~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Android端末(Androidケータイ)は、今、世界のケータイを大きく変えようとしています。

Androidとは、Googleが作ったケータイ用OS(プラットフォーム)です。
OS(プラットフォーム)としての特長は、
・ 無償のオープンソースとしてメーカーに提供されること
・ Googleの一連のクラウドサービスを利用できること
・ ケータイだけでなく、様々な組み込み機器(デジタル家電)での利用も十分可能なこと
・・・などがあけられます。



私のblogでもAndroid端末の状況を解説する記事を紹介しました。
2009/11/13
中国発Androidケータイが日の丸端末を飲み込む日
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-527.html




中国では中国移動(チャイナ・モバイル)の「OPhone」、
アメリカではMotorolaの「DROID」
などが、Android端末として非常に大きな注目を集めています。

例えば、Motorolaの「DROID」は、11月の第1週に全米で発売され、発売日には深夜に行列ができるほどの人気だったそうです。
そして、発表によると1週間で25万台が売れたというから、上々の滑り出しといえるでしょう。
年内にははやくも100万台を突破するのでは、といわれています。
そして、iPhoneのシェアを軽々と超えると予想されています。





そんな世界動向の中、
まるたま@15期会計さんが
「Android端末」が日本でも普及するか?
という考察を書いてくれました。
まるたま@15期会計さん、ありがとうございます!



Android端末は、日本のケータイを一気に変える黒船になりそうなのですね。

まるたま@15期会計さんは、
日本での動向を完全に把握した上でのAndroid端末のメリットを考察しています。
更に、日本で普及するかどうかの考察は非常に鋭いものです。

さすが、まるたま@15期会計さん!





皆様、ぜひ、ご一読ください。





まるたま@15期会計さんの公開コメントから転載
====================================================================
OPhoneが成功するかどうかは別として、長期的にはAndroid端末が大きな流れとなっていくことは間違いないと思います。

(問題はいつそうなるかですが、それについては分かりません)



もう既にたくさんのメーカーがAndroid端末を作っていますし、シャープやNECといった日本メーカーも作ることを宣言しています。

アプリケーションを追加することで機能拡充ができるところが最大の魅力でしょう。

オペレータにとっても中国移動と同じような戦略をとれば、アプリ販売のプラットフォームを押さえて利益を確保することができます。

個人的にはすぐにでもAndroidに乗り換えた方が面白いと思います。



ただし、既存の端末を利用したサービスをどうするのかということが最大の課題ではないでしょうか。

サービス仕様をドライに変えることができれば何の問題もありませんが、サービスの操作性や仕様が変わるとユーザ対応が大変になるのが実情です。

Androidで同様のサービスを提供するとしても、当初はスペックがある程度落ちた形でしか提供できないと想像しますが、それをユーザがすんなりと受け入れてくれるとは到底思えません。

出だしで「使えない」という印象を与えると、それを回復するのには相当な時間と努力が必要になります。

通信事業者はよくも悪くも保守的なので、そこまで覚悟するにも時間がかかるはずです。



と、否定的な話をしましたが、一方で今の日本の端末を見ていると、必ずしもユーザが求めている機能を搭載していないというか、はっきり言うと不要な機能まで載せていて、値段が高くなっている気もするので、Android端末が低価格で提供されるようになれば、ある程度スペックが劣ってもユーザは乗り換えるんじゃないかという気もします。



来年からいろいろなAndroid端末が日本でも登場しそうですから、ユーザがどのような行動をとるのか注目したいと思います。


====================================================================



まるたま@15期会計さん、ありがとうございました!

私も勉強になりました。





ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。