~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それにしても、長崎大学の3800万円の国内最速のスーパーコンピューターは凄い!

2009/11/28
3800万円という超安価なスーパーコンピューターが国内最速になり、スーパーコンピューター界のノーベル賞とも言われる「ゴードン・ベル賞」受賞
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-569.html


低予算でも、創意工夫すれば、こんな偉業を成し遂げることができるのですね。
感動します。
日本のコンピューターサイエンスの研究は世界レベルにあるのです。



一方、例の「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」の凍結に対して、凍結に反対する『計算基礎科学コンソーシアムの声明』も『ノーベル賞受賞者等の緊急声明』も、なんと空しいものか・・・。

それらのお偉いかたに言われなくても(笑)、長崎大の「計算基礎科学」の研究は世界レベルであることが、ゴードン・ベル賞を受賞したことで証明されたのは痛快です。





ところで、
長崎大のスーパーコンピューターは、「何でGPUで?」と疑問に思うかたもいらっしゃるかと思いますので、私が理解している範囲で、簡単に説明しますね。



GPU:(Graphics Processing Unit)

GPUとは、パーソナルコンピュータやワークステーション等の画像処理を担当する主要な部品。

PC用では、NVIDIA社とAMD社がシェアを占有。

長崎大学のスーパーコンピューターでは、NVIDIA社のPC用GPUを使っています。



GPGPU:(General Purpose computing on GPU)

GPGPU (General Purpose computing on GPU、GPUによる汎目的計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術。

GPUの浮動小数点演算能力は、CPUの浮動小数点演算能力を超えています。

基本的に、GPUは単純なデータを一度に大量に処理することに特化(高性能クラスタや物理シミュレーションなど)しているため、その特性と合わないプログラムは性能を期待できません。
具体的には分岐処理などがCPUに比べかなり苦手であり、例えば、オフィススイートのようなアプリケーションに直接貢献することはあまり期待されていません。
CPUをそのまま置き換える性質のものではないことを理解する必要があります。

長崎大学のスーパーコンピューターでは、NVIDIA社のGPUを、画像処理ではなく、スーパーコンピューターの超並列計算処理として、GPUを使っています。
(当然、CPUも使っています。)



CUDA:(Compute Unified Device Architecture:クーダ)

CUDAとは、NVIDIAが提供するGPU向けのC言語の統合開発環境であり、コンパイラやライブラリなどから構成。

長崎大学のスーパーコンピューターでは、NVIDIA社のGPU(ハードウェア)をGPGPUとして、CUDAでスーパーコンピューターの超並列計算処理を記述(ソフトウェア)しています。



以上のように、GPUをGPGPUとして利用することにより、CPUよりも高速な並列計算処理が可能となり、GPUを多数(長崎大学のスーパーコンピューターは760個のGPU)設置して、超並列処理の浮動小数点演算能力をスーパーコンピューターのレベルにまで到達させたのです。





長崎大学のスーパーコンピューターを解説したものではありませんが、
NVIDIA社の今後のGPUについての記事を見つけたので紹介します。
ご参考までに、ご一読ください。

なお、この記事の中で「Fermi(フェルミ)」という開発コード名のGPUが紹介されていますが、これは、来年(2010年)の第1四半期に発売されるものであり、
今回の長崎大学のスーパーコンピューターで使ったGPUとは別のものです。

「Fermi(フェルミ)」が発売されたら、長崎大学は、全GPUを、この「Fermi(フェルミ)」に置き換えて欲しいですね!!!!!
そうすれば、長崎大学のスーパーコンピューターは更に性能アップ!!!!!
2倍以上の性能になるのではないかと思います。

長崎大学のように、スーパーコンピューターを、市販の民生部品で構築するメリットのひとつとして、
このように、民生部品は世代交代の新製品のサイクルが極めて短く、かつ、互換性を保持しているので、最新部品に置き換えれば、そのまま、スーパーコンピューターの性能をアップできることだと思います。

(事実、スーパーコンピューターの世界ランキング1位の Cray の Jaguar は市販されている民生のAMDのCPUを使っています。Jaguarが完成したのは数年前ですが、今年になって、最新のAMDのCPUに置き換えたら、なんと、1位になってしまったのです。)

(蛇足ですが、例の「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」では、CPUは、巨大な予算を使って専用に開発されたものを使います。これでは、性能アップするためには、また(巨大な予算を使って)専用のCPUを開発しなければなりません。
この点だけでも、このプロジェクトの基本が、いかに、ダメダメかが分かります。
まさに「1台作ってみました」というプロジェクトですね。)





PC Watch
若杉紀彦
2009/10/1
【GTCレポート】ジェンスン・フアン氏基調講演編
~NVIDIAの次期GPU「Fermi」がついに公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20091001_318678.html



ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
今日も、例の「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」の件です。

「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」については、知れば知るほど、でたらめなプロジェクトということが明らかになってきますが、
その中でも一番情けないのは、
「次世代スーパーコンピューターを作って、何に使うのか?」
という問いに対して、文部科学省も理化学研究所も誰も答えられない点です。



先週のblogで紹介した
2009/11/26
「次世代スーパーコンピューター・プロジェクトの凍結」を「グッドニュース」と考える視点
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-560.html

の記事の筆者の、続きの記事を紹介します。

筆者の提案に、私も全く同感です。

(最初、私は、この次世代スパコン・プロジェクトを凍結することに反対していましたが、このプロジェクトの実態や世界のスパコン情勢を知るにつれ、
私は、凍結すべき、という180度逆の意見に転向しました。
私が勉強不足でした。恥ずかしい・・・。反省しています。)

民主党が、この「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」の凍結を撤回して、そのまま継続する決定をすることには、猛反対です!



