~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、西暦2008年の大晦日ですね。

あなたは、いかがお過ごしでしょうか?

私は、部屋の整理整頓でてんやわんやです(笑)。
ちょっと、一休みして、今年一年を振り返ってみました。


今年は、私にとって、転機となる、重大な出来事がいくつかありました。
重大な順に並べました。



------------------------------------------------------------------
第1位 結婚を諦めざるを得なくなったこと
------------------------------------------------------------------

本当は・・・、本当に、好きな人とめぐりあって、恋愛して、結婚したかった・・・。

私の人生全てで、
最大の出来事は、何と言っても、
職場で、2001年から始まった上司からの過酷な仕打ち
です。
そして、その結果として、2002年に発病した うつ病。
これらは、今も、全く解決しておらず、私の人生を変えてしまった
最大の出来事です。

それらの出来事と密接に関連しているのですが、
私の人生での、最大の転機は、今年、
結婚を諦めざるを得なくなったことです。

大学生の頃から、
「早く彼女を見つけて、早く結婚したいなあ~!」
と漠然と思っていたのですが、全く出会いも何もなく歳を重ねてしまいました。
今から13年前(私が32歳の時)から、真剣に結婚を考えて、結婚相談所(O-netやNozzeなど)に登録して、Internetの各種「出会い系サイト」にも登録して、一生懸命活動したのですが、結婚どころか、恋愛も、成果はゼロ・・・。

私は、欠点だらけのダメな男ですが、
こんな私でもいい、
と言ってくれる女性が、この世界にひとりくらいは、いてくれるのでは?
と甘い期待を持っていましたが、
やっぱり、この世界は、ひらすら過酷で厳しいものでした。

私に、人間としての魅力が無いことが全てだと思っています。
私は、どうしようもないダメ人間。

惨めなだけの人生・・・。
絶望だけの一生・・・。



少し交際らしきことが始まったことは数回ありましたが、
私が、自分が職場で万年最下位の最低の成績で、
しかも、うつ病を患っていることを
正直に話したら、
いつも、その瞬間に、お相手から断られて、それで終わってしまいました。



今年、
やっと、自分は絶対に結婚できんない、ということに気が付きました。
結婚のために投入している労力と時間とお金は、もう、全く無駄だと悟ることが
できました。
ああ、私は、どうしようもない、ダメな人間・・・。

これからは、その労力と時間とお金は、
会社をクビにならないための努力と、うつ病を治す努力に振り向けようと思います。

本当に、人生の転機ですね。



------------------------------------------------------------------
第2位 生きていられたこと
------------------------------------------------------------------

気が弱く、気が小さい、私にとって、
職場は、本当に、生き地獄。
この1年、生きていられるとは思いませんでした。
泣きながら、耐えて、耐えて、耐えて、耐えて、耐えて・・・。

惨めなだけの人生・・・。
絶望だけの一生・・・。

今年も生き永らえてしまいました。
自殺すれば、楽になれるのに・・・。

母も弟も妹も、みな、不幸せです・・・。

今年一年、生きていられたことが、自分でも信じられません。



自分は、生かされている存在であることを、心から実感できました。



母も弟も妹も健康でいられたことは、最高に嬉しいことです。



------------------------------------------------------------------
第3位 クルマの事故に遭ったこと
------------------------------------------------------------------

長年、クルマを運転しているのですが、
事故に遭ったのは、初めてでした。

絶望のあまり、他の全ての事は全く考えられず、
何も手につきませんでした。



------------------------------------------------------------------
第4位 ダイエットに成功したこと
------------------------------------------------------------------

なぜか、ある日、突然、
ダイエットして、肥満を解消するぞ!
と決心しました。

『猫宮しろいち式ダイエット 2.0』(笑)で、
体重75kgから51kgへのダイエットに成功しました!

私の身長は、166.8cmなので、B.M.I.の適正体重は61.2kgです。
適正体重よりも、10kgも痩せた体重になることができました。

この3週間、体重は51kgをキープしており、
今のところ、リバウンドもありません。



------------------------------------------------------------------
第5位 blogを始めたこと
------------------------------------------------------------------

なぜか、本当に不思議(笑)なのですが、ある日、突然、blogを始めました。

辛いことばかりなのですが、
blogを通じて、見ず知らずの私を勇気付けてくれる人たちがいてくれて、
自分は、生かされている存在であることを、心から実感できました。



------------------------------------------------------------------
第6位 家に空き巣が入ったこと
------------------------------------------------------------------

猫宮家始まって以来の出来事でした!

高額なタンス貯金など、甚大な被害を受けました。

警察は犯人を逮捕して欲しい!
無理か・・・。
絶望・・・。



------------------------------------------------------------------
第7位 素晴らしい新生YMOのニューアルバムに出会えたこと
------------------------------------------------------------------

LONDONYMO-YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN LONDON 15/6 08-



GIJONYMO-YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN GIJON 19/6 08-



は、奇跡だ!
今年、この音楽に出会えた時、
「ああ、自殺しないで、生きていて良かったな。」
と思えました。
本当に、素晴らしい音楽です。

その他にも、素晴らしい音楽と出会えた!

残響 / シガー・ロス (Sigur Ros)



Rockferry / Duffy



セーフ・トリップ・ホーム / ダイド(Dido)



Ears will pop & Eyes will blink / Bodies if water



The sound of / The Smiths



The BBC Sessions / Belle and Sebastian



Seventh Tree / Goldfrapp



Jean on Jean / Jean on Jean



敗者復活の歌 / タテタカコ




------------------------------------------------------------------
第8位 素晴らしいマンガ『gunslinger girl 10巻』などに出会えたこと
------------------------------------------------------------------

私は、マンガが大好き!

「今、一番大切なマンガは何か?」
と問われれば、
間違い無く、相田裕の『gunslinger girl』です。
『gunslinger girl』は1巻から、夢中になっていました。
一時期、つまらなくなってしまった時期があった
(相田先生、ごめんなさい!)
のですが、
『gunslinger girl 10巻』には、泣けた。
何度も何度も何度も読み返して、何度も泣けました。
この作品は、奇跡の作品です。

どんなに悲惨で絶望しかない人生でも、
「必死に生きて、そして死のう。」
というメッセージが、私の心を打つのです。




今年、
マンガ『蟲師』が完結したことも重大なことでした。




ギャグマンガ『聖☆おにいさん』は最高に面白かった!




------------------------------------------------------------------
第9位 素晴らしい映画『アース(earth)』に出会えたこと
------------------------------------------------------------------




------------------------------------------------------------------
第10位 Windows Vista を本格的に使うようになったこと
------------------------------------------------------------------




今年は、ありがとうございました!
皆様のおかげで、今、生きています。
本当に、ありがとうございました!

また、来年も、よろしくお願いいたします。

良いお年を!



猫宮しろいち
スポンサーサイト
すっかり真冬ですね。
「地球温暖化」は、いったいどうしてしまったのでしょうか?(笑)
冬だけ温暖化すればいいのに・・・。
(不謹慎な発言で失礼!
「地球温暖化」は地球上の全生命にとって重大な問題です。
映画『アース(earth)』で泣けた。)





猫のしろちゃんが生きていたころ、
休日に、時々、しろちゃんと『眠り競争』をしました。
『眠り競争』とは、その名の通り、たくさん寝たほうが勝ち!(笑)



「猫」の語源は、諸説ありますが、
私は、断固として、「寝子」が語源だと思います。
猫の1日の睡眠時間は、個体差も大きいそうですが、
だいたい、子猫で約20時間、成猫で14~16時間くらいだそうです。

でも、私は、しろちゃんと19年間一緒に暮らしてきて、
成猫になった しろちゃん は、意外と起きていて(笑)、1日の睡眠時間は、12時間くらいと感じていました。



私は、休日、数ヶ月に1日くらい、ものすご~~~く眠る日があります。
そんな日は、しろちゃんに、『眠り競争』を挑みました。(笑)
その日、私は、
朝6時に目が覚めて朝食をとって、新聞を読んで、トイレにいって、朝7時に寝て、
昼12時ごろに目が覚めて、昼食をとって、本を読んだりして、昼1時に寝て、
夜6時ごろに目が覚めて、夕食をとって、お風呂に入って、本を読んだりして、夜8時に寝て、翌日の朝6時に目覚めます。
つまり、一日20時間睡眠!(笑)(本当!)

さすがの しろちゃん も、20時間も眠らないので、私の勝ちだ~~~!(笑)
猫よりも長く寝る男、それは私です。



昨日(2008/12/27)は、
前々日の クルマの事故の終わり、と、前日の 会社の仕事納め
で、気持ちが解放されたせいか、疲れがどっと出て、
いつも通り、朝6時ちょうどに目が覚めた時、
「あっ、今日は、しろちゃんに『眠り競争』を挑める日だ!」
と直感した直後、しろちゃんの不在に気がついたのです。
(でも、しろちゃんは、今でも、こころの中で生きている!千の風になって生きている!)

朝の直感通り、昨日は、20時間寝ました。(笑)

注: いくら私でも、休日のたびに20時間も寝ているわけではありませんよ!
ホントに、数ヶ月に1日くらいです。





さあ、今日は、部屋の大掃除だ~!
頑張るぞ~!
皆さんは既にお気づきの通り、私はバカです。(笑)

当たり前のことですが、
お腹が空いた状態で、おつまみも無く、空腹のまま、たくさんのお酒を飲むと、悪酔いして、身体に悪いです。(笑)(本当)
たくさんお酒を飲むなら、きちんとしたおつまみを食べながらでなければなりません。





昨日は、私の会社も仕事納めの日でした。(今日から9連休。)
成績は、本当に、下の下の最低で、
しかも、最後の1ヶ月は、クルマの事故のことで、頭がいっぱいになり、うつ病も悪化して、仕事が手につかないひどい状態でした。
それでも、なんとか、今年一年、会社をクビにならずに、残ることができました。

一昨日のクリスマスの日は、クルマの事故が終わった日でした。

そこで、昨日、帰宅すると、解放感に満ちた幸せを感じました。

クルマの事故が終わり、会社も1年が終わり、
そのことを自分で祝おうと
「今日は、お酒を飲むぞー!」
と思ったのです。
(私は、お酒は好きなのですが、とても弱く、少ししか飲めません。)

(ああ、私を助けてくれた人たちと一緒に飲むことが出来れば、最高に幸せなのになあ・・・。)


ダイエット中なので、おつまみは無しで(この判断が大失敗!!!!!)、
私の大好きなスコッチウイスキーのお湯割りをひとり、自分の部屋で、飲み始めました。
「解放ばんざ~い!」とひとりで乾杯しました。(笑)

1杯目を飲み終えると、解放感が更に増しました。

2杯目を飲み終えると、幸福感が更に増しました。

3杯目を飲み終えると、なんだか分からなくなってきました。

4杯目は飲んだかどうか、分かりません。
つまり、記憶が無くなってしまっていたのです!
気が付いたら、夜中の2時で、布団に入って、パジャマを着て、
寝ていました。
全く記憶がありません。



私は、ホント、大バカ者です。(笑)

記憶が無くなるまで飲んだのは、20年ぶりくらいです。





皆様、
ダイエット中でも、
お酒を飲む時には、きちんと、おつまみを食べてくださいね!
そして、記憶が無くなるまで飲んではいけませんよ!(笑)

なぜか、今日、突然、
クルマの事故の示談が、
『私(猫宮)の責任25%、相手(U(仮名)さん)の責任75%』
で成立しました!!!
1ヶ月以上に渡り、私を、絶望の淵に追いつめていたクルマの事故が、ついに、終わったのです。

今の私にとって、これ以上は無い、最高の、突然の贈りもの、です。

本当に、クリスマスの奇跡だ~!





今日、私の保険屋さんから、私に、電話がありました。



私の保険屋さんと相手(U(仮名)さん)の保険屋さんの両社のそれぞれのアジャスターさんの結果が完全に一致して、真実を明らかにして、Uさんの嘘がばれてしまってから、全く連絡ができない(電話にも出ない。督促の郵便を出しても返事が無い・・・)状態が続いていましたが、
今日、相手(Uさん)の保険屋さんが、突然、ついに、Uさんと会話する
(相手の保険屋さんは、アポ無しで、突然、Uさんに家に行ったらしい、とのことです。(冗談かな?))
ことができたとのことです。


私の保険屋さんの話では、
自動車保険業界全体の一般的なパターンとして
「車線変更による接触事故」の場合、
猫宮30%、Uさん70%
が標準とのことでした。
今回の場合、私の保険屋さんも、Uさんの保険屋さんも、お二人とも、
Uさんが不誠実で悪質だったこと
(故意に嘘をついたこと。連絡を一切拒否して、故意に長引かせたこと。)
を加味して、
猫宮10%、Uさん90%
の線を考えていたそうです。
(私の保険屋さんだけでなく、Uさんの保険屋さんも同じ責任割合を想定していたとのことでびっくりしました。)
Uさんの保険屋さんが、Uさんに対して、「法的手段」もありうることも、ちらつかさせて、
「嘘を撤回して、猫宮10%、Uさん90%の責任割合を認めるように!」
と説得していただいたそうです。
それに対して、Uさんは、
「自分(Uさん)の責任割合を75%に減らすなら・・・」
という条件、つまり、
『猫宮の責任25%、Uさんの責任75%』
で示談して、
「自分(Uさん)の責任はゼロ!!!!!相手(猫宮)の責任が100%!!!!!」
との主張をあきらめてもよい、との結論を得たとのことでした。




そして、
Uさんの保険屋さんが、その責任割合を、私の保険屋さんに連絡したのです。
そして、私の保険屋さんが、私に電話してくれました。
『猫宮の責任25%、Uさんの責任75%』
という責任割合を受け入れるかどうか、を話し合いました。
私の保険屋さんは、相手(Uさん)の保険屋さんも
「私(猫宮)の責任10%、Uさんの責任90%」
を認識していたので、
私の保険屋さんは、私に対して、
「もう少し粘って、少なくとも『猫宮さん20%、Uさん80%』にしましょう!」
と提案していただいたのですが、
私は保険屋さんに、
自分は今、うつ病で、ものすごく苦しんでいて、自殺すら考えてしまう状態であることを、
正直に話して、納得していただきました。
私も、私の保険屋さんも、
『猫宮の責任25%、Uさんの責任75%』
は、不本意ではあるけれども、
私は、精神的に、もう、限界なので、
『猫宮の責任25%、Uさんの責任75%』
で合意しました。


「最後に、真実が勝った!」
と喜べるような責任割合ではありません。
責任割合は、上記のように、不本意ではありますが、
事故が終わって、良かった!!!!!!!!!!

本当に、良かった。





時々、ふと、
「自分は、生かされている存在なのでは?」
と思う時がありますが、
今回ほど強く、そのことを感じたことはありません。



絶望しか考えられなかった私に、生きる勇気をくれた
半魚犬さん
y.oさん
ayanexさん
Iijimaさん
ありがとうございました!!!!!!!!!!
本当に、ありがとうございました。
今、私が生きているのは、本当に、あなたがたのおかげです。
自殺しなくて良かったです。
本当に、ありがとうございました!!!!!!!!!!



親身になって私を守ってくれた、私の保険屋さん
事故の翌日、直ぐに出動してくれて私を安心させてくれた休日スタッフのかた
真実を見つけ出してくれた私の保険屋さんのアジャスターさん
自分の会社に不利になるにも関わらず、同じひとつの真実を見つけ出してくれた相手の保険屋さんのアジャスターさん
アジャスターさんが見つけ出した真実を基に、私の保険屋さんと同じ認識を持ってくれた相手の保険屋さん
そして、最後は、自分の嘘を認めてくれたUさん
ありがとうございました!!!!!!!!!!
本当に、ありがとうございました。



皆様のおかげで、私は、今も、生きていることが出来ました、


クリスマスの奇跡。
メリー・クリスマス!


突然の贈りもの。


私は、感謝の気持ちで、胸がいっぱいです。

どうか、皆様が、そして、この世界の誰もが一人残らず、幸せになりますように。





Merry Christmas!
猫宮しろいちです。

今日はクリスマスイブ。
これから迎える聖なる夜が、
あなたに、たくさんの幸せをもたらしますように
心からお祈りしています。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごし下さい。



クリスマスは、
キリスト教徒にとって、
イエス・キリストの生誕を祝う大切な
宗教行事・家庭祭事なのですが、
私をはじめ、キリスト教徒でない日本人も、
物質的、表層的な現象のみを模倣した
クリスマスから、
脱皮しなければならないかもしれませんね。

でも、
キリスト教徒でない私でも、誰でも、
クリスマスは、心穏やかに、生を祝福するこころを
感じる不思議な日です。

あなたは、星新一というSF作家をご存知でしょうか?
私は、中学生以来、星新一の全作品(ひとつ残らず全部!)を
読んでいます。
その作品のひとつに、クリスマスをテーマにしたものがあります。





宇宙の平和を守る宇宙人が、地球の人類を滅ぼすために
やって来ました!
その理由は、
「地球人は、戦争を愛する凶暴な存在。
そんな地球人が、宇宙に進出してきたら、
平和な宇宙は崩壊してしまう!
その前に、地球人を滅ぼさなければならない!」
から。

しかし、宇宙人は、地球への攻撃の直前、
地球の人類を観察して、驚くのです。
「あっ!
いったいどうなっているんだ!
地球人は、みんな、穏やかで、みんなでお互いを祝福している!
報告が間違っていたのか!
地球人を滅ぼすのは中止する。」
と言って、帰ってゆくのです。

その日は、クリスマスだったのです!

地球の、ある街の、ある酔っ払いのひねくれものは言います。
「何が、クリスマスだ~!
キリストが、オレに何をしてくれたというんだ~!」

しかし、その男の友達は言います。
「きっと、俺たちの知らないところで、俺たちを護ってくれているんだよ。」
と。





あらためて、私も想います。

世界から、
戦争・暴力・恐怖・貧困・差別・格差・いじめ・・・が
無くなりますように。

来年こそは。
少しでも。
少しずつでも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。