~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今井さくらさん。
はじめまして。
猫宮しろいちと申します。

全くの見ず知らずの私に対して、
優しく思いやり溢れる言葉をかけてくれて、
ありがとうございます。

本当に、ありがとうございます。

言葉にできません。



今井さくらさんの言葉に勇気付けられて、
ウイスキーの力も借りて、
今、
自分のこのblogの
「地獄」編(会社の総務部の調査や会社の「通報制度」が怖くて、会社でのパワハラは全て削除してしまいましたが・・・)

「生きる」編
を読み返してみました。


そうしたら、
かつて、そして、今、

「よねとも」様

「Yama」様

「Licht」様

「桃華」様

「翔」様

「きよちゃん」様

「アクアリップ」様

「y.o」様

「半魚犬」様

「ayanex」様

「Iijima」様

「月飛魚」様

「今井さくら」様

そして、きっと、このblogを読んで
くれている人たちが、
私のことを応援してくれているのでは・・・。
と思えるようになってきました。



みんなのお陰です。



今、私が自殺したら、
会社の幹部が言う
精神病の人 = 「頭が腐っている」
ということを認めてしまうことになってしまいます。

そんなのは、絶対に嫌です!



今、私が自殺したら、
会社の幹部が言う
「頭が腐っている」 = 存在価値がマイナスの死すべきゴミ
ということを認めてしまうことになってしまいます。

そんなのは、絶対に嫌です!



今、私が自殺したら、
会社の幹部が言う
病気などで仕事での成績の悪い人 = 存在価値がマイナスの死すべきゴミ
いや、病気じゃなくても、成績の悪い人 = 存在価値がマイナスの死すべきゴミ
ということを認めてしまうことになってしまいます。

そんなのは、絶対に嫌です!



そもそも、
私が自殺したら、
会社の幹部を喜ばせるだけですよね。

そんなのは、絶対に嫌です!





今、ほんのかすかで細い気持ちですが、
(会社の幹部への嫌がらせ(笑)というくらいに)
しぶとく、いつまでも生きてみようかな、と。





今井さくらさん。
私に、生きる勇気をくれて、本当に、ありがとうございます。

今井さくらさんが、幸せでありますように。

私を支えてくれているみなさまが、幸せでありますように。


猫宮いろいち

スポンサーサイト
猫宮です。

今日は、会社から、ものすごく過酷な仕打ちをうけて、
泣き出してしまい(「泣けば許されると思うなよ!!!」と怒鳴られて・・・)、
うつが一気に悪化して、
今は、「自殺したい。もう、自殺するしかない。」という気持ちだけです。

全く何も手につきません。

私は、会社から言われるように、
頭が腐っていて、
全くどんな仕事もできず、
存在価値がマイナスで、
死すべきゴミ。

(本当は、会社のそんな言葉は、酷い差別であり、
精神病でも、仕事が出来なくても
存在価値がある!
生きる資格がある!
人権はある!
と叫びたいのですが、
それが出来ない自分がいっそう情けない・・・。
私は、本当に、ダメです・・・。
自殺したい。
もう、自殺するしかない。)



本当に、ごめんなさい・・・。

私は、ものごころついた時から、(保育園の時には、アポロ宇宙船の絵ばかり描いていました。)根っからの理系です。

今でも物理学が大好きで、時々、物理学の本を読んでいます。



しかし、「今の学生は理系を嫌う」とか「理系の学力が低下」とかの新聞記事がひんぱんに目に入ります。

寂しいなあ~。
理系の面白さが、どうして解ってもらえないのだろうか???

そんな私にとって、興味深い記事を見つけたので紹介します。
(私も、実験が大好きでした。)




滝川洋二(たきかわ・ようじ)先生へのインタビュー記事です。

滝川洋二
1949年岡山県生まれ。
教育学博士。
埼玉大学理工学部物理学科卒業後,国際基督教大学(ICU)で博士課程を修了。
1979年からICU高等学校教諭。
現在は,ガリレオ工房理事長,理科カリキュラムを考える会理事長,東京大学特任教授を兼務。
専門は概念形成研究,カリキュラム研究。
『どうすれば理科を救えるのか』(亜紀書房)など著書/編著書多数。




日経BP Tech-On
2009/6/25
「物理を学ばないで工学部,生物を学ばないで医学部」――
今の教育には,理科好きになるチャンスが足りない

滝川洋二 東京大学 特任教授/ガリレオ工房 理事長に聞く
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20090603/171215/








私は、残念ながら、もう、結婚を諦めていますので、子供も諦めています。

お子さんがいらっしゃるかたは、どうか、理科の面白さを、お子さんに教えてあげてください。
今は、自宅で出来る実験キットなどもあるようなので、ぜひ、実験の面白さも、教えてあげてください。

私は『エヴァ』ファンです。

しかし・・・
新劇場版の『ヱヴァ』に対して、心の中で、何か割り切れないものを感じています。
作者(庵野氏)が、きちんと完結させた物語を、今、改変する必然性が解らないのです。
(私の『エヴァ』を改変しないでくれ~! というのが正直な気持ちです。)
ただ単に、私が、保守的になってしまったから、そう感じるのかもしれませんね。

(ものすご~~~く蛇足。
『宇宙戦艦ヤマト』って、ご存知でしょうか?
私は上学生~中学生でした。
1作目は、泣けた!
2作目は、ひっかかるところが多かったけど、乗組員もヤマトも全滅して完結。
ところが、3作目がある!!!
一応、「パラレルワールドでの話」という言い訳は付いていたけど、ヤマトも無傷で、乗組員も全員生きていて(沖田艦長まで生きていて!)・・・。
当時、純真な(笑)中学生だった私は、映画の製作者達を許せなかった!)



私も、真に『エヴァ』のファンなら、
『ヱヴァ』が帰ってきたこと、
『ヱヴァ』が今も更新を続けていること、
つまり、
『ヱヴァ』が、今、生きていること、
自分がそれと同じ時間を共有して、体験していること、
を素直に喜ぶべきですよね。





しかし、それにしても、ガイナックス商法は、ちょっと、やり過ぎでは?
ガイナックスへのインタビュー記事を見つけたので紹介します。





ITmedia
岡田有花
2009/6/22
10代やギャルにも「かっこいいヱヴァ」を
新劇場版、モバゲー活用や109ジャックの狙い
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/22/news038.html


アニメファンだけでなく、一般の若者や女性も――ヱヴァ新劇場版は、「モバゲータウン」やファッションブランドなどと共同で、これまでとは違ったコラボ企画を展開。その狙いをガイナックスに聞いた。

ロバート・フリップ(イギリス、ドーセットシャー(ドーセット州)、ウィンボーン出身)が、新しい King Crimson を組織して、アルバム『Lark's Tongues in Aspic』を製作するにあたって、述べた言葉。

「”人よ汝を知れ”という言葉は偉大なる神秘に近づくための方法なのだ。
そして、そこから導き出される観念には多くの超越的な事柄が含まれている。
大宇宙と小宇宙の『照応(コレスポンダンス)』に関すること、それは外なるもの『大宇宙(マクロコスモス)』と内なるもの『小宇宙(ミクロコスモス)』の合一を万物の存在論に適用する魔術的な考え方だ。
新しいキング・クリムゾンは、行為として、過程として、さらに結果としても、真に魔術の実践を意図した音楽を演奏する。」



先週、紹介しました King Crimson の続きです。

2009/06/13
魂を揺さぶる曲 - King Crimson 「Islands」 - 胸を打つ至高の愛の姿
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-247.html


ロバート・フリップは、アルバム『Islands』製作後、自分以外の全メンバーを解雇しました。
そして、選りすぐりの最高のミュージシャンをひとりひとり加えていって、新しい King Crimson を組織した時の言葉が上記のものです。


1973年、新しい King Crimson による アルバム『Lark's Tongues in Aspic』が完成しました。



先ず、アルバムジャケットをご覧ください。
ひとつの円環の中に閉じ込められ結合する太陽と月の象徴・擬人化されたイラストが描かれています。
『太陽と月の結婚』。それは、男性原理の象徴である太陽と、女性原理の象徴である月との合一・結合によって表された、物質と宇宙の完全性を言及する錬金術の有名なメタファーだそうです。



アルバムタイトルは、日本では『太陽と戦慄』となっていますが、これは全く無意味なので無視してください。
アルバムタイトル『Lark's Tongues in Aspic』とは、Lark's Tongues ひばりの舌 、Aspic ゼリー、
つまり、ゼリーの中のひばりの舌、です。
これは、女性性器と男性性器の交合を表した象徴であり、アルバムジャケットと同じものです。



演奏においても、ロバート・フリップのギターは男性原理を象徴し、デビッド・クロスのバイオリンが女性原理を象徴しています。





今日、紹介する「Lark's Tongues in Aspic part I」は、アルバム『Lark's Tongues in Aspic』の1曲目です。
アルバムの中で、いや、人類の音楽史上で、最も、魔術の実践の高みに到達した曲です。



それでは、魔術の実践を、お聴きください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。