この記事は大変興味深い内容なので、ぜひ、ご一読ください。





日経BP IT pro
東葛人
2009/11/27
あえてもう一言、国策スパコンを作る目的は何なのか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20091127/341191/




ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


市販の安価なGPUを使った国内最速のスーパーコンピューターが、スーパーコンピューター界のノーベル賞とも言われる「ゴードン・ベル賞」を受賞した、という記事を見つけたので紹介します。


驚くべきは、その開発費。
なんと、3800万円!!!!!

ちなみに、今話題の「次世代スーパーコンピューター」の開発費は 1230億円・・・。

(猫宮注:金額のケタがあまりにも違い過ぎるので、私が書き間違えたと思われるかたもいらっしゃるかと思いますが、書き間違いではありません。本当に、この金額なのです。)

これは、凄過ぎる!!!
私も、びっくり!!!





長崎大工学部の浜田剛助教のグループは、GPUを760個並列につなげたという国内最速のスーパーコンピュータにより、スーパーコンピューター界のノーベル賞とも言われる「ゴードン・ベル賞」を受賞しました。

市販の安価な画像処理装置(GPU)を使って安価に高速計算を実現したのが受賞理由とのことです。





このスーパーコンピューターの性能が、今まで国内最速だったNECの「地球シミュレータ」(430億円)を上回ったので、
現時点、このスーパーコンピューターが、国内最速となりました。





このスーパーコンピューターは、
CPUが「Intel Core 2 Quad Q6600」を128個、
GPUが「NVIDIA GeForce 9800GTX+」が760個
という構成のようです。




長崎大のスーパーコンピューターの主要部品の価格を大雑把に計算してみましょう。

CPU:「Intel Core 2 Quad Q6600」は 22,880円 なので、128ノードで、
22,880円 × 128個 = 2,928,640円 (293万円)

GPU:「NVIDIA GeForce 9800GTX+」は 2008年8月の発売当時 44,744円(今は16,683円)なので、760個で、
44,744円 × 760個 = 34,005,440円 (3400万円)

CPUとGPUの合計は、3700万円。
これほどの大量購入なので、おそらく、半値くらいの値引きがあったはずなので、
仮に、2000万円と推定します。
スーパーコンピューターでは、ノード接続がお金のかかる部分なのですが、
上記のGPUは、市販の汎用規格(PCI-Express 2.0)を使っているので、
ノード接続も安価に開発できて、仮に、2000万円と推定します。

発表では、開発費用は 3800万円 とのこと。
上記の私の推定費用とほぼ一致します。

これは、もう、凄過ぎる!!!



今話題の「次世代スーパーコンピューター」は 1230億円・・・。



2009/11/27付 西日本新聞朝刊
スパコン開発で「ゴードン・ベル賞」 長崎大助教ら受賞 「国内最速」安価で実現
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/136999




長崎大学 工学部
2009/11月
GPUクラスタによる計算がゴードン・ベル賞を受賞
http://www.nagasaki-u.ac.jp/info/news/pdf/2009/2009-11/n2009-1126-12.pdf




ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


Android端末(Androidケータイ)は、今、世界のケータイを大きく変えようとしています。

Androidとは、Googleが作ったケータイ用OS(プラットフォーム)です。
OS(プラットフォーム)としての特長は、
・ 無償のオープンソースとしてメーカーに提供されること
・ Googleの一連のクラウドサービスを利用できること
・ ケータイだけでなく、様々な組み込み機器(デジタル家電)での利用も十分可能なこと
・・・などがあけられます。



私のblogでもAndroid端末の状況を解説する記事を紹介しました。
2009/11/13
中国発Androidケータイが日の丸端末を飲み込む日
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-527.html




中国では中国移動(チャイナ・モバイル)の「OPhone」、
アメリカではMotorolaの「DROID」
などが、Android端末として非常に大きな注目を集めています。

例えば、Motorolaの「DROID」は、11月の第1週に全米で発売され、発売日には深夜に行列ができるほどの人気だったそうです。
そして、発表によると1週間で25万台が売れたというから、上々の滑り出しといえるでしょう。
年内にははやくも100万台を突破するのでは、といわれています。
そして、iPhoneのシェアを軽々と超えると予想されています。





そんな世界動向の中、
まるたま@15期会計さんが
「Android端末」が日本でも普及するか?
という考察を書いてくれました。
まるたま@15期会計さん、ありがとうございます!



