~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュピターテレコムはCATVサービス「J:COM TVデジタル」で展開中のVODサービス「J:COM オン デマンド」において、4月からHD画質の3Dコンテンツの配信を開始する。

テレビ向けのHD画質の3D映像配信商用サービスは日本初としている。



J:COMは、既存のVOD配信ネットワークを、国内電機メーカー大手各社が今年発売予定の3Dテレビに対応させる予定。

3Dコンテンツ用のストレージサーバーなど配信システムを構築することで、いち早く3Dサービスを提供できるという。



3D方式はサイドバイサイドを採用予定。

ユーザーは3DテレビとSTBを接続し、専用メガネを利用することで、家庭内でHD画質の3D映像を視聴できる。

なお、STBについては既存のJ:COM TVデジタル加入者向けに提供しているものが、3Dにも対応可能という。



4月に開始するサービスでは、J:COMが出資、運営しているグループ傘下の専門チャンネルを中心に、映画やスポーツ、紀行番組などを国内外から調達予定。

価格については、2Dとの価格差をつけるかなども含めて「検討中」としている。



また、サービス開始に合わせて、エリア内のジェイコムショップに「3Dコンテンツ体感コーナー」を設置し、パナソニックの最新3Dテレビを設置し、多くの人に3Dを視聴できる機会を提供。

今後、パナソニックとプロモーション展開やコンテンツ分野において積極的に協力。

CATVの先進性を活かした新しい映像体験を提供していくという。







ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
先日は、
2009/07/08
インターネット時代に追いつけない「NHKオンデマンド」 - 何でBBCとこんなにも違うんだ!(怒)
http://nekomiyashiroichi.blog59.fc2.com/blog-entry-283.html

で、NHKの、あまりに酷い状況を解説した記事を紹介しました。



ダメなのは、NHKだけでなく、放送業界とそれに癒着しているお役所全体・・・。

ダメなのは、Internetへの認識と取り組みだけでなく、放送免許制度そのもの・・・。



この放送業界とお役所について
「競争を恐れる既存業者を役所が守る結果、業界全体が沈没する日本経済の縮図」
ということを考察した記事を紹介します。

(もちろん、今、世界を覆っているグローバル新資本主義での猛烈過酷な競争はいきすぎだと思います。
しかし、ほんの少しの競争は、少なくとも、日本の放送業界には必要だと思います。)

それにしても、放送業界とそれに癒着しているお役所は情けない・・・。

こんな酷い状況は日本だけとのこと、自分が日本人であることが恥ずかしい・・・。





ASCII.jp
池田信夫
2009/7/29
なぜディズニーはBS免許を拒否されたのか
http://ascii.jp/elem/000/000/441/441635/


それにしても、NHKは情けない・・・。

NHKは、実質、日本の国営放送なので、自分が日本人であることが恥ずかしい・・・。

どうして、イギリスのBBSとこんなにも差が広がってしまったのでしょうか・・・。

しかも、NHKは、その「差」の認識すらできていない・・・。





ASCII.jp
池田信夫
2009/7/8
インターネット時代に追いつけない「NHKオンデマンド」
http://ascii.jp/elem/000/000/433/433815/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。