~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Merry Christmas!
猫宮しろいちです。

今日はクリスマスイブ。
これから迎える聖なる夜が、
あなたに、たくさんの幸せをもたらしますように
心からお祈りしています。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごし下さい。



クリスマスは、
キリスト教徒にとって、
イエス・キリストの生誕を祝う大切な
宗教行事・家庭祭事なのですが、
私をはじめ、キリスト教徒でない日本人も、
物質的、表層的な現象のみを模倣した
クリスマスから、
脱皮しなければならないかもしれませんね。

でも、
キリスト教徒でない私でも、誰でも、
クリスマスは、心穏やかに、生を祝福するこころを
感じる不思議な日です。

あなたは、星新一というSF作家をご存知でしょうか?
私は、中学生以来、星新一の全作品(ひとつ残らず全部!)を
読んでいます。
その作品のひとつに、クリスマスをテーマにしたものがあります。





宇宙の平和を守る宇宙人が、地球の人類を滅ぼすために
やって来ました!
その理由は、
「地球人は、戦争を愛する凶暴な存在。
そんな地球人が、宇宙に進出してきたら、
平和な宇宙は崩壊してしまう!
その前に、地球人を滅ぼさなければならない!」
から。

しかし、宇宙人は、地球への攻撃の直前、
地球の人類を観察して、驚くのです。
「あっ!
いったいどうなっているんだ!
地球人は、みんな、穏やかで、みんなでお互いを祝福している!
報告が間違っていたのか!
地球人を滅ぼすのは中止する。」
と言って、帰ってゆくのです。

その日は、クリスマスだったのです!

地球の、ある街の、ある酔っ払いのひねくれものは言います。
「何が、クリスマスだ~!
キリストが、オレに何をしてくれたというんだ~!」

しかし、その男の友達は言います。
「きっと、俺たちの知らないところで、俺たちを護ってくれているんだよ。」
と。





あらためて、私も想います。

世界から、
戦争・暴力・恐怖・貧困・差別・格差・いじめ・・・が
無くなりますように。

来年こそは。
少しでも。
少しずつでも。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。