宇宙の開発から宇宙の開発利用」の「利用」の部分がダメダメ、
ということです。



正直言って、これほどダメダメだと知って、私はショックを受けました。

この記事の筆者が提案しているように、
JAXAを、文部科学省から切り離して、宇宙局で一元的に管理して、「商業化」ということをしっかりと認識し、計画を立て、遂行しなければならないと思います。

現に、アメリカやEUは、商業化することで市場から資金を調達しながら、自律的(かつ自立的)に進化を遂げ続け、商業利用で得た資金も使って学術的成果を継続的に出している、というフェーズに入っています。
日本も早くそのフェーズに達しないと、学術的成果を継続的に出すために、限りなくその分野に税金を投入しなければなりません。





蛇足ですが、同じく文部科学省の配下の理化学研の「次世代スパコン」の「利用」の問題(「民間への技術移転や商用が全く考えられていない」という問題)を彷彿とさせます。
理化学研も、文部科学省から切り離すべきかもしれません。





日経BP Tech-On!
藤末健三=早稲田大学客員教授,参議院議員
2009/12/11
JAXAを文科省から切り離せ
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091210/178505/






ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。