~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本国憲法 第九条

1) 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2) 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



なんという気高く美しい文章でしょう。
私は、これを護りたい。










今、最大の憲法違反は、自衛隊の海外派兵です。



アメリカによる、アフガニスタンやイラクへの侵略戦争に対して、日本はアメリカの「連合軍」となって、「集団的侵略権」を行使して、海外派兵をしていますよね。

イラクからは、陸上自衛隊と航空自衛隊は撤退しましたが、海上自衛隊は今もインド洋で「戦争」をしています。



2001年、アメリカによるアフガニスタン侵略戦争が始まった時から、海上自衛隊は、インド洋で給油活動を始めました。

戦時下のアメリカ軍などを支援する初の「戦時派遣」でした。



今回の総選挙で、自民党は、給油活動の継続を政権公約に明記しました。

民主党は、政権を獲得した場合、新テロ対策特別措置法の期限が切れる来年1月に海上自衛隊を撤退させる方針を表明しています。

この1点だけにおいても、民主党に投票する価値があると思います。

民主党は、この表明を絶対に守らなければなりません。
アメリカから物凄い圧力をかけられるでしょう。
右翼のテロがあるかもしれません。
それでも、民主党は、命をかけて、守らなければなりません。

民主党は、自民党がソマリア沖へ派兵した海上自衛隊の艦船も、即時、撤退させていただきたい。
きっと、できる!

民主党は、党内を護憲で一本化させていただきたい。
きっと、できる!










戦争は不必要で悪いことに決まっています。

世の中に「戦争でしか解決できない問題」などありえません。

「戦争で解決したいと思っている人がいる問題」があるだけです。



日本国憲法 `第九条 を読みましょう。

海外派兵などしてはいけません。

自衛隊は、無くしたいと思います。
(少なくとも、海外派兵や敵基地攻撃ができないくらいの規模に大幅縮小しなければならないと思います。)










第2次世界大戦での敗戦の直後、1947年から、
当時の小学生全員に配布された
『あたらしい憲法の話』
という本があったそうです。
この本の配布は、たった3年間だけで終わってしまったそうです。
私が中学生の時、社会科の資料で、その本の一部が
紹介されていました。
引用しますね。

=====================================================================
『あたらしい憲法の話』

六 戦争の放棄

みなさんの中には、今度の戦争に、おとうさんやにいさんを
送りだされた人も多いでしょう。
ごぶじにおかえりになったでしょうか。
それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。
また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。
いまやっと戦争はおわりました。
二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。
こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。
何もありません。
ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけでは
ありませんか。
戦争は人間をほろぼすことです。
世の中のよいものをこわすことです。
だから、こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があると
いわなければなりません。
このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、
多くの国々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争を
おこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。

そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争を
しないように、二つのことをきめました。
その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、
いっさいもたないということです。
これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。
これを戦力の放棄といいます。
「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。

もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、
けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんを
とそうとしないということをきめたのです。
おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。
なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、
じぶんの国をほろぼすようなはめになるからです。
また、戦争とまでゆかずとも、国の力で、相手をおどすような
ことは、いっさいしないことにきめたのです。
これを戦争の放棄というのです。
そうしてよその国となかよくして、世界中の国が、
よい友だちになってくれるようにすれば、
日本の国は、さかえてゆけるのです。

みなさん、あのおそろしい戦争が、二度と起こらないように、
また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。
=====================================================================

私は、中学生の時、この文を読んで、こころから感動して、
涙がこぼれたのを、今でもはっきり思い出します。










私の理想は、
日本が、非武装永世中立地帯になることです。
そして、
世界中から、戦争も武器も無くなることです。
最終的に、
世界恒久平和が実現することです。



スポンサーサイト
「週刊金曜日 2009年 8/7 762号」より、一部引用



-------------------------------------------------------
改憲・タカ派団体所属の民主党候補者一覧
-------------------------------------------------------

吉田泉 福島5区 【慰安婦】【米国】

石関貴史 群馬2区 【慰安婦】【米国】

神風英男 埼玉4区 【慰安婦】【米国】

笠浩史 神奈川9区 【日本】【慰安婦】【米国】

松原仁 東京3区 【日本】【慰安婦】【新憲法】【米国】

鷲尾英一郎 新潟2区 【慰安婦】【米国】

田村謙治 静岡4区 【慰安婦】【日本】【米国】

渡辺周 静岡6区 【慰安婦】【米国】

牧義夫 愛知4区 【日本】【慰安婦】【米国】

前原誠司 京都2区 【日本】【新憲法】【安保】

北神圭朗 京都4区 【慰安婦】【米国】

以上、全11名



参考:

