~ 失業、うつ病、独身、現実は厳しい。でも、生きよう ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
善意の皆様
猫宮です。
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます!
善意の皆様のお蔭で、今日も、私は、生きています。





私が生まれてから観た映画の中で最も好きな映画は、
スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』
フランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』
リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』
の3つです。



この『ブレードランナー』の続編を、リドリー・スコット監督自身が撮影するというのですから、ものすごく期待してしまいます。
日本で公開される日まで、生きていられるかどうか分かりません(無理かな・・・)が、
なんとか生き続けて、映画館で観たいなあ。





私、『ブレードランナー』、本当に大好きなんです!

この作品のテーマは、観た人、それぞれに異なるでしょう。

私にとっては、
「人間であるということは何か?
人間らしさとは何か?」
という問いが、この映画のテーマだと思っています。

人間。
人間そっくりだけど、人間ではないもの。
前者の「人間だけど、優しさや思い遣りの無い個体」と
後者の「人間ではないけれど、優しさや思い遣りをもった個体」は、
いったい、どちらが本物の人間なのか・・・。




さて、新作は、私の期待に応えてくれることを信じています。



以下、ニュースの引用です。



http://eiga.com/news/20111107/1/
リドリー・スコット監督「ブレードランナー」新作は続編に
2011年11月7日
==============================================================
[映画.com ニュース]

リドリー・スコット監督が、自ら監督することになった1982年の自作「ブレードランナー」の新作について、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューに答えた。



同プロジェクトは、「インソムニア」「しあわせの隠れ場所」の製作会社アルコン・エンターテインメントが、「ブレードランナー」とその原作となったフィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の要素を用いた続編や前章、テレビドラマなどを製作する権利を獲得したもの。

今年3月にプロジェクトの始動が報じられ、8月になってスコット監督の参加が発表された。



これまで、新作の内容が続編になるのか前章になるのか、あるいは「ブレードランナー」の世界を踏襲したまったく新しい作品になるのか不明だったが、スコット監督は
「続編になる可能性が高い」
と発言。

ただし、前作のキャストはおろか、ハリソン・フォードが演じたデッカードというキャラクターさえ続編には登場しない見込みだという。



またスコット監督は、新「ブレードランナー」が次回作になると明言する一方で、まだ脚本家探しの段階にあり、製作開始までは時間がかかるだろうと語った。

それについては、アルコンのプロデューサーも、クランクインは早くても2013年初頭で、公開は14年以降になると話している。



スコット監督の最新作は、「エイリアン」(79)のDNAを受け継いでいるとされるSF映画「プロメテウス(原題)」。

シャーリーズ・セロン、ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、イドリス・エルバらの出演で、2012年6月8日の全米公開を予定している。

==============================================================






ランキングに参加しています。
励みになりますので、
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
皆様
いつも、私を応援してくれて、ありがとうございます!
皆様のお蔭で、私は、生きています。
猫宮です。



ふぇいさんは、忙しい私がうらやましい(笑)とのことですが、
私は、今日(天皇誕生日)も25日(土曜日)も出社日です。
世間の大多数の人は土日祝が休日なのでは・・・。
自分で選んだ会社ではありますが、休日は年間96日というのが辛い・・・。
月給は額面16万円(税込・社会保険費込)で、ボーナス無し、昇給無し、通勤費無し、退職金無し、というのは、ホント、辛い・・・。(残業も無し。)
(額面の年収(税込)は前の会社の4分の1。かあちゃんには(金銭面でも)楽をさせてあげたいのですが、もう無理です。辛い・・・。)
(私、人生、棒に振ってしまったのかなあ? 私、人生、失敗してしまったのかなあ?)



いやいや、愚痴を言ってはいかん!!!
とにかく、私は、ここで、頑張るしかないのだ!!!





ふぇいさんからのご質問
> 「レオン」って、リュックベッソン監督の、ジャンレノ、ナタリーポートマン主演の映画?