Android端末は、日本のケータイを一気に変える黒船になりそうなのですね。

まるたま@15期会計さんは、
日本での動向を完全に把握した上でのAndroid端末のメリットを考察しています。
更に、日本で普及するかどうかの考察は非常に鋭いものです。

さすが、まるたま@15期会計さん!





皆様、ぜひ、ご一読ください。





まるたま@15期会計さんの公開コメントから転載
====================================================================
OPhoneが成功するかどうかは別として、長期的にはAndroid端末が大きな流れとなっていくことは間違いないと思います。

(問題はいつそうなるかですが、それについては分かりません)



もう既にたくさんのメーカーがAndroid端末を作っていますし、シャープやNECといった日本メーカーも作ることを宣言しています。

アプリケーションを追加することで機能拡充ができるところが最大の魅力でしょう。

オペレータにとっても中国移動と同じような戦略をとれば、アプリ販売のプラットフォームを押さえて利益を確保することができます。

個人的にはすぐにでもAndroidに乗り換えた方が面白いと思います。



ただし、既存の端末を利用したサービスをどうするのかということが最大の課題ではないでしょうか。

サービス仕様をドライに変えることができれば何の問題もありませんが、サービスの操作性や仕様が変わるとユーザ対応が大変になるのが実情です。

Androidで同様のサービスを提供するとしても、当初はスペックがある程度落ちた形でしか提供できないと想像しますが、それをユーザがすんなりと受け入れてくれるとは到底思えません。

出だしで「使えない」という印象を与えると、それを回復するのには相当な時間と努力が必要になります。

通信事業者はよくも悪くも保守的なので、そこまで覚悟するにも時間がかかるはずです。



と、否定的な話をしましたが、一方で今の日本の端末を見ていると、必ずしもユーザが求めている機能を搭載していないというか、はっきり言うと不要な機能まで載せていて、値段が高くなっている気もするので、Android端末が低価格で提供されるようになれば、ある程度スペックが劣ってもユーザは乗り換えるんじゃないかという気もします。



来年からいろいろなAndroid端末が日本でも登場しそうですから、ユーザがどのような行動をとるのか注目したいと思います。


====================================================================



まるたま@15期会計さん、ありがとうございました!

私も勉強になりました。





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」の凍結問題について、今日も考え込んでいます。

2009/11/18
もう世界一を目指す時代じゃない?--「次世代スーパーコンピューター」の凍結判断に至る議論は正当か
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-538.html
の頃は、私は、
「凍結なんて、とんでもない!
日本が科学技術立国であるためには、次世代スパコン・プロジェクトは必須!」
という考えでした。



しかし・・・

2009/11/20
「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」がダメ出しされたわけ
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-550.html

2009/11/25
「次世代スーパーコンピューター・プロジェクト」が復活しそうなワケ
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-559.html

2009/11/26
「次世代スーパーコンピューター・プロジェクトの凍結」を「グッドニュース」と考える視点
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-560.html

と記事を集め、このプロジェクトの経緯や状況を詳しく知れば知るほど、
このプロジェクトには根本的な問題がある、
という考えに変わってきました。





今回、紹介する記事も、このプロジェクトの問題を指摘しています。



====================================================================
これだけ大きな設計変更で「片翼飛行」になったのに、理研は「性能に影響はない」という。
それなら当初の「ベクトル型が不可欠」という説明は嘘だったのか。
これは世界一という「国威発揚」のために無意味な「巨大戦艦」に税金をつぎこんで、ITゼネコンを救済するプロジェクトではないのか。
====================================================================
この指摘を否定することができるでしょうか?



====================================================================
理研は研究の目的を明確にし、そのために必要最小限の性能のコンピュータを調達する国際入札をやり直すべきだ。
科学者も、国民の税金を使っているという自覚をもってほしい。
====================================================================
この指摘を否定することができるでしょうか?





なお、
全体から見れば些細な点ですが、
下記の記事の
====================================================================
CPUもサンマイクロシステムズのSPARC64であり、「日の丸技術」でさえない
====================================================================
という指摘は、やや不正確です。
今回のプロジェクトで使用するCPUは、確かに、サンマイクロシステムズのSPARC64のアーキテクチャであり、SPARC64互換のものです。
しかし、富士通が、このプロジェクト用に新規に設計した最速のSPARC64です。
純粋な「日の丸技術」ではありませんが、最先端の性能のCPUを開発できる国産メーカーは富士通だけであり、その需要が無くなれば、富士通からも(つまり日本から)、その技術が無くなってしまうでしょう。





昨日、まるたま@15期会計さんが推薦してくれた
能澤徹氏
http://japan.cnet.com/blog/petaflops/2009/11/21/entry_27035472/

が、私が見つけた下記の記事でも参照されています。
まるたま@15期会計さん、さすが!





ああ、世界最大の戦艦大和・・・。
もしも、あの時、大和・武蔵・信濃を作らずに、その予算で、翔鶴・瑞鶴タイプの空母を量産すれば10隻以上は作れたはずなので、状況はかなり変わったかもしれませんね・・・。





ASCII.jp
池田信夫=経済学者
2009/11/25
沈没した「スパコンの戦艦大和」は再浮上するか
http://ascii.jp/elem/000/000/477/477851/





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。