~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、聖バレンタインデーですね。
はい。それだけです(笑)(涙)。





あなたはPCを持っていますよね? (それとも携帯だけでしょうか?)
職場にも自分用のPCがありますよね?

言うまでも無いこと(でも言ってる(笑))ですが、機械としてのPCの一番の弱点は、何と言ってもダントツにHDD(ハードディスクドライブ)です。

私は、15年くらい前、職場の自分用のPC(当時のOSは Windows NT)が、ある日、突然、HDDが故障してしまい、大切なデータを失い、大変な目に遭ってしまったことがあります。
その教訓として、
「HDDは消耗品!必ず壊れる!」
ということを痛感しました。
一般的に「HDDの寿命は平均して3~4年」と言われていますが、半年で壊れるHDDもあれば、5年も正常に動いているHDDもあります。
(余談ですが、業務用のサーバー用HDDは、劣化の有無に関わらず1年で新品交換するのが常識です。)

そして、それに懲りて、その日から、自宅のPCでも、職場のPCでも、毎日欠かさずHDDのバックアップをしています。

当時から、現在に至るまで、様々なバックアップソフトを使ってきましたが、私のblogに書いた通り、現存するバックアップソフトの中で Paragon Drive Backup 9.0 Professional が最高と断言できます。

実際、この15年間で、自宅のPCでも、職場のPCでも、再び、HDDの故障に遭いましたが、バックアップをきちんと取っていたので、被害はゼロでした。



さて、上記のように、私は、「HDDが壊れたら」ということへの対処をしてきましたが、HDDの健康状態も注意して、バックアップだけでなく、
・毎月、Windowsのチェックディスクを実行して実行結果をチェックする。
・毎日、S.M.A.R.T.値もチェックする。特に、温度が40℃以上にならないように冷却する!!!
ということを実践しています。

そして、つい先日、偶然、
ズバリ「HDDがどのくらい劣化してきていて、故障に近いのかどうか」
が分かる素晴らしいソフトを見つけました!!!

この素晴らしいソフトを紹介します。
その名は「FromHDDtoSSD」!
(名前からは、HDDからSSDに移行するツールのような印象を受けますが、HDDでもSSDでも使えるという意味のようです。)
しかも、フリー(無償)!
このソフトは素晴らしすぎる!!!
私の絶対のお薦めです。

あなたが持っている自宅のPCでも、職場のPCでも、バックアップを取るのは当然継続しなければなりませんが、それに加えて、是非、このツールも、自宅のPCと職場のPCにインストールして、1ヶ月に最低一度くらいは、HDDの健康状態をチェックしてください。

この「FromHDDtoSSD」で、時々(最低毎月)、HDDの健康状態をチェックして、もしも、劣化が進んでいて故障寸前の状態と判定されたら、HDDが故障する前に、新品のHDDに引っ越してください。



以下のURLから、最新版をダウンロードしてください。
http://www.iuec.co.jp/fromhddtossd/



実行方法は、上記のURLをご覧ください。

実行結果の見方は、上記URLおよび下記URLをご覧ください。
http://www.iuec.co.jp/fromhddtossd/smart.html





実際に、以下、私のPCのHDDでの「FromHDDtoSSD」の実行結果、すなわち、HDDの健康状態を公開します。
「FromHDDtoSSD」の Version は 1.1B です。
(今、上記のURLを開いたら、最新は、1.1C ですね。もちろん、最新のを使ってください。)



(1) 自宅のPC(ThinkPad X23)の内蔵HDD

この ThinkPad X23 は、2002年2月に購入して、4年後(2006年)にHDDが故障して、HDDを新品に交換しました。
交換したHDDは、2006年から現在まで3年間使用していることになります。

上のグラフは、ディスク表面の状態を示しています。
今のところは、オールグリーンですね。
ひとつでも異常があれば新品に交換しなければなりません。

下のグラフは劣化の度合いを示しています。
下のグラフで、雨だれのような線が沢山あるほど、劣化しているということです。
この雨だれのような線が下の赤い線よりも、下まで到達していたら、故障寸前ですので、HDDを新品に交換しなければなりません。
ご覧の通り、このHDDの雨だれは、かなり乱れています!!!
危険!!!
もう、そろそろ寿命であり、新品交換をしなければなりません。

FromHDDtoSSD_自宅内蔵




(2) 自宅の外付けHDD

WESTERN DIGITAL製です。
上のグラフは、オールグリーン。
下のグラフも安定しています。
1ヶ所だけ、雨だれの線が下に伸びていますが、このツールの解説(上記URL)を読むと、1ヶ所だけなら、全く問題無いようです。

FromHDDtoSSD_自宅外付け




(3) 職場のPCの内蔵HDD

職場のPCは、2005年8月に購入(会社なのでリース)して、去年の3月にWindowsのチェックディスクの結果でエラーが発生したので、直ぐに、HDDを交換しました。
交換したHDDは、現在までちょうど1年間使用していることになります。
日立(HGST)製です。
上のグラフは、オールグリーン。
下のグラフも安定しています。
(毎日毎日、朝から晩まで仕事で猛烈に(笑)酷使しているのにも関わらず、1年経っても、健康のままであることに驚きます。さすが、日立(HGST)製HDD!)

FromHDDtoSSD_職場内蔵




(4) 職場のPCの外付けHDD

Seagate製です。
上のグラフは、オールグリーン。
下のグラフも安定しています。

FromHDDtoSSD_職場外付け




それにしても、この素晴らしいツールを開発して、しかも、無償という、「有限会社IUEC」は本当に素晴らしい!!!
本業は、故障したHDDのデータ復旧のようです。
しかし、「FromHDDtoSSD」が普及すれば、HDDの故障に遭う人は少なくなっていく(故障する前にHDDを新品に引っ越す)はずなので、この会社のビジネス機会が少なくなっていくのでは???
とにかく、この会社と、このツールへの尊敬の気持ちで胸がいっぱいです。

有限会社IUEC様。
こんなにも素晴らしいツールを無償で提供してくれて、本当に、ありがとうございます。
心より、感謝申し上げます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。