はい。その通りです。
私が物凄く大大大大大好きな映画です。
30回くらい観ました。
いつか、じっくりと私の感想を書いてみますね。
一言で言えば、
無償の愛。
何の見返りも求めない純粋な愛。



「タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない」
という言葉は、この映画の主人公レオンにこそ、最もふさわしいのではないでしょうか。





映画『レオン』は、是非、「完全版」をご覧ください。
もしも、「完全版」は見ていなかったら、是非、DVDレンタルなどで、「完全版」をご覧ください。

Blu-ray Disc を再生できる環境をお持ちの方は、
レオン 完全版 Blu-ray
をご購入ください。
Amazonで2045円で購入できます。
必ず家宝になります。






猫宮しろいち





ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ
番組の公式サイト
http://www.nhk.or.jp/starwars/


7月にNHKのBShiで、スター・ウォーズシリーズが一挙に放送される事が発表されました。

最新HDマスターの映像と5.1chサラウンドでの放送になるとのこと。

放送されるのはシリーズ全6作品と、3DCGで作られた「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 劇場版」で、いずれも物語の時間軸に沿った順序で放送するとのこと。





必見!!!
BD-R で必録!!!







ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ



皆様、ごめんなさい。
この記事は、本当は、昨日(5/12)の朝に書くはずだったのに、私がドあほうで忘れてしまい、1日遅れになってしまいました。
昨日の朝、新聞を読んで、NHK BS2 で『ミリオンダラー・ベイビー』が放送されることを知り、
「最高の映画なので、blogで紹介して、皆様にTVでこの映画を観ていただこう。」
と思ったのですが、その直後、忘れてしまいました。(笑)(本当)(涙)

ホント、ボケが始まっているのかなあ・・・。







私は、クリント・イーストウッド監督の映画作品が好きです。
(だけど、『マディソン郡の橋』は大失敗作だと思います(笑)。)

最新作『インビクタス/負けざる者たち』も、本当に、素晴らしい傑作ですが、
現時点で、クリント・イーストウッド監督の映画作品の中での最高傑作は、2004年の『ミリオンダラー・ベイビー』だと思います。





『ミリオンダラー・ベイビー』。

物凄い映画です。
私は、この映画を観るたびに、完全にノックアウトされてしまいます。


この映画を見る人は誰もが胸に深い杭を打ち込まれます。

「なぜ、ここまで頑張らなければならないのか?」
という疑問の杭です。


私はその疑問の答えは、
「そこにしか、彼女も、彼も、生きる場所が無かったから。」
だと思います。

彼女も、彼も、私たちに向かって、
「お前達に何が分かる!!!
私は戦わなければならないんだ!
戦わなければ、生きていけないんだ!」
と叫んでいるのです。

この叫びに対して、私は、戦っていると言えるだろうか?生きていると言えるのだろうか?
この叫びの杭を深く胸に打ち込まれるのです。


ラスト、生きる場所=戦う場所 を完全に失った
彼女の選択は、尊厳、そのもの。
その選択は、いわゆる「社会的正義」を無視したものであり、
「社会的正義」と「尊厳」のどちらを選ぶか、
最後に、私たちひとりひとりに対して付きつけられる「問い」です。





『ミリオンダラー・ベイビー』を未だご覧になっていないかたは、ぜひ、レンタルDVDか安い中古DVDか何かで、ぜひ、ご覧になってみてください。













ランキングに参加しています。
どうか、下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ

キングレコードは、劇場用アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」を5月26日にBlu-rayとDVDで発売する。
価格はBD版が6,090円、DVD版が5,985円。


【BD(Blu-ray Disc)版】

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
EVANGELION:2.22
YOU CAN (NOT) ADVANCE.

本編108分
片面2層
1080p
MPEG-4 AVC
(1)日本語
 (ドルビーTrueHD 6.1ch)
(2)日本語
 (DTS-HD Master Audio 6.1ch)
(3)日本語
 (ドルビーデジタルステレオ)
(4)コメンタリ
 (リニアPCMステレオ) KIXA-35 6,090円



【DVD版】

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
EVANGELION:2.22
YOU CAN (NOT) ADVANCE.

本編108分
片面2層
(1)日本語
 (ドルビーデジタルEX 6.1ch)
(2)日本語
 (ドルビーデジタルステレオ)
(3)コメンタリ
 (ドルビーデジタルステレオ) KIBA-1773 5,985円



劇場上映の2.0バージョンから、Blu-ray/DVD用に再調整をかけたデジタルマスター版「2.22」の本編を収録。

特典映像として、AR台本(2.22ver.)と、“破”劇場版特報、予告編・TVスポットなどを収録予定。



さらに、初回生産分には劇場上映生フィルムコマが付属する。

装丁は特殊BOX付デジパック仕様で、解説ブックレットも同梱。DVDの映像特典、初回生産分の特典、装丁の仕様はBD版と同じ。









ランキングに参加しています。よろしかったら下記の2つ(「Windows」ボタンと「人気ブログランキング」ボタン)の投票お願いいたします。
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。