改憲・タカ派団体所属の自民党候補者数:全93名


-------------------------------------------------------
改憲・タカ派団体
-------------------------------------------------------

【日本】
日本会議国会議員懇談会


【慰安婦】
慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会


【新憲法】
新憲法制定議員同盟


【安保】
安全保障議員協議会


【米国】
米国慰安婦決議反対議員




Merry Christmas!
猫宮しろいちです。

今日はクリスマスイブ。
これから迎える聖なる夜が、
あなたに、たくさんの幸せをもたらしますように
心からお祈りしています。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごし下さい。



クリスマスは、
キリスト教徒にとって、
イエス・キリストの生誕を祝う大切な
宗教行事・家庭祭事なのですが、
私をはじめ、キリスト教徒でない日本人も、
物質的、表層的な現象のみを模倣した
クリスマスから、
脱皮しなければならないかもしれませんね。

でも、
キリスト教徒でない私でも、誰でも、
クリスマスは、心穏やかに、生を祝福するこころを
感じる不思議な日です。

あなたは、星新一というSF作家をご存知でしょうか?
私は、中学生以来、星新一の全作品(ひとつ残らず全部!)を
読んでいます。
その作品のひとつに、クリスマスをテーマにしたものがあります。





宇宙の平和を守る宇宙人が、地球の人類を滅ぼすために
やって来ました!
その理由は、
「地球人は、戦争を愛する凶暴な存在。
そんな地球人が、宇宙に進出してきたら、
平和な宇宙は崩壊してしまう!
その前に、地球人を滅ぼさなければならない!」
から。

しかし、宇宙人は、地球への攻撃の直前、
地球の人類を観察して、驚くのです。
「あっ!
いったいどうなっているんだ!
地球人は、みんな、穏やかで、みんなでお互いを祝福している!
報告が間違っていたのか!
地球人を滅ぼすのは中止する。」
と言って、帰ってゆくのです。

その日は、クリスマスだったのです!

地球の、ある街の、ある酔っ払いのひねくれものは言います。
「何が、クリスマスだ~!
キリストが、オレに何をしてくれたというんだ~!」

しかし、その男の友達は言います。
「きっと、俺たちの知らないところで、俺たちを護ってくれているんだよ。」
と。





あらためて、私も想います。

世界から、
戦争・暴力・恐怖・貧困・差別・格差・いじめ・・・が
無くなりますように。

来年こそは。
少しでも。
少しずつでも。

年めぐりて、いましも春
日めぐりて、いましも朝
時めぐりて、いましも七時
山腹には露の珠かがやき
揚雲雀(あげひばり)、空を舞い
蝸牛(かたつむり)、茨を這い
神、天にいましたまい
すべて世は事も無し。





おはようございます!

私は、土日祭日が休日です。

今、急に寒くなったり、暑くなったりする季節の変わり目なので、
風邪などひかぬよう、
皆様も、どうか、ご自愛くださいね。

爽やかな秋晴れ。
平和で穏やかな朝ですね。

(自分の身の回りだけの平和。
世界中の戦争や暴力や貧困やいじめ・・・などのことを思うと、
とても「すべて世は事も無し。」とは言えず、
胸が痛みます。
世界中から、
戦争・暴力・恐怖・貧困・差別・格差・いじめ・・・が
無くなりますように。
少しでも。
すこしずつでも。)

冒頭の詩はロバート・ブラウニングの『ピッパの歌』という詩です。
今は春ではなく、秋ですが(笑)、
休日の朝は、いつも、この穏やかな詩を思い出します。

この詩は、『新世紀エヴァンゲリオン』にも引用されています。
私、『新世紀エヴァンゲリオン』の熱烈なファンなのです!





自分では自分のことは分からないものですが、
私が自分に心掛けていることがあります。

・いつでも穏やかで大らかで優しいこと。

・他人(特に立場の弱い人)に感情移入できて、共感できること。

・他人に自分を押し付けず、個性・多様性を肯定できること。

です。





それじゃあ、また!

皆様も、今日も、良い一日を!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。