~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時にはなぜ方向があるのか

これは、物理学における最も厄介な問題のひとつです。

どんなに初歩的(私が小学生の時に読んだ本にも出てきた!)な物理学の解説書にも、必ず、この問題が出てきます。
あのアインシュタインの『一般相対性理論』においても、時間が逆方向に流れることを禁止する説明を引き出すことは出来ません。



この問題についてのとても興味深い記事を見つけたので、ぜひ、ご覧ください。

私、ワクワクしています(笑)。





「エントロピーを減少させる出来事は起こり得るが、
それを「系の中から観察する」のは不可能」

「時間が1つの方向に流れることは、記録が保存され、出来事が観察されることを可能にする。
しかし、流れる方向が逆になると観察することはできない。」

以上の理屈で、逆方向の時間は認識できないので、時間は1方向にしか流れない(としか認識できない)、というのです。
一見すると、ものすごい荒業の理屈のように感じますが、
下記の記事を何度も読んでいるうちに、
「そうかもしれない」
と思えるようになってきました。





WIRED VISION
Chris Lee
2009/9/7
時はなぜ一方向なのか:観察者問題から説明
http://wiredvision.jp/news/200909/2009090723.html




(注1:)
可逆
ある系の状態が、別の状態に変化し、外部に対して何ら変化を残さずにそれがまた元の状態に戻ることができることを可逆(Reversible)と言う。



(注2:)
エントロピー
エントロピー (entropy) は、物質や熱の拡散の程度を表すパラメーターである。
エントロピーは、ドイツの物理学者クラウジウスが、カルノー・サイクルの研究をする中で、
dS=dQ/T
という式の形で導入した概念で、当初は、「でたらめさの尺度」としてではなく、熱力学における可逆性と不可逆性を研究するための概念であった。



(注3:)
時間の矢
時間の矢(じかんのや、Arrow of time)は、時間の非対称性(不可逆性)を表す言葉。
空間は前後左右上下とどの方向についても対称的に移動できるのに、時間は過去から未来にむけての一方向にしか(非対称的にしか)進行することがない。
これを、一度放ってしまえば戻ってくることはない矢で例えたもの。





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
私は、個人のプライバシーを守るために、Googleはストリートビューを一切止めるべきだと思います。

あなたは、どう思いますでしょうか?

確かに、ストリートビューは、このInternet時代ならではの便利で面白いものですが、基本的人権であるプライバシーを無視していると言わざるを得ません。

「便利さ・面白さ」と「プライバシー」を天秤に掛けたら、私は、プライバシーのほうが重いと思います。



日本のGoogleの対応についての最新の記事を紹介します。

記事では、
「名誉毀損やいじめ,嫌がらせなど悪質な二次利用と認められた件については,グーグルがWebサイトの運営者に削除要求する,または訴訟などの法的措置を講じるとしている。」
としています。

しかし、これは、プライバシーが侵害された人が気が付いた場合にのみ有効であり、本人が気が付かなければ、ずっと、そのまま、というものであり、
プライバシー保護のための抜本的対策、には全然なっていません。

文句を言われなければ、そのまま続ける、というGoogleの姿勢は、
ひどいと思いませんか?



Googleという会社は、面白さ・便利さのためには、人権・プライバシー・著作権などは、全く無視して、便利で面白いものを公開した後、
どこかから文句がくれば、その時点で交渉する、
ということを繰り返しています。

特に、それがひどい、このストリートビューについては、便利さ・面白さを満喫して利用している方々には、大変申し訳ございませんが、私としては、基本的人権であるプライバシーを優先して、ストリートビューは一切止めるべきだと思います。

(こんなことを思うのは、私だけで、
圧倒的大多数の方々はGoogleを支持するのでしょうが、
それでも、私は、Googleに反対します。)





日経BP IT pro
松浦龍夫
2009/9/4
「ストリートビューが差別助長」との声を受け,グーグルが対処窓口設置,悪質サイトは検索対象外に
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090904/336563/






